FC2ブログ

【再掲】 「白山」って世界中にあるんだよ ── 人間の発想って結局同じなんだなって話を書いてみる

12 Comments
さえき奎(けい)
Hakusan白山(日本・石川県/岐阜県・標高2,702m)
画像出典:焼きサバ定食 氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。

Mont Blanc
アルプスの白山「モンブラン」 "Mont Blanc"(フランス - イタリア・標高4,810.9m)
画像出典:「モンブラン」(2019年7月24日 (水) 01:20 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Ximonic, Simo Räsänen氏を著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

Dhaulagiri
ヒマラヤの白山「ダウラギリ」 "Dhaulagiri"(ネパール・標高8,167m)
画像出典:「ダウラギリ」(2018年12月24日 (月) 10:16の版)『ウィキペディア日本語版』
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Sergey Ashmarin氏を著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

 富士山(静岡県/山梨県・標高3,776m)、立山(富山県・標高3,015m)と並んで日本三霊山にその名を連ねる白山(石川県/岐阜県・2,702m)を知らない人はいないだろう。サラリーマンやっていた時代、金沢勤務の長かった俺は、白山の見えるマンションに住んでいたので、一年中その勇姿を仰ぎ見ることができた。登山もやったし、秘境岩間噴泉塔群(国の特別天然記念物)や霞滝(落差70m)の探訪や、白山しらやま比咩ひめ神社への初詣など個人的にも大変馴染みの深い山岳だった。

 ところで、この「白山」という名称だが、北陸地方でも立山と並んで一際標高の高い山なので、他の山の残雪が消えた後でも「白い山」として一目で同定できる山だったことがその名の由来なんだよね。実はこの「白山」という名称の山岳は、岐阜県と福井県の県境にある能郷白山(標高1,617m)をはじめとして、新潟県(別名で越後白山とも・標高1,012m)、長野県(別名で信濃白山とも・標高1,387m)、熊本県(標高1073m)他、秋田県・山形県・静岡県・兵庫県・山口県・香川県・福岡県・長崎県・鹿児島県など日本全国にある(但し、読みは「はくさん」の他「はくざん」、「しらやま」など様々)。何座あるのか数えたことはないけれど、とにかくたくさんある。おそらく、白山比咩神社を総本社として、全国に白山神社・白山社を2,000社以上有する白山信仰と深い関係があるのではないかと思われる。

 さて、その「白い山」だが、実は日本だけじゃなく、世界中のあちこちにあるんだよね。その中でも最も有名なのが、万年筆のブランド名やケーキの名称としても有名な、フランスとイタリアの国境にそびえる名峰「モンブラン」(標高4,810.9m)だ。フランス語で"Mont Blanc"、イタリア語で"Monte Bianco"と表記し、その意味はズバリ「白い山」だ。ヒマラヤ山脈の世界第7位の高峰「ダウラギリ」 /"Dhaulagiri"(ネパール・標高8,167m)もサンスクリット語で「白い山」という意味だ。まだまだある。「マウナ・ケア」/ "Mauna Kea"(アメリカ・ハワイ州・標高4,205m)もハワイ語で「白い山」という意味だし「キリマンジャロ」/"Kilimannjaro"(タンザニア・標高5,895m)もスワヒリ語とチャガ語の合成語で「白い山」という意味なんだよ。

  「高くて雪を被っている山ならそう呼ばれるのは当たり前」って?まあ、そのとおりなんだけどさ(笑)。それじゃ、「白山」以外に何と呼べばいいと思う? 俺はその名称云々よりも、今も昔も、国や人種・民族を問わず、雪を頂いた高峰を同じ名称で呼んでいるということに、むしろ何とも言えない感動を覚える。「ああ、人間って感じること、考えることって結局同じなんだな」ってね。
 
 山岳だけじゃない。俺は本来的に滝屋サンなので、滝の名称についても少し語ってみたい。日本には「布引の滝」あるいは「布曳の滝」とか「布滝」という名称の滝が数多くある。おそらく一番多いのは「不動の滝」、「不動滝」あるいは「○○不動滝」といった「不動系」、次が「白滝」、「白糸の滝」のような「白系」といった名称だと思うが「布系」名称も三番手くらいには入ると思う。水の落ちる形状が、布を引いたように見えるというのがその名の由来であることは想像に難くないだろう。いっそのこと「布系」と「白系」をまとめて「布・白系」とする方が妥当かも知れない。英語圏でも、同じような発想で命名された「ブライダル・ベール・フォールズ」(花嫁のベールの滝)/"Bridal Veil Falls"や「リボン・フォールズ」(リボンの滝)/"Ribbon Falls"などという名称の滝が数多くあるんだよね。

 唐突だけど、第二次大戦中の各国の戦闘機の話に飛ぶ(笑)。いやいや、ちゃんと話の脈絡はあるんで安心してよ(笑)。旧日本海軍に「三菱 J2M 雷電という名称の局地戦闘機(現代で言えば「邀撃機」とか「インターセプター」に該当)があった。「雷電」・・・勇ましくて強そうな名称だ。そして同じ時期、アメリカ陸軍にも「リパブリック P-47 サンダーボルト/"Thunderbolt"という名称の戦闘機があったんだ。これもズバリ「雷電」に他ならない。もう一つ、イタリア空軍にも「MC.202 フォルゴーレ/"Folgore"という戦闘機があって、これも「雷電」という意味なんだよね。

(筆者注:第二次世界大戦当時、日本とアメリカに空軍は存在せず、航空戦力は陸軍航空隊及び海軍航空隊として運用されていた。またサンダーボルトという名称は、現アメリカ空軍の「フェアチャイルド・リパブリック A-10 サンダーボルト II」"Thunderbolt II"に引き継がれている)

 「だから何なんだ?」って言われりゃ「いえ、それだけのことです」としか答えようがないんだけれど・・・。うーん、そうだよ、確かにそれだけのことなんだけど、すごいと思わないかなあ? まあ、いいや(笑)。えーと、全部借り物なんですけど、雪を頂いた神々しい「白山たち」の写真でも眺めながら一杯飲ってくださいな(笑)。三座とも、先鋭なピークを有する天を衝くようなフォルムではなく、どっしりとした山容であることも、決して偶然じゃないような気がするんだよね。あ、そうだよ。この名峰モンブランを模して創作されたケーキであるモンブランを買いに、最寄りのケーキ屋さんか、なければコンビニまで走るのもいいんじゃないのかな(笑)。

モンブランを買いに走れ!「モンブランを買いに走れ!」
フランボワーズ358 氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。
山のモンブランも素晴らしいが、こっちのモンブランも負けずに 美味しい 素晴らしい。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 12

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 石川 岐阜県境に位置する白山 かねてから名称にも惹かれるものを感じていましたが、全国的に各県にも同名の山があるんですね。

白山が二座ある県も複数ありました(笑)。おそらく各地の白山神社が、総本社の
白山(加賀白山)に準えたケースが多いのだと思います。

> アフリカ タンザニアにあるキリマンジャロは熱帯に位置し、山頂付近は年中雪があり氷河も存在するのにも驚きです。

キリマンジャロの標高5895mは、独立峰としては世界最高峰の火山でもあるんですよ。

> モンブランもその山容は雄大で魅力的ですが、実際にそれを眺望すると例えようがないほど魅力的なんでしょうね。
> ケーキのモンブランも好きです。 酒もケーキも、ラムフレーバーのものが一番好きです。(笑)

私もラムフレーバーですね(笑)。紅茶シフォンも好きですが(笑)。どちらも、もう
何年も口にしていませんが・・・。

2020/11/19 (Thu) 18:24 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

さえき奎さん こんばんわ♪

石川 岐阜県境に位置する白山 かねてから名称にも惹かれるものを感じていましたが、全国的に各県にも同名の山があるんですね。
アフリカ タンザニアにあるキリマンジャロは熱帯に位置し、山頂付近は年中雪があり氷河も存在するのにも驚きです。

モンブランもその山容は雄大で魅力的ですが、実際にそれを眺望すると例えようがないほど魅力的なんでしょうね。
ケーキのモンブランも好きです。 酒もケーキも、ラムフレーバーのものが一番好きです。(笑)

2020/11/18 (Wed) 21:56 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: こんにちは

そふぃあさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 新潟市で生まれ育った私もご多分に漏れず、新潟総鎮守の白山神社は随分お世話になりました。
> 初詣に七五三、お祭り縁日は楽しい思い出です。

はい。記事レポートで拝読させていただいたこともありましたね。

> 今シーズンはコロナで小布施に行けなかったので、モンブランを見ると悔しささえあります。

私は別の意味で悔しさを感じます(笑)。もう何年食べていないことか・・・(笑)。

> そうか、コンビニに買いに走ればよいのかぁ(笑)

最近のコンビニのスウィーツ(に限りませんが)のレベルの高さは、想像以上みたいですね。

2020/11/18 (Wed) 18:38 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 白山ゆえの白山に驚いた。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 白山神社って多いですよね(笑)。

はい。全国に2000~2500社あるそうです。伊勢・諏訪・熊野系列には及びませんが
TOP5には入ると思いますね。

> 白山と言うとそんな事しか思い浮かばず(笑)。

いえいえ、私もそこから発想を得ましたから(笑)。

> 今回の記事は目から鱗・・・名前には意味がある、由緒がある。
> 山や土地の名は大切ですね。

本当にそうですね。平成の大合併で歴史ある地名が消えたり、足して二で割ったような
ふざけた都市名が増えたのは実に嘆かわしいことです。

> >ああ、人間って感じること、考えることって結局同じなんだな
>
> その通りだと思います。
> 自然への畏怖、真昼の太陽、夜の月、山・川・海。
> それが神話となり、厳しさから神が生まれる。

はい。それを原始的な宗教観だと決めつける一神教、特に某宗教は思い上がりも甚だしい
ですね。まあ、だから一神教なんでしょうが(笑)。

> で、もちろん。
> モンブランが喰いたくなったぞぅ~(笑)。

その昔、スウィーツをバンバン食っていた頃は、モンブランにするか紅茶シフォンにする
かで悩んだものです。で、結局どっちも買ったりして・・・以下略(笑)。

2020/11/18 (Wed) 18:27 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 人間の感性!

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 列挙された世界の名峰が、白い山の意味だったこと初めて知りました。
> 仰るように、「ああ、人間って感じること、考えることって結局同じなんだな」と全く同感であります。(#^^#)

はい。「白い山」という同じ意味を持つ多くの山岳があるというより、私はそこの
ところに感動しました。

> 日本三霊山は、全部登ってますが、白山は、調べたら2008.7に縦走してました。もう所々しか思い出せませんが、花の名山でもある白山では、ハクサンコザクラはもとより、ササユリ、クロユリなど見てきたことが思い出されました。高山植物はハクサンと頭につくものが結構ありますが、きっと最初に見つけられたんですかね。

私は、白山と立山周辺はかなりうろついていますが、例によってピークには行った
ことはありません(笑)。おっしゃるように、山岳名を冠する動植物は、その山域に
しか生息・生育していないか、最初に発見されたか、あるいは数多く分布している
などが由来だと思います。

> 「布引の滝」。。ハハ、先日の続きの詳細アップどうするんだってハッパ掛けられたような。。。(^-^;

いえいえ、決してそんなつもりは(笑)。

2020/11/18 (Wed) 17:57 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 白い山

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> モンブラン..私は
> 栗が入っているものが
> モンブランだと長年思っていました。
> 山になっていればモンブランなのだと
> 最近分かったのです。

そうなんですってね。故にフランスのモンブランとイタリアのモンテビアンコは、
それぞれのお国から見た外観を模しているので形が違うそうです(笑)。

> 近所のケーキ屋さん
> 真っ白なモンブランも人気ですが
> 私は生チョコのモンブランが好きなんです。

小樽では、モンブランというのはチョコレートケーキなんですね。モンブランは
マロンクリームだと信じてオーダーした内地人をびっくりさせるそうです(笑)。
北海道の食べ物って本当に奥が深いです(笑)。

> 山の話ではなく
> 甘くて体にあまり良くない
> ケーキの話だけをして
> とんずらします。

もうモンブランなんて何年も食べていません。身体に悪い以前に目の毒です(笑)。

> ( ̄ト ̄)ドロン

v-355v-355v-355(笑)。

2020/11/18 (Wed) 17:45 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 白山の多さにビックリ!!

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 今回のテーマ白山。
> 新潟県にしかない山と思ってましたがどこにでもある山なのですね(笑)

はい。越後白山も有名ですが、本家本元は石川県・岐阜県境の白山(加賀白山)です
ので、以後お見知りおきを(笑)。

> 白山を調べたら多いこと!!
> 白山って山の名前もなんだか迫力があって、私的には名前は好きでもありましたよー

シンプルでいい名前だと思います。だから、日本中、世界中にあるんでしょうね。

> ご支援もいつもありがとう御座います♪
> 白山の名前、由来も詳しく調べてみますね☆

面白いと思いますよ。是非調べてみてください、

2020/11/18 (Wed) 17:27 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ  
こんにちは

新潟市で生まれ育った私もご多分に漏れず、新潟総鎮守の白山神社は随分お世話になりました。
初詣に七五三、お祭り縁日は楽しい思い出です。

今シーズンはコロナで小布施に行けなかったので、モンブランを見ると悔しささえあります。
そうか、コンビニに買いに走ればよいのかぁ(笑)

2020/11/18 (Wed) 15:02 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
白山ゆえの白山に驚いた。

白山神社って多いですよね(笑)。

白山と言うとそんな事しか思い浮かばず(笑)。

今回の記事は目から鱗・・・名前には意味がある、由緒がある。
山や土地の名は大切ですね。

>ああ、人間って感じること、考えることって結局同じなんだな

その通りだと思います。
自然への畏怖、真昼の太陽、夜の月、山・川・海。
それが神話となり、厳しさから神が生まれる。

で、もちろん。
モンブランが喰いたくなったぞぅ~(笑)。

2020/11/18 (Wed) 12:16 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
人間の感性!

列挙された世界の名峰が、白い山の意味だったこと初めて知りました。
仰るように、「ああ、人間って感じること、考えることって結局同じなんだな」と全く同感であります。(#^^#)

日本三霊山は、全部登ってますが、白山は、調べたら2008.7に縦走してました。もう所々しか思い出せませんが、花の名山でもある白山では、ハクサンコザクラはもとより、ササユリ、クロユリなど見てきたことが思い出されました。高山植物はハクサンと頭につくものが結構ありますが、きっと最初に見つけられたんですかね。

「布引の滝」。。ハハ、先日の続きの詳細アップどうするんだってハッパ掛けられたような。。。(^-^;

2020/11/18 (Wed) 11:42 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
白い山

おはようございます。

モンブラン..私は
栗が入っているものが
モンブランだと長年思っていました。

山になっていればモンブランなのだと
最近分かったのです。

近所のケーキ屋さん
真っ白なモンブランも人気ですが
私は生チョコのモンブランが好きなんです。

山の話ではなく
甘くて体にあまり良くない
ケーキの話だけをして
とんずらします。

( ̄ト ̄)ドロン

2020/11/18 (Wed) 09:39 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
白山の多さにビックリ!!

おはようございますさえきさま!

今回のテーマ白山。
新潟県にしかない山と思ってましたがどこにでもある山なのですね(笑)

白山を調べたら多いこと!!
白山って山の名前もなんだか迫力があって、私的には名前は好きでもありましたよー

ご支援もいつもありがとう御座います♪
白山の名前、由来も詳しく調べてみますね☆


2020/11/18 (Wed) 07:47 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply