FC2ブログ

「言わざる、おえない」に対して「言わざるを、えない」のだ!

6 Comments
さえき奎
Bloody Red Clouds"Bloody Red Clouds" Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f5.6, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight
時々夕焼けに染まる雲がこういう色になることがある。「茜色」とかなら字面に趣もあってよいのだが「血の色」とはちょっと書き難い。しかし「血」にはこだわりたい。こういう時には横文字を使わせてもらうことにする。意味は同じでも頭の中でワンクッションあるのでイメージも少しやわらぐかも知れないから。

 敬愛する漫画家の須賀原洋行氏がこんなことを書いていた。最近の若い人達、それも一般の人たちだけでなくアナウンサーやニュースキャスターなどなど言うなれば「喋りのプロ」までが「言わざるを得ない」→「いわざるをえない」→「いわざるを」+「えない」「いわざる」+「おえない」とおかしな区切り方で話していることをやたら耳にするそうだ。少しばかり注意して聞いているとよくわかるとのこと。確かにいろんなサイトの書込みなんかでも「言わざる負えない」とか「言わざる終えない」なんて誤変換やらかしているやつをよく見かける。これなんか「いわざるえない」で変換しない限り間違えようがないので。
 以来ちょっと注意してテレビを見ていると(聴いていると)、毎日ではないが決してたまにとか時々といったレベルではないくらい頻繁にそれを耳にすることがわかった。「言わざる、おえない」だけではない。「応じざる、おえない」とか「反論せざる、おえない」とかやたら耳につく。前の動詞とどうつながると思って「おえない」を使っているんだろう、この人たちは。「負えない」なのか「終えない」なのか「追えない」なのかわからないが、少し考えればどれもおかしいってことは明白なんだけどな。テレビ局という言葉のプロが集まる組織において、間違って使っている本人も本人だが、周りにだれもそれを指摘するものがいないという事実にも驚くよ。キャスターやアナウンサーならもちろんのこと、レポーターや放送記者などは「喋りのプロ」ではないかも知れないが、少なくとも「情報を伝達することを生業としている人間」がやってはいけない過ちだろう。
 これで思いだしたのが、昔からよく槍玉に上げられる「気のおけない」だ。ちょっと有名な話なので、ご存じの方もあるかもしれないが、某企業の社内報では若手の社員が編集作業を任されていたそうだが、外部のさる有名人の寄稿を読んでいた一人が「気のおけない友人」という表現に引っかかりを感じた(ひっっかりを感じること自体はエラいが)。前後を何度も読み返してみても筆者とこの友人は「ごく親しい間柄」としか考えられない(当然ですな(笑))。なのに「気のおけない」ってのはあり得ないだろうと・・・。そこで仲間とも話し合った結果、この表現は筆者の明白な勘違いだと断定して「気のおけない」を「気のおける」修正(?)してしまったそうだ(笑)。知らないことに気づかないだけではなく、今まで存在しなかった言葉まで創り出すという無知の上塗りなる荒技を平気でやらかしてしまった例だ。
 もう一例挙げる。この話も有名だ。同窓会を催すことになって案内状を恩師に発送した。そこにはこう記されていた。「この度○年ぶりに同窓会を開催することとなりました。つきましては是非先生にもご出席いただきたいと思います。枯木も山の賑わいと言いますから」。「枯木」にされてしまった先生はさぞかし驚いたことだろう(笑)。
 ちょっと「おかしいかな」「不安だな」と感じたらまず「辞書を引け」「人に聞け」ってんだよ。と憤ってみたが、そのレベルにすら行ってないんだと気がついた。そう感じることの出来るやつなら、とっくにそうしてるはずだから(笑)。つまり最近の若い人たちって「疑問を感じるわけでも」「自分に自信があるわけでも」ないのに「とにかく」「とりあえず」「まあこんなところでしょ」てな具合にすいすいと直感で物事を進めてしまうのがデフォルトらしい。この問題に関して言えば、おそらく遠因は「本も新聞も読まなくなった」ことにある。文章を読む機会は、あのスマホのちっぽけな画面に特化された特殊な日本語だけなんだからさもありなん。もしかしたら、もう手の施しようがないのかも知れないが、せめて「これっておかしいかな?」と思える程度の読解力は身につけろと言いたい。
 あ、もう一つこれだけは言っておきたい。「ら抜き言葉」だ。最近は反論というか開き直るやつがいる。会社員時代の話だが「ら抜き言葉」を注意したヤツにこう反撃されたことがある。

そんなに興奮しないでくださいよ。私は率先して(ら抜き言葉を)使ってますよ。だって「言葉は時代とともに変化して行くもの」なんですから。

そうだよ。そのとおりだよ。だけどそれって「誤用している当人が言うべき台詞じゃねえ」っての!盗人猛々しいというか無知蒙昧というか恥知らずというか、そもそも「時代とともに変化して行くものだ」とは言ってるけど「変化させるべきだ」なんてどこにも書いてねえんだからさ。よく考えてから言えよ。第一それって対外文書だから、お前じゃなくて会社のレベルが疑われるんだよ!スマホの角に頭ぶつけて一度Xんでみたらいいんだよ!ハアハア・・・(笑)。

あー、自分で書いててだけど嫌なこと思いだしちまった。今宵はこれにてお開きにさせていただきます。もう今夜はしこたま飲む。飲まずにやってられねーです(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑ 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。面白かった方はポチッと、つまらなかった方はプチッと押していただければ励みになります。
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎
Posted byさえき奎

Comments 6

There are no comments yet.
さえき奎
さえき奎  
同感です!

黒ゆとりさん、いつもありがとうございます。

> その子が間違ったときの周りの対応ができてないというか、環境が整ってないのがよろしくないんですよね。
> リアルで変な言葉を使ったら周りの大人が訂正してあげればいいですけど、オンラインだったら……。
> 晒すことはあっても指摘できる人はそうそういないですよね。

それはありますね。指摘するべき人たち自体が同じような育ち方をしてたりしてまるで気がつかなかったりして(笑)。

> 指摘を「攻撃」と取る人も結構いそうですし。

多いですね。特に甘やかされて育った人は、批難はもちろん注意されたり指摘されたりすること対して経験も耐性もなかったりしますし、ネット空間は本当に難しいです。そこまで行かなくてもそれが原因で疎遠になったりすることもありましね。

> ただ、高校の時のグラマーの教師がまさに「おえない」だったんですけど、誰も何も言えなかったです。
> さすがに教師に生徒がそれを言っていいのかどうか……って。

なるほど「おえない」は「おえない」でも「手に負えない」教師だったと(笑)。でも上司と部下とか先生と生徒とかそういう関係においてはスルーがベストですよ。「スルー」というか「そっとしておいてあげる」ですかね(笑)。

2019/06/26 (Wed) 18:38 | EDIT | REPLY |   
黒ゆとり  

とりあえずやってみようというのはいいことだと思うんです。
それで最近の子供なんかは平気でデジタル機器を、説明書も読まずに扱えるようになるわけですし。
その子が間違ったときの周りの対応ができてないというか、環境が整ってないのがよろしくないんですよね。
リアルで変な言葉を使ったら周りの大人が訂正してあげればいいですけど、オンラインだったら……。
晒すことはあっても指摘できる人はそうそういないですよね。
指摘を「攻撃」と取る人も結構いそうですし。
でも……指摘できるならするべきだと思うし、そうしてもいいような……空気? そんなんができればいいのになぁ。
「あーあーあー……」とか「プププw」とかじゃなくて……。
ただ、高校の時のグラマーの教師がまさに「おえない」だったんですけど、誰も何も言えなかったです。
さすがに教師に生徒がそれを言っていいのかどうか……って。

2019/06/26 (Wed) 13:57 | EDIT | REPLY |   
さえき奎
さえき奎  
Re: おはようございます!

ねこニャン’19さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

> 最近はスマホなる『持ち歩きネット環境』があって、その場で簡単に調べられるのにねぇ~って思いますが・・
> 『調べること』『間違っているかもしれない』という発想自体がないのかも??

そうだと思いますよ。そういう発想や訓練を経験することもなくそのまま大人になってしまったんでしょうね。

> 私は全く正しい日本語に自信がないので、難しい言葉は避けてしまいます(;^_^A

えらそうなこと書きましたけど、それは私も同じですよ(笑)。ですから、この記事は半分はそんな若者に向けていますが、もう半分は自戒の意味を込めて書いています。でも「自分はそうなんだと認識している」ことが大事なんだとも思っています。

2019/06/26 (Wed) 12:30 | EDIT | REPLY |   
ねこニャン’19  
おはようございます!

最近はスマホなる『持ち歩きネット環境』があって、その場で簡単に調べられるのにねぇ~って思いますが・・
『調べること』『間違っているかもしれない』という発想自体がないのかも??
何でも『個人の自由』になっているような気が・・
私は全く正しい日本語に自信がないので、難しい言葉は避けてしまいます(;^_^A

2019/06/26 (Wed) 05:15 | EDIT | REPLY |   
さえき奎
さえき奎  
Re: 言葉は曇色と一緒で変化もいたしました。

がちょーさん、いつもありがとうございます。

> 私は誤字脱字してますが気にしない。気にしない笑笑

いやいや、私も誤字脱字だらけですよ。記事を書く時間よりも修正する時間の方が長かったりします(笑)。私が言いたいのはそういうことではなく、言葉のプロ達が率先して間違いを垂れ流していることが問題だと思うんですね。

> お写真の空模様も良い感じに撮影されておりましたね☆
> 言葉は雰囲気によって夏の空と一緒で変化も致しましたよ !

上手いこと言いますね。一本取られました。(笑)。雲がああいう血の色としかいいようのない色に染まることもあるんですね。

ところで以前金沢在住だった頃、同じ石川県の羽咋市というところはUFOがよく出る街として有名だったんですが、新潟県もUFOが多いところなんでしょうか。日本海側は多いのかも知れませんね。

2019/06/25 (Tue) 22:00 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
言葉は曇色と一緒で変化もいたしました。


いわざるをえない。うーむ..

よくよく考えたら言葉、そして単語も難しいでもありましたよ
日本語もそーでしたがそのシュチエーションで会話やコメントはたまた書き込みする言葉って追及すると難しいでもありました;


私は誤字脱字してますが気にしない。気にしない笑笑
お写真の空模様も良い感じに撮影されておりましたね☆
言葉は雰囲気によって夏の空と一緒で変化も致しましたよ !

2019/06/25 (Tue) 21:42 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply