FC2ブログ

【改訂版】 将棋を「打つ」なんていわれると「鬱」な気分になるんだよ!

10 Comments
さえき奎(けい)
ご無沙汰しています #4「ご無沙汰しています #4」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
昨日の幻日の画像から新たに一葉ご紹介させていただきたい。昨日掲載画像と順序は逆になるが、まずはこんな感じで現れた。

 いつも「酒とソラの日々」へご来訪いただきましてありがとうございます。プライベートな事情がありまして、数日の間皆様のところへご訪問出来なくなるかも知れません。何とぞご容赦の程お願い申し上げます。本日の記事も過去記事の再掲ですが、せめてトップ画像だけは昨日の幻日を撮影したものの中から掲載させていただきました。


 テレビの報道番組などで、未だにキャスターやアナウンサーが、ゲストの将棋棋士に向かって「将棋を『打つ』ようになったのはいくつくらいの時からですか?」なんて質問しているのを耳にする。これってめちゃくちゃ失礼だよ。野球選手に「野球を『走る』ようになったのはいつ頃からですか?」とか、画家に「絵を『歌う』ようになったのはいくつの時からですか」なんて間違っても聞いたりしないだろう。将棋は「指す」で、「打つ」のは囲碁だ。もう少し正確に言うと、このようなボードゲームにおいて、駒や石(正確には将棋やチェスで用いるのは「駒」"Piece"で、囲碁で用いるのは「石」"Stone"なのだが、便宜上以後は「ピース」"Piece"と書かせてもらう)を動かしたり置いたりすること、これを「手」というのだが、あらかじめ盤上にあるピースを移動する手「指す」で、盤外にあるピースを盤上に投じる手「打つ」という。棋士のことを、少し下卑た言い方で「将棋指し」「碁打ち」というのは、実はそこから来ている。従って将棋においては、多くの場合の手は「指す」だが、持ち駒を盤上に投じる手「打つ」という。テレビの将棋番組などの棋譜読み上げで「3二金打つ」などと言っているのを聞いたことがあると思う。「指す」と「打つ」の両方の手があり得るのは将棋だけで、同じ将棋の仲間でもチェス象棋(シャンチー、中国将棋のこと)は、取った駒は使えないので「指す」手しかあり得ない。囲碁は「打つ」手のみしか許されていないボードゲームの代表格だが、もし盤上の石を動かしたりしたら、それは「ズル」という(笑)。将棋・囲碁以外では、連珠オセロは「打つ」、チェッカーは「指す」手のみだ。「指す」も「打つ」もあるからといって将棋は「打つ」でもいいということでは断じてない! 将棋は基本「指す」である。是非覚えておいてほしい。

 これが英語になると、駒を動かすことは"Move a piece"といい、石を置くことは"Place a stone"とか"Put a stone"を用いるが、「手」という意味ではどちらも"Move"を使うようだ。また、将棋やチェスを「指す」、囲碁を「打つ」ことは"Play shogi""Play chess"または"Play go"で、何でも"Play"で済んでしまう。これを便利といっていいものか、大雑把というべきかはわからないが、とにかくそうだ(笑)。将棋でも囲碁でも、対戦することを「対局」といい(「手合い」ともいう)、単位は「一局、二局」だ。まあ「一番、二番」ともいったりするが、正確には「一局、二局」だ。英語では対局は単に"Game"という。友達に対局を持ちかける場合は、当然のことながら、将棋では「一局指そうぜ」で、囲碁では「一局打とうよ」だ。もうわかるよね。

 ちなみに、ある局面における最善の手順のことを囲碁では「定石」というが、将棋やチェスでは「定跡」と書く。読み方は同じ「じょうせき」でも字が違う。将棋やチェスのピースは「駒」であって「石」ではないんだから当然だよね。これもけっこう間違って使われている。「矢倉定石」とか「振り飛車定石」なんて絶対に書いたりしてはいけない。

 もう一例行ってみたい。俳句や短歌の作品の単位のことだけど、俳句は「一句」、短歌は「一首」という。これも誤って使われることが多い。ちなみに川柳も「一句」だ。では詩はなんというか? 「一作」? 「一品」? ・・・って、居酒屋のオーダーじゃないんだから(笑)。残念でした。詩の場合は「一篇」という。TVキャスターなんかが、歌人に対して「では先生の作品を一句ご紹介させていただきます」なんて言ったら「一首」の間違いなだけに首に・・・はならないだろうが、非常に失礼で恥ずかしいことだ。

 歌人が出たついでにご紹介させてもらうが、詩歌、俳句などを作ることを「詠む」というのだが、黙読にしても音読にしても鑑賞することは「読む」という。これもけっこう間違えやすい。「詠む」ことは「吟ずる」などといったりもするが、これはどちらかというと抑揚を付けて読み上げるという意味が強い。また、俳句を詠む人は「俳人」で、短歌を詠む人は「歌人」、川柳を詠む人は「柳人」(川柳作家ともいう)、詩を詠む人は(詩の場合は「書く」も容認されているようだが)「詩人」という。それらを「読む」だけの人を「凡人」・・・と呼んではいけない(笑)。また、俳人が廃人ばかりだったり、歌人に暇人が多かったり、詩人が死人だらけだからといって、決してそのように書いてはいけない(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 10

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、今晩は。いつもコメントありがとうございます。

> なるほど・・
> 郷に入れば、郷に合った呼び名があるというのは スポーツでも
> 芸術と名の付くものでもありますね。

はい。特にボードゲームの場合は明確な定義づけがある訳ですから、少なく
ともマスコミ関係の方には間違えてほしくないですね(笑)。

> 麻雀は"打つ" "打ち手" などという言い方をしますが 小島武夫
> 氏は "叩きつけ" 畑正憲さんは "置いて" ましたね。
> あれも人それぞれで牌の捨て方に特徴や性格が出るんでしょうね(笑)
> ちなみに自分は、"通る" と決めた牌は "サっ"と素知らぬ顔で捨
> ててました。(^.^)

囲碁でも普通は「打つ」ですが、場合によっては「置く」などとも言ったり
します(笑)。

2021/02/26 (Fri) 18:56 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

奎さん こんばんわ♪

なるほど・・
郷に入れば、郷に合った呼び名があるというのは スポーツでも
芸術と名の付くものでもありますね。
麻雀は"打つ" "打ち手" などという言い方をしますが 小島武夫
氏は "叩きつけ" 畑正憲さんは "置いて" ましたね。
あれも人それぞれで牌の捨て方に特徴や性格が出るんでしょうね(笑)
ちなみに自分は、"通る" と決めた牌は "サっ"と素知らぬ顔で捨
ててました。(^.^)

2021/02/25 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: こんにちは

そふぃあさん、今晩は。いつもご支援ありがとうございます。

> お忙しいところお邪魔します。
> プライベートな事情…何か良いことがあるのだといいなと思って、ニンマリしています。

そういうのでしたらうれしいんですが・・・(笑)。

> 日本語は特に難しいですよね。
> 私もブログの過去記事に「最期まで」と書いてあるのを見つけて自分でどっきりでした(笑)

私もその誤変換はよくやります(笑)。自分の記事ならまだしも、他のブロガー
さんへのコメントに書いてしまったりして大慌てすることもあります(笑)。

> 私も一句と言って首になるタイプです。きっと。
> コンビニに入った時の「こんにちは いらっしゃいませ」も変な挨拶だと思って毎回聞き流しています。

おっしゃるとおりです。「いらっしゃいませ」には、既に「こんにちは」が内包
されていますからね。違和感を感じるのが正しい感覚だと思います。

2021/02/25 (Thu) 19:48 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、今晩は。いつもご支援ありがとうございます。

> そうですよね!
> 僕も他人のことは言えんけど間違った日本語蔓延してます。最近の女子の言葉なんて宇宙言葉ですもん。

国語学者は、けっこうその辺りが甘いんですよ。「ら抜き」言葉などは既に
市民権を得ようとしていますしね(笑)。

2021/02/25 (Thu) 19:42 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 打つと鬱

がちょーさん、今晩は。いつもご支援ありがとうございます。

> さえきさまはしばらくお忙しいために、訪問はしばらくムリなのですね。お気になさらず用事を足して下さいませ☆

申し訳ありません。何とぞご容赦ください。

> 打つと鬱、うーん「鬱」はこの漢字は私も良いイメージしませんね。
> 鬱はマイナスの漢字と思ってますよ。私のイメージでしたが、、

そうですね。将棋ファンとしては、喋りのプロであるアナウンサーやキャスターに
「将棋を打つ」などと言われるとどーんと「鬱」な気分になってしまいます(笑)。

> 将棋に例える記事が私なりに勉強にもなりましたよw

ご関心を持っていただいたのでしたら何よりです。

> ご支援もありがとうございます
> 用事も足してきて下さいませ。

こちらこそ、ありがとうございます。

2021/02/25 (Thu) 19:38 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 廃人です。

オグリン♪さん、今晩は。いつもコメントありがとうございます。

> まったくその通りですね。
> いちいちイラッと来るのも如何なものかと思いますが性分です。
> 一般の方がネ間違うのは仕方ないですよ、興味のないモノへの知識は普通ありません。
> しかし、専門家が、アナウンサーが、メディアが、詩と短歌と俳句の区別もつかないのはどうかなぁ。

上の方、プロデューサーとかデスクや編集長も気がついていないんだと思います。

> アナウンサーに、いや、TV局になるのかな。
> 皇族をさ、雅子様とか陛下とか、ましてや、天皇と呼び捨てする不敬者、なんとかならないものか。
> 天皇陛下、皇后陛下雅子様、せめて譲って雅子妃だろうなぁ。

皇后陛下は、あえて「陛下」を外して皇后様と書くスタイルがすっかり定着して
しまいましたね。

> 悠仁様って、違うだろうヨ~、悠仁親王殿下でしょう。

○○様という表記は、一見親しみを込めているように見えますが、しっかりと
貶めている訳ですからね。書いている方の意図は正にそこでしょう。

> ま、こんな事に腹を立てている私はも如何なものか、と(笑)。
> でも、駄目なものは駄目(笑)。
> メディア、しっかりしろ。

おっしゃるとおりだと思います。産経ですら、その辺は怪しいですからね(笑)。

2021/02/25 (Thu) 19:33 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ  
こんにちは

お忙しいところお邪魔します。
プライベートな事情…何か良いことがあるのだといいなと思って、ニンマリしています。

日本語は特に難しいですよね。
私もブログの過去記事に「最期まで」と書いてあるのを見つけて自分でどっきりでした(笑)
私も一句と言って首になるタイプです。きっと。
コンビニに入った時の「こんにちは いらっしゃいませ」も変な挨拶だと思って毎回聞き流しています。

2021/02/25 (Thu) 15:25 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

そうですよね!
僕も他人のことは言えんけど間違った日本語蔓延してます。最近の女子の言葉なんて宇宙言葉ですもん。

2021/02/25 (Thu) 14:42 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
打つと鬱


こんにちはさえきさま♪

さえきさまはしばらくお忙しいために、訪問はしばらくムリなのですね。お気になさらず用事を足して下さいませ☆

打つと鬱、うーん「鬱」はこの漢字は私も良いイメージしませんね。

鬱はマイナスの漢字と思ってますよ。私のイメージでしたが、、

将棋に例える記事が私なりに勉強にもなりましたよw

ご支援もありがとうございます
用事も足してきて下さいませ。


2021/02/25 (Thu) 11:23 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
廃人です。

まったくその通りですね。
いちいちイラッと来るのも如何なものかと思いますが性分です。
一般の方がネ間違うのは仕方ないですよ、興味のないモノへの知識は普通ありません。
しかし、専門家が、アナウンサーが、メディアが、詩と短歌と俳句の区別もつかないのはどうかなぁ。

アナウンサーに、いや、TV局になるのかな。
皇族をさ、雅子様とか陛下とか、ましてや、天皇と呼び捨てする不敬者、なんとかならないものか。

天皇陛下、皇后陛下雅子様、せめて譲って雅子妃だろうなぁ。

悠仁様って、違うだろうヨ~、悠仁親王殿下でしょう。

ま、こんな事に腹を立てている私はも如何なものか、と(笑)。

でも、駄目なものは駄目(笑)。

メディア、しっかりしろ。

2021/02/24 (Wed) 23:03 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply