FC2ブログ

ベッケルはバーボンなんかよりずっと酔える 第1回

13 Comments
さえき奎(けい)
VHFアンテナのある空景 (その16) ── エビフライと目玉焼きが食べたくなった日「VHFアンテナのある空景 (その16) ── エビフライと目玉焼きが食べたくなった日」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
 今宵は、スペインの国民的詩人グスタボ・アドルフォ・ベッケル(Gustavo Adolfo Bécquer, 1836年2月17日 - 1870年12月22日)の作品をご紹介させていただきたいと思う。以前にも何度か、ご紹介したこともあるのでご存じかも知れないが、高校時代の俺はベッケルにかぶれていた(笑)。寝ても覚めても、何とかベッケルのような詩を書いてしーちゃんに捧げたい、そんなことばかり考えていたんだよね(笑)。今回は「違う翻訳でも読んでみたい」というMINAさんのご要望にお応えして、俺のお気に入りの二篇を二人の翻訳者の訳で読んでみていただきたいと思う(というか、この両先生以外の翻訳は見当たらないんだよね)。



¿Qué es poesía?, dices mientras clavas
en mi pupila tu pupila azul.
¡Qué es poesía! ¿Y tú me lo preguntas?
Poesía... eres tú.



(スペイン語原詩)



What is poetry? you ask, while fixing
your blue pupil on mine.
What is poetry! And you are asking me?
Poetry... is you.



(英語訳)



──詩ってなあに? ・・・・・・きみの二つの青い眼が
ぼくの眼につきささる
それを僕に訊くなんて
詩・・・・・・きみが詩なのだ



(荒井正道 訳)



 詩っていったい何なの? 君が僕の瞳に
君の青い瞳をじっと注いで言う。
詩って何か、だって! 君が僕にそんなことを聞くの?
詩って・・・・・・そうだ、君のことさ。



(山田眞史 訳)





Tu pupila es azul y cuando ríes,
Su claridad suave me recuerda
El trémulo fulgor de la mañana
Que en el mar se refleja.

Tu pupila es azul, y cuando lloras,
Las transparentes lágrimas en ella
Se me figuran gotas de rocío
Sobre una violeta.

Tu pupila es azul, y si en su fondo
Como un punto de luz radia una idea,
Me parece en el cielo de la tarde
¡Una perdida estrella!



(スペイン語原詩)



Your eye is blue, and when you laugh
its soft brightness reminds me
Of the shimmering glint of morning
that is reflected in the sea.

Your eye is blue, and when you cry,
the transparent tears in it
seem to me drops of dew
upon a violet.

Your eye is blue, and if in its depths
like a point of light an idea radiates,
it seems to me a
lost star in the evening sky! Ah!



(英語訳)



笑うあなたの青い眼の
やさしい光は
夜明けの海に
   揺らぐきらめき

泣いているあなたの瞳の
澄んだ涙は
すみれの上の
   露の雫

青いあなたの眼のおくの
ほのかな思いは
夕空の
   流れ星



(荒井正道 訳)



   バイロン風に


 あなたの瞳は青、そして笑う時、
そのやわらいだ明るさは 僕に思い出させる
海に映る朝の
ゆらめく光を。

 あなたの瞳は青、そして泣く時、
瞳のなかの透き通った涙は 僕に思わせる
すみれの上の
露の滴を。


 あなたの瞳は青、そしてもしその奥に
光の点のようにひとつの思いがひらめくと、
僕には見える 夕空の
流星に。



(山田眞史 訳)



出典(荒井正道 訳):『抒情小曲集』所収 (世界名詩集大成第14巻 南欧・南米編 平凡社 昭和35年/1960年刊)
出典(山田眞史 訳):『ベッケル詩集』所収 (彩流社 平成21年/2009年刊)


 自分は、高校時代からずっと荒井正道氏の訳を愛読していた。というか、当時はベッケルの翻訳というと、それくらいしか入手出来なかったというのが本当のところだ。21世紀になって、山田眞史氏の翻訳に初めて触れた時は、とにかく新鮮だったというのが偽らざる印象だ。どちらの訳がどうとかいうことではないが、翻訳は本当に難しく、それ故に魅力を秘めているのだと思う。本詩集"Rimas/Rhymes"(抒情小曲集)の原典については、不幸なエピソードや問題もあるらしいのだが、この記事の趣意とするところではないので、とりあえずは触れないでおこうと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 13

There are no comments yet.
ももPAPA  

さえき奎さん こんばんわ♪

そうかもしれないな~ って思ってたんですが
やはり 光環でしたか^^ 面目ない;^^

幻日 なるほど~ しっかり頭に、胸に刻みました。
こんどは間違えないようにしたいです。
それにしても、光環も、幻日も美しいものですね。

急にまた春の気配が増して、モヒートが😋です(汗笑)
つい 度を過ごしてしまいそうですが、一気に減らさ
ないようにチビリチビリとやってます。(^。^)  

2021/04/10 (Sat) 21:15 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

> さえき奎さん こんばんわ♪

> 今回の空のショット
> これは見事な幻日? ですね!

惜しい(笑)。実は、これは光環なんです。幻日は太陽の周囲ではなく、太陽の左右
22度離れたところに出現します(必ずしも両側に出現する訳ではありません)。
こんな感じです。 ↓
https://7cascades.blog.fc2.com/img/2P2A9473-5.jpg/

> 最初 タイトルを見て 一瞬
> "テキーラはバーボンなんかより ずっと酔える"
> みたいな感じなのかな?
> って思って拝読したら ベッケルって詩人だった
> んですね。

すみません。誤解された方が多かったようです(笑)。
>
> 2扁の詩
> どちらの翻訳が好きか と問われたら、私は荒井氏
> が好きです。

どちらも素晴らしい訳だと思いますが、みなさんのコメントでも荒井先生推しの方が
多かったですね。

> リズミカルで すごく詩的な響きがいいですね♪ 

はい。意訳とはこうやるものだという見本みたいな名訳だと思います。

2021/04/10 (Sat) 18:53 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

さえき奎さん こんばんわ♪

今回の空のショット
これは見事な幻日? ですね!

最初 タイトルを見て 一瞬

"テキーラはバーボンなんかより ずっと酔える"
みたいな感じなのかな?

って思って拝読したら ベッケルって詩人だった
んですね。

2扁の詩
どちらの翻訳が好きか と問われたら、私は荒井氏
が好きです。

リズミカルで すごく詩的な響きがいいですね♪ 

2021/04/09 (Fri) 23:27 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 私もがちょ様と同じく

くうみんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

>  ベッケルと言うお酒があるのかと思いました。しかし、詩人だったのですね。おほほ、お恥ずかしい!

ベッケルの詩は「酒よりもずっと酔い痴れることが出来る」という意味だったんですが、
ちょっと書き方が悪かったですかね(笑)。

>  あれ、がちょ様、やっぱり酒の名前だったのかしら?私もスーパーに行ったとき、探してみよう。

ベッケルというブランド名のシャンパンが実際にあるそうです(笑)。

2021/04/09 (Fri) 19:13 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: Σ( ꒪ͧ-꒪ͧ)

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 今日のソラ
> 除雪したばかりの車道を
> 思い出しました☃︎

ああ、確かにこんな感じの雪の跡になりますね(笑)。

> こっち今日、雪降るってよ❄

え、マジすか(笑)?

> ベッケルと検索したら
> 特価用品専門店のサイトがありました
>
> 安いんだべか?
> と思って値段を見たら・・・∑(๑ºдº๑)高っか!!
>
> 1969年物のベッケル・シャンパーニュ・ブリュット・ロゼ・ミレジム..24.585円だと。

な、何と、シャンパンにベッケルというブランドがありましたか(笑)? しかも
ロゼのシャンパンですか?

> 奎さん、まだ生まれていないんじゃない?
> 私は生まれてるけど..(⌒▽⌒)トックニ

へへへ、どうでしょうか(笑)。

> 詩..若い頃書いてた
> 誰にも見せたことないけど(///ω///)🔥

そう言われると、ますます読みたくなって来ましたよ(笑)。

> (///˙∞˙///)っ🥃
> カオガアカイノハ..オサケダッテバサ

そういうことにしておきましょう(笑)。ま、ま、一杯どうぞ v-272

2021/04/09 (Fri) 19:07 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ベッケルと言うお酒?

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> ベッケル??
> お酒ですか?
> 初耳のお酒ですよ

いえいえ、酒ではなくスペインの詩人の名前なんです。彼の詩があまりにも情熱的
なので「バーボンより酔える」と洒落てみました(笑)。

> バーボンは1番強い酒と思ってましたが、その上のお酒がありましたか!
> ベッケル。酒屋に行ったら探してみますね

世の中には、バーボンなんかよりはるかに強い酒がわんさかと存在します。イチバン
強い酒をお望みでしたら「スピリタス」(ポーランドのウォッカ)をお勧めします。
何と96度です(ほとんどアルコール)。昨年の消毒葉アルコールが入手困難になった
時、この酒が代用品として買われたため、こっちまで品薄になってしまいました(笑)。

2021/04/09 (Fri) 18:52 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> ほんとだ!
> この詩は、心に刺さりますね!
> 詩に疎い僕でさえそうです。

いいでしょう。私は高校時代からずっとかぶれっ放しなんです(笑)。

> ベッケル覚えておきます。

こういう情熱的な表現はスペイン人、イタリア人などラテン系の人にはとてもかない
ますせんね。気恥ずかしくてとても言葉に出来ません(笑)。

2021/04/09 (Fri) 18:45 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 青い瞳。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> この二人は幾つぐらいなのだろうかと考えちゃう。
> 十代だとしたらなかなかのオマセちゃんだ。

あちらの方は男女とも早熟ですから、その可能性はありますね(笑)。少なくとも男は
34歳より若いことだけは確かです(ベッケルの没年は34歳なので)(笑)。

> 私は瞳と言う文字が好きなんですが、ひとみ、と、三文字なので俳句ではあまり使いません。

昔の歌詞などでよく使われる眼(まなこ)も三文字ですしね(笑)。

> たまに、瞳(め)と詠ませてもらいますが・・・う~ん、デス。

瞳・眼と俳句が馴染まないってことではないですよね・・・。

> >詩・・・・・・きみが詩なのだ
>
> きゃぁぁぁぁ、ですね、若い時に使ってみたかった。
> 恋人同士の瞳は語るよなぁ。

文字には出来ても、面と向かっては(クサすぎて)言えないですね(笑)。

> 瞳はまるで黄昏の海のような優しさで・・・。

欧米人ですら青い瞳には格別の憧れがあるみたいですね。『苺の季節』のファニー・
フォーブスも「夜明けの深い空の色」をした青い瞳でした。

2021/04/09 (Fri) 18:39 | EDIT | REPLY |   
ひねくれくうみん  
私もがちょ様と同じく

 ベッケルと言うお酒があるのかと思いました。しかし、詩人だったのですね。おほほ、お恥ずかしい!あれ、がちょ様、やっぱり酒の名前だったのかしら?私もスーパーに行ったとき、探してみよう。

2021/04/09 (Fri) 17:38 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
Σ( ꒪ͧ-꒪ͧ)

こんにちは!

今日のソラ
除雪したばかりの車道を
思い出しました☃︎
こっち今日、雪降るってよ❄

ベッケルと検索したら
特価用品専門店のサイトがありました

安いんだべか?
と思って値段を見たら・・・∑(๑ºдº๑)高っか!!

1969年物のベッケル・シャンパーニュ・ブリュット・ロゼ・ミレジム..24.585円だと。

奎さん、まだ生まれていないんじゃない?
私は生まれてるけど..(⌒▽⌒)トックニ

詩..若い頃書いてた
誰にも見せたことないけど(///ω///)🔥

(///˙∞˙///)っ🥃
カオガアカイノハ..オサケダッテバサ

2021/04/09 (Fri) 09:39 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
ベッケルと言うお酒?

おはようございますさえきさま♪

ベッケル??
お酒ですか?
初耳のお酒ですよ
バーボンは1番強い酒と思ってましたが、その上のお酒がありましたか!
ベッケル。酒屋に行ったら探してみますね

気になるお酒でしたよw
ご支援もいつもありがとうございます。。


2021/04/09 (Fri) 08:38 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

ほんとだ!
この詩は、心に刺さりますね!
詩に疎い僕でさえそうです。
ベッケル覚えておきます。

2021/04/09 (Fri) 06:24 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
青い瞳。

この二人は幾つぐらいなのだろうかと考えちゃう。

十代だとしたらなかなかのオマセちゃんだ。

私は瞳と言う文字が好きなんですが、ひとみ、と、三文字なので俳句ではあまり使いません。

たまに、瞳(め)と詠ませてもらいますが・・・う~ん、デス。


>詩・・・・・・きみが詩なのだ

きゃぁぁぁぁ、ですね、若い時に使ってみたかった。

恋人同士の瞳は語るよなぁ。

瞳はまるで黄昏の海のような優しさで・・・。

2021/04/08 (Thu) 23:57 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply