FC2ブログ

【再掲】 え、すき焼きって豚肉じゃないの?── 道産子のソウルフードなどについて語ってみる

20 Comments
さえき奎(けい)
石楠花色に黄昏れる「石楠花色に黄昏れる」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight
一口に夕焼け雲と言ってもその色合いとなると実に様々だ。ブラッド・カラーとしか言い様のないものや濃い朱色からシャンパンゴールド調まで千変万化の色彩と言っても過言ではない。中でも俺が一番好きな色がこの石楠花色の夕焼け雲だ。朱から橙、黄色系への変化は何となくわかるのだが、この色合いだけは明らかにマゼンタ系なのでちょっと不思議だ。夕焼けなどそれほど複雑な現象には思えないのだが、決して素人が考えるような単純なメカニズムではないってことなんだろうな。

 今宵は、すき焼きとジンギスカンの話をしようと思う。あ、そこの人「また北海道おくに自慢か・・・」なんて言わないで、少しだけつき合ってくださいよ(笑)。

 高級割烹とか料亭とかは知らないが、北海道の一般家庭ではすき焼きと言えば普通豚肉だ。少なくとも俺が住んでいた頃はそうだったし、オール道民はそう頭から信じていて疑う者などいなかった。まあ、俺ん家は決して金持ちではなかったが、そういう問題ではなく、どの家でもフツーに豚肉を使ったんだよ。諸説はあるらしいが、そういう食文化だったってことなんだろうな。それでも晩飯がすき焼きだとめっちゃうれしかったし、まだ煮えないうちから箸を出して親から「あんまし、ちょすな(触るな・いじくり回すな)!」なんて怒られたりした(現実問題として牛肉と違い豚肉の生煮えはヤバい)。で、俺がすき焼きには牛肉を使うと初めて知ったのは、東京へ出て来てからだ。ショックだった。(悔しいが)美味かったしね。俺が今まですき焼きだと思って食っていたのは、一体何だったのかと思ったよ。道民の誰しもが、一度はこのカルチャーショックの洗礼を受けていることは間違いないはずだ。昨今は、健康的観点からあえて豚すきをやる家もあるらしいが、そういう意味でも道民は時代を先取りしていたのかも知れない。偉いぞ、道産子(←違うって)。

 それでこんな話を思い出した。漫画家の西原理恵子先生が知人と話をしていて、互いに子供の頃のビンボー自慢(?)になったそうだ(笑)。ある人が「絶対俺ん家だよ。大体すき焼きが豚肉だったんだぜ」と言う。するともう一人が「いやいや、すき焼きなら俺んところは鶏肉だった」なんて返した。それを聞いていたサイバラがボソッと「うちはサバだった・・・」とやったので二人はそれ以上何も言えなかったそうだ(笑)。「俺ん家は肉なしだった」なんてヤツがいたら、座がしらけるだけだが「サバだった」というところがいかにもサイバラらしくて素敵だよな(笑)。まあ、今は「サバすき」なんて高級割烹なんかでもメニューにあるくらいで、俺もサバすき、だいすきなんだよね(笑)。だけどサイバラの言うのは、トロ鯖なんていう脂がよく乗った切り身を骨抜きをしてスライスなんかもしてある、そういう洒落たサバすきではなく、ぶつ切りにしたサバをぶちこんで煮込むだけとか、もう見るのもいやになるくらいのトラウマ的おかずだったんだろうなってことは何となくわかる(笑)。

成吉思汗のたれ(ベル食品)ジンギスカン鍋((株)マツオ)
「成吉思汗のたれ」(左)と「ジンギスカン鍋」(右)
画像(左)出典:ベル食品(株)公式サイト
画像(右)出典:(株)マツオ(松尾ジンギスカン)公式サイト

 さて、お次は全道民のソウルフードであるジンギスカンだ。嬉しいにつけ、悲しいにつけ道民はジンギスカンをやる。花見だといってはジンギスカン、遠足だ、ハイキングだといってはジンギスカン、川遊びにも、潮干狩りにも、お盆にも、月見にも、クリスマスにも、正月にもやるし、やれ誕生日だ、結婚記念日だ、入学だ、卒業だと理由をつけてはジンギスカン・パーティーをやる。いや。特に理由がなくてもやる(笑)。とにかく年がら年中ジンギスカンを食らう人たち、それが道民だ(笑)。

 一昔前に全国的ジンギスカン・ブームがあったおかげで、今は多くの店でマトンラム肉を買うことが出来るようになったが、以前はそうではなかった。「全国どこでもフツーにジンギスカンを食うものだ」と信じて疑わない道民一家が、転勤なんかで東京へ越して来た場合、まず遭遇する悲劇がこれだった。どこの肉屋に行ってもマトンやラムなんて売っていやしない。まあ、個人商店の肉屋の店主なんかはプロだから、売ってはいないがマトンやラムを知らないなんていうことはない。しかし、スーパーなどの従業員は、そんなもん知らなくて当然だ。なので

「あのー、マトンって置いてないんですか?」
「え、トンマですか? 生憎当店にはかようなものは・・・(どんな獣の肉なんだろう? どこの国の人かな?)」


なんてちょっと胡散臭いヤツに思われたりしたものだ(ウソです)。かくして、パニックになったおかーさんは、何軒もの肉屋をはっちゃきこいて探し回るも結局入手出来ず、豚肉なんかを手にしてとぼとぼと帰宅するしかなかった。いざ夕食時になると

「おかーさん、これラムじゃないっしょ。お店でばくってもらって来てよ」
「ボク、こったらがっちゃいご飯いらないから」


などと家のだはんこきどもからごもくそ言われ、

「あましたら、いたましいっしょ。けっぱって食べなさい」

なんて叱りながら、自分だって箸が進まない(笑)。その上、帰宅したおとーさんからも

「ジンギスカンだってゆうから仕事切り上げて帰って来たんだべや。こったらもん食えるか!」

などと理不尽な八つ当たりをされて、さすがのおかーさんも切れて反撃に出る(笑)。

「はんかくさいんでないの。私だってあちこちこわい思いして探したさ。だけど、どこにも売ってないんだから仕方ないっしょ。大体あんたが東京こったらとこさ飛ばされるから悪いんだべさ」

などと、つい余計な一言を口にしたりして、家庭内不和の原因ともなったそうだ(ウソです)。

「なして、なしてどこにも売ってないんだべかー!」

と絶叫したことあるでしょ? そこのおかーさん(笑)。



 ジンギスカンといえば欠かすことの出来ないアイテムがある。一つは「ジンギスカン専用のたれ」だ。「焼き肉のタレでいいじゃないか?」ってあなた、焼き肉のタレを頭からぶっかけられたいですか(笑)? そったらもんじゃジンギスカンは食えないんですよ。ベルの「成吉思汗ジンギスカンのたれ」、これですよ。これがなきゃジンギスカン・パーティーは始まりません。花見なんかでこれを忘れたりすると、調達担当者は全員から袋叩きにされて、街まで走って買いに行かされたものだ(ホントです)。往年のジンギスカン・ブームのおかげで、これが今ではスーパーでフツーに買えるのは本当にうれしいじゃありませんか。まあ、売っているのは瓶入りだけで、缶入りを扱ってないのは少し残念だけど贅沢を言っちゃあいけないね。絶対に切らさないように常備しているのは当然として、俺は目玉焼きでも、トンカツでも、ステーキでも何でもかんでもこれをかけて食う。これがまためちゃうまなんだよね。もう「道民の阿片」と言っても過言じゃない(笑)。

 もう一点がジンギスカン鍋だ。「鉄板とかフライパンじゃだめなの?」ってあなた、フライパンで頭ぶっ叩かれたいですか(笑)? 写真をよーく見てちょうだいね。鍋の中央が高くなっていて溝が穿ってあり、鍋の縁の周りがぐるりとお堀のように低くなっているじゃないですか。これがジンギスカン鍋のミソなんですね。ジンギスカンをやったことのある人なら知ってると思うけど、マトンを焼くと猛烈に油が出るのですよ。だから肉を小高い丘の部分で焼いたら溝を伝って油がお堀に溜まる。そのお堀のところに野菜を置いて焼くわけですよ。おわかりですか。素晴らしい合理的な仕組みですね。この造形ってもはや工芸品の域にあると思います。全道の家庭でこの鍋を常備していない家庭は皆無だと言っても過言じゃありません。もしそんな家があったらそれは道民のモグリと思っていい。それどころか「家用」と「野外用」の複数所有する家も珍しくはないのですよ(笑)。今じゃあ、あなた、IH対応の鍋とかお一人様用鍋ってのもあるらしいです。「IH対応って家でもやるのか?」って、あなた、さっき「家用」と「野外用」の双方を備える家もあるって言ったじゃないですか。家中の窓という窓を開け放し、家具という家具を新聞紙で覆ってでもやるんですよ。ジンギスカンを一度でも食べたことのある方ならわかりますよね。あのもうもうとした油煙で家中がギトギトになるからです。もうビョーキです。何とでも言ってくださいな(笑)。

 グルメ王国北海道のことだから、もっともっとご紹介したいソウルフードもあるんだけど、そろそろ本気モードのアルコールタイムへ移行するのでまた別の機会に譲りたいと思う。ご静聴ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 20

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

Anthonyさん、今晩は。いつもご支援ありがとうございます。

> 僕の実家(大阪の河内地方)は、あまり裕福じゃなかったので、すき焼きは「牛スジ肉」でした。
>  固さゆえか、スジ肉を「ダイヤモンド」という俗称でよんでおりました。

うーん、イヤモンドですか。言い得て妙ですが、確かにあれは子供が噛み切るのは
容易じゃないかも知れないですね。

>  で、スジ肉をを肉屋に買いに行くのは僕の役目でしたが、一般的には食べない肉だったので、「犬のエサにするから1キロ下さい」と、言って買っていました。。恥ずかしかった。。

よくわかります。スジ肉ではないですが、我が家も裕福ではなかったので、私にも
似たような買い物にやらされた経験があります。

2020/12/09 (Wed) 19:58 | EDIT | REPLY |   
Anthony  

僕の実家(大阪の河内地方)は、あまり裕福じゃなかったので、すき焼きは「牛スジ肉」でした。

 固さゆえか、スジ肉を「ダイヤモンド」という俗称でよんでおりました。

 で、スジ肉をを肉屋に買いに行くのは僕の役目でしたが、一般的には食べない肉だったので、「犬のエサにするから1キロ下さい」と、言って買っていました。。恥ずかしかった。。

2020/12/09 (Wed) 17:12 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

godminaさん、今晩は。いつもコメントありがとうございます。

> あぁ、うちにもあります。
> ジンギスカン鍋?と言うのかな。

あるんですか! それはすごい(笑)。道民と北海道出身者以外で、持っている
方はめずらしいですよ。道産子として心より御礼申し上げます(笑)。

> 北海道に知り合いがいた時に、よく連れてってもらいました。
> マトンでしたっけ?
> めちゃ美味いのには驚きました。

独特の臭みがあるとか必ず言われたりしますが、実はそれ程でもないんですよ。

> 道内では肉と言ったらマトンでしょ、と言うぐらい
> 皆様ガッツリ召し上がっておられましたよ。

そうですね。今も昔も肉と言えばマトンとラムです(笑)。

> 私は肉類なら何でもござれですが、ジンギスカンは
> 私に合っていると思いました。
> もやしたっぷりですもんね。

そうです、そうです。いろんな野菜をのせて焼きますが、何といってももやしが
一番です(笑)。

> そう言えば、北海道の知り合いが亡くなってから
> ジンギスカン食べてないなぁ(´;ω;`)

北海道以外では、なかなか家庭では食べませんよね。私も久しく食べていません。

> 今、腹減ってます(笑)

どうりで、文章から空腹感が漂っていると思いました(笑)。

2020/12/06 (Sun) 19:09 | EDIT | REPLY |   
godmina  

奎さん、いつもブログにお付き合い下さり
ありがとうございます。

あぁ、うちにもあります。
ジンギスカン鍋?と言うのかな。
北海道に知り合いがいた時に、よく連れてってもらいました。
マトンでしたっけ?
めちゃ美味いのには驚きました。
道内では肉と言ったらマトンでしょ、と言うぐらい
皆様ガッツリ召し上がっておられましたよ。
私は肉類なら何でもござれですが、ジンギスカンは
私に合っていると思いました。
もやしたっぷりですもんね。
そう言えば、北海道の知り合いが亡くなってから
ジンギスカン食べてないなぁ(´;ω;`)

今、腹減ってます(笑)

2020/12/05 (Sat) 22:16 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 肉談戦!(*^^*)

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> すき焼きは我が家(牛)でもご馳走ですね。

そうなんですよ。ご馳走は誰かと食べなければ美味しくないので、一人暮らしに
なってからはほとんどやらなくなりました。

> お給料日とか誕生日とかのイベントに食べるけど、ジンギスカンは考えてみたら昔、家族旅行(日光:大笹牧場)で食べたっきりのような。。。

それが普通だと思います。道民くらいですよ。家でも野外でも年中ジンギスカンを
やる人たちは(笑)。

> くろすけは、今晩梅干し入りのおかゆでした。(^-^;

え、どこか体調でも崩されましたか?

> 今日の夕焼けはビワ色、平和に暮れて行きました。(*^^*)

雲無しのシンプルな夕景はまったりしていて確かに平和です(笑)。

2020/12/05 (Sat) 17:20 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> すき焼きというと、地元では牛肉を使いますが高くて・・

我が家でも黒毛和牛などはとても手が出せず、もっぱらアメリカンやオージー
ビーフで我慢していました(笑)。
 
> 盆や正月に、母方の田舎で大勢ですき焼きを囲んで食べる味は最高で、
> 最後にうどんをブッ込んで食べるのがまた美味くて、かけつけ3杯く
> らい掻き込んで食べたものです。

シメのうどんはまた格別な美味さで別腹ですよね(笑)。

> マトンは美味いですね! 独特の匂いがありますが 自分は好きで鍋
> をやったときにその味を初めて知って感動したものです。

道産子は、子供の頃から食べ慣れているので「え、匂いなんてする?」という
感覚ですね(笑)。

> 豚肉のすき焼きはまだ食べたことがないので味わってみたいですね(^^)

牛肉のような濃厚な味覚はありませんが、ヘルシーでそれなりに美味いと思い
ます(笑)。

2020/12/05 (Sat) 17:14 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
肉談戦!(*^^*)

すき焼きは我が家(牛)でもご馳走ですね。
お給料日とか誕生日とかのイベントに食べるけど、ジンギスカンは考えてみたら昔、家族旅行(日光:大笹牧場)で食べたっきりのような。。。

くろすけは、今晩梅干し入りのおかゆでした。(^-^;

今日の夕焼けはビワ色、平和に暮れて行きました。(*^^*)

2020/12/04 (Fri) 21:58 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

さえき奎さん こんばんわ♪

すき焼きというと、地元では牛肉を使いますが高くて・・
 
盆や正月に、母方の田舎で大勢ですき焼きを囲んで食べる味は最高で、
最後にうどんをブッ込んで食べるのがまた美味くて、かけつけ3杯く
らい掻き込んで食べたものです。
マトンは美味いですね! 独特の匂いがありますが 自分は好きで鍋
をやったときにその味を初めて知って感動したものです。
豚肉のすき焼きはまだ食べたことがないので味わってみたいですね(^^)

2020/12/04 (Fri) 20:58 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: すき焼きの肉 いろいろあるんですね

くうみんさん、今晩は。いつもコメントありがとうございます。

>  ある人が、栃木ではすき焼きは豚肉だと言っていました。私の母は、栃木出身ですが、すき焼きは牛肉でした。同じ栃木でも、場所によって違うのかも知れません。

もしかしたら、栃木県が牛と豚の分岐点なのかも知れませんね。ちょっと調べて
みたいと思います。

>  子供の頃、牛肉は高いので、あまりすき焼きは食べられませんでした。サバのすき焼きってどんなんだろう?今度作ってみようかな。

美味いですよ。サバと白菜はめっちゃよく合います。ググるとレシピが沢山あります
ので是非お試しください。

>  ジンギスカンも、北海道に行ったとき食べました。おいしいと思いましたが、羊の肉って、こちらでは、結構高い。

今はラム(子羊)肉人気で、安いマトン肉があまり出回らなくなっているようです。

>  一番食べる肉は、豚肉かな。その次は鶏。

私は今は魚がメインなのですが、肉だとやはり豚が圧倒的に多いですね。

2020/12/04 (Fri) 19:22 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ハッハッハー!

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> そうさ!すき焼きは豚だよ⊂(* ̄(●●) ̄*)⊃
>
> こんにちは!北海道生まれの北海道育ち..
> すき焼きは今も豚でっせ!

今でも伝統は続いているんですね。安心しました(笑)。

> たまーにいいふりこいて
> 牛を混ぜて買うけど
> 牛は味が濃くて落ち着かないと
> 家族みんなの意見です。

こっちの焼き肉店でも「豚・牛ミックスセット」なんてのがあるんですが、
互いの旨さを打ち消し合っているような気がしますね(笑)。

> でも..去年高級なお店で
> 家族3人は牛のすき焼きを
> 人さまにご馳走になったんです。

それはまた豪勢な・・・。

> 不思議~ご馳走になると
> それは思い出になるんですから..
> あ~た!これ、
> どゆこと?(,,꒪꒫꒪,,).。o(ウマカッタ)

いや、ごっそになれば話は別っしょ(笑)。

> 我が家にとってすき焼きの豚は
> 美味しいもそうですが
> 落ち着くってことなんです(笑)

そだね~。確かに牛肉は濃すぎてあずましくね(笑)。

> 次にジンギスカン!
> 先月の29日(肉の日)に
> 家でジンギスカンをしました!
>
> バチバチ(*´꒳`ノノ゙パチパチ

おお、29日(肉の日)にv-424

> 煙が出るので
> ジンギスカン鍋は使わないのですが
> やきまるくんという
> あまり煙が出ないグリルを使っています。

やきまるくんはいいですね。でも、あのプレートの形状は絶対ジンギスカン鍋から
ヒントを得ていますよね(笑)。

> もちろん!ベルのタレです。
> あれ?缶は見たことないわー!
> 高そうですね?

昔は野外用にはもっぱら缶ばかりでしたが、今は製造していないのかも知れません。

> ジンギスカンに
> 焼肉のタレなんて使わないよ。
> 間違って使ったらそこのあなたに
> タレを頭からぶっかけられますからね。

んだんだ(笑)。それと味付け肉も不味いので食べませんね。やはりベルのたれ
サイコーです(笑)。

> ジンギスカンを熱々ご飯と一緒に食べたら
> もう..モ~!牛も豚も逃げます。
> 羊バンザイ(ノ≧∀≦)ノ

牛は「モー駄目だ」、豚は「トン走」ですね(笑)。

> はぁ、どうしてくれるんすか?
> お腹空きました。(›´ω`‹ )ハラヘリ……

あ~、私も久しぶりにベルのたれをじゃぶじゃぶつけたマトンとご飯を食べたく
なりました(笑)。

2020/12/04 (Fri) 19:12 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> あははは、
> ジンギスカン愛がめっちゃ伝わりましたよー。

内地に出て来るまで、ジンギスカン以外の焼き肉があることを意識したことが
ありませんでした(笑)。

> 僕も大好きで有名なお店の漬け込んであるジンギスカンの袋良く買うんだけど、今度、そのベルのタレ探して見ます。最近、ウチの近所のスーパーでも生ラム扱うんです^ ^

道民は、肉に味が染みこんでしまうと肉本来の旨味が損なわれるのを嫌って、まず
味付けマトンやラムは食べません。生を焼いてベルのたれにつけて食べるか、その
場でつけ焼きをします。ベルのたれは大手スーパーIY堂などには置いてあります。
是非お試しください。

2020/12/04 (Fri) 18:48 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: さえき氏、ソウルフード語る回・会 ^^

花おばさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 好きですね~(^^♪ こういうお話。^▽^

ありがとうございます。

> にしても、ジンギスカン鍋、よく考えられて作られてますよね。

はい。もはや北海道の誇る伝統工芸品です(笑)。

> 豚肉、牛肉論争。
> 肉じゃが、カレーに入れるのどっち派?って、よく街角インタビューで、やってる光景、観てました。

以前書きましたが、豚汁はジャガイモかサトイモかなんてのもありますね(笑)。

> カルチャーショックといえば、中国地方から、関東へお引越しした際、お汁系(うどん、そば)をとった時、あちゃー!!@@ これ何!!と、初対面した際のあの衝撃は、忘れられません。
> だって、真っ黒いお醤油の中に麺があるなんて、お出汁を重んじる出身からすると、信じられない代物でしたから。笑

逆に私は金沢に赴任した時、蕎麦のおつゆを通して丼の底の模様が見えることに
仰天しました(笑)。二月ほどで慣れましたが(笑)。

> 丸餅と、四角餅も、びっくり。などなど、ソウルフードは、郷土愛の賜物ですね。
> 家庭事情などいろいろですが、いずれも、美味しいには、違いありません。
> それに、みんなで、わいわい楽しく盛り上がって食せるのも、美味しさの秘訣ですから。

そうですね。健康的側面などは別として、どちらがいいとかいう問題ではありません
からね。

> もちろん、北海道へ行ったときは、一度は、かならず、ジンギスカンを頂きます。
> 煙とともに、ビールの美味しいこと(^^♪

ジンギスカンは「煙もうもう」も料理のうちなんです(笑)。

> あぁ、食べものに関しては、止まらなくナ~ります。
> この辺で。
> 美味しい論争、ありがとうございました。^▽^/

こちらこそ、ありがとうございました。

2020/12/04 (Fri) 18:38 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: すき焼きは豚肉!?

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> ええ!?
> すき焼きはこちら新潟県は牛肉でしたよ!まれに牛以外にラム肉を使っているご家庭も少しありましたね

ラム肉のすき焼き(「ラムすき」というんでしょうか)は珍しいですね。

> 逆に焼肉と言うと、豚肉が定番でした!
> 豚肉はご当地の地域がらかもしれませんね

すき焼き:豚vs.牛orラム、焼き肉:マトン・ラムvs.豚という感じで、北海道と
完全にずれまくっているのが面白いですね(笑)。

> これから寒くなるので、私も真似をして豚肉すき焼きをマネしてみますねww

コスパとヘルシーという意味ではいいかも知れませんね(笑)。

2020/12/04 (Fri) 18:22 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 西原の人生こそサバイバルだっ。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 鴨志田穣(故人・元旦那)・勝谷誠彦(故人・朋友)、この二人にかかわりがアルだけでも凄い。
> 西原のエッセイは私にとって聖典であり、人生の指針であります、西原万歳、高須医院長頑張れ♪

他にもコータリン(神足裕司)や金角(ゲッツ板谷)、銀角(安藤康一)とかね(笑)。とにかく
壮絶としか言い様のない人生ですよね。

> すき焼き論争もそうでありますが、私的には過去に巻き込まれた芋煮バトルがヤバかった。
> 仙台VS山形・・・ちなみに新潟県には芋煮の習慣はありませんでした。

郷土愛が強ければ強いほど、ソウルフードについては譲る余地が全くありません
から(笑)。

> かなり昔ですが、ジンギスカン鍋製造秘話?みたいなドキュメンタリーを見て大感動しました。
> 食に歴史ありですね~、グルメ王国北海道の名に恥じないエピソードの数々に驚きもしましたっ。

もちろん我が家にも鍋はあるのですが、もう何年もジンギスカンをやっていません。
「お一人様用鍋」を買ってみようかなと思ったりしています(笑)。

> あと二十年もするとお米も北海道が一番ってなっちゃうかもデスね~。

その頃には、クマゼミもゴキブリも津軽海峡を渡って来ているんでしょうね(笑)。

> 「Hokkaido As Number One」

Not Only Sapporo But Also Hokkaido!

その前に地方都市の過疎化と札幌への一極集中を何とかしなければなりません。

2020/12/04 (Fri) 17:53 | EDIT | REPLY |   
ひねくれくうみん  
すき焼きの肉 いろいろあるんですね

 ある人が、栃木ではすき焼きは豚肉だと言っていました。私の母は、栃木出身ですが、すき焼きは牛肉でした。同じ栃木でも、場所によって違うのかも知れません。
 子供の頃、牛肉は高いので、あまりすき焼きは食べられませんでした。サバのすき焼きってどんなんだろう?今度作ってみようかな。
 ジンギスカンも、北海道に行ったとき食べました。おいしいと思いましたが、羊の肉って、こちらでは、結構高い。
 一番食べる肉は、豚肉かな。その次は鶏。

2020/12/04 (Fri) 17:17 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
ハッハッハー!

そうさ!すき焼きは豚だよ⊂(* ̄(●●) ̄*)⊃

こんにちは!北海道生まれの北海道育ち..
すき焼きは今も豚でっせ!

たまーにいいふりこいて
牛を混ぜて買うけど
牛は味が濃くて落ち着かないと
家族みんなの意見です。

でも..去年高級なお店で
家族3人は牛のすき焼きを
人さまにご馳走になったんです。

不思議~ご馳走になると
それは思い出になるんですから..
あ~た!これ、
どゆこと?(,,꒪꒫꒪,,).。o(ウマカッタ)

我が家にとってすき焼きの豚は
美味しいもそうですが
落ち着くってことなんです(笑)

次にジンギスカン!
先月の29日(肉の日)に
家でジンギスカンをしました!

バチバチ(*´꒳`ノノ゙パチパチ

煙が出るので
ジンギスカン鍋は使わないのですが
やきまるくんという
あまり煙が出ないグリルを使っています。

もちろん!ベルのタレです。
あれ?缶は見たことないわー!
高そうですね?

ジンギスカンに
焼肉のタレなんて使わないよ。
間違って使ったらそこのあなたに
タレを頭からぶっかけられますからね。

ジンギスカンを熱々ご飯と一緒に食べたら
もう..モ~!牛も豚も逃げます。
羊バンザイ(ノ≧∀≦)ノ

はぁ、どうしてくれるんすか?
お腹空きました。(›´ω`‹ )ハラヘリ……

2020/12/04 (Fri) 10:12 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

あははは、
ジンギスカン愛がめっちゃ伝わりましたよー。
僕も大好きで有名なお店の漬け込んであるジンギスカンの袋良く買うんだけど、今度、そのベルのタレ探して見ます。最近、ウチの近所のスーパーでも生ラム扱うんです^ ^

2020/12/04 (Fri) 09:29 | EDIT | REPLY |   
花おばさん  
さえき氏、ソウルフード語る回・会 ^^

さえき様  こんにちは。

好きですね~(^^♪ こういうお話。^▽^

にしても、ジンギスカン鍋、よく考えられて作られてますよね。

豚肉、牛肉論争。

肉じゃが、カレーに入れるのどっち派?って、よく街角インタビューで、やってる光景、観てました。

カルチャーショックといえば、中国地方から、関東へお引越しした際、お汁系(うどん、そば)をとった時、あちゃー!!@@ これ何!!と、初対面した際のあの衝撃は、忘れられません。

だって、真っ黒いお醤油の中に麺があるなんて、お出汁を重んじる出身からすると、信じられない代物でしたから。笑

丸餅と、四角餅も、びっくり。などなど、ソウルフードは、郷土愛の賜物ですね。

家庭事情などいろいろですが、いずれも、美味しいには、違いありません。

それに、みんなで、わいわい楽しく盛り上がって食せるのも、美味しさの秘訣ですから。

もちろん、北海道へ行ったときは、一度は、かならず、ジンギスカンを頂きます。

煙とともに、ビールの美味しいこと(^^♪

あぁ、食べものに関しては、止まらなくナ~ります。

この辺で。

美味しい論争、ありがとうございました。^▽^/

2020/12/04 (Fri) 08:15 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
すき焼きは豚肉!?

おはようございますさえきさま。

ええ!?
すき焼きはこちら新潟県は牛肉でしたよ!まれに牛以外にラム肉を使っているご家庭も少しありましたね

逆に焼肉と言うと、豚肉が定番でした!
豚肉はご当地の地域がらかもしれませんね

これから寒くなるので、私も真似をして豚肉すき焼きをマネしてみますねww

ご支援もありがとう御座います♪


2020/12/04 (Fri) 07:43 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
西原の人生こそサバイバルだっ。

鴨志田穣(故人・元旦那)・勝谷誠彦(故人・朋友)、この二人にかかわりがアルだけでも凄い。
西原のエッセイは私にとって聖典であり、人生の指針であります、西原万歳、高須医院長頑張れ♪

すき焼き論争もそうでありますが、私的には過去に巻き込まれた芋煮バトルがヤバかった。
仙台VS山形・・・ちなみに新潟県には芋煮の習慣はありませんでした。

かなり昔ですが、ジンギスカン鍋製造秘話?みたいなドキュメンタリーを見て大感動しました。
食に歴史ありですね~、グルメ王国北海道の名に恥じないエピソードの数々に驚きもしましたっ。

あと二十年もするとお米も北海道が一番ってなっちゃうかもデスね~。

「Hokkaido As Number One」

2020/12/04 (Fri) 05:52 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply