FC2ブログ

短日の幻日に酔う ── その後はもちろん酒に酔う

12 Comments
さえき奎(けい)
短日の幻日 #1「短日の幻日 #1」  Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight
大楠の横に出現したショボくない右幻日。

短日の幻日 #2「短日の幻日 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight
光彩が最大の時。

 今日は朝から巻層雲や巻雲が出たり消えたりしていた。ということは、ソラ屋的には一応警戒態勢ということなので、15分おきにソラをチェックするんだけど、そうは問屋が卸さない(笑)。そいういえば、昨日もこんな感じだった。もしかしたら何か出るんじゃないかと、ワクワクしながらソラをチェックしているんだが、待てど暮らせど幻日はおろか22度ハロも出やしなかった(笑)。そんな感じなので、あまり期待はしないで一応チェックだけはしていたら、昼過ぎになってそこそこ美しい外接ハロが出た。わずか数分の出現だったが、直線状になった外接ハロの上部を撮影することが出来た。

 そして、陽が傾いて来た15時半過ぎには、ショボい右幻日が出現した。俺は一応ソラ屋さんなんで、習性としてどんなにショボい幻日でも出れば撮るんだよね(笑)。まあ、数カットだけ撮って仕事に戻ったんだけど、次にチェックした時には光彩が少し明るくなっていた。ショボいながらも、ずっと幻日が出ているってこと自体がすごいじゃないかと思っていたら、どんどん光彩がを明るさを増してけっこう立派な右幻日となった。思えば、昼過ぎの外接ハロといい、幻日といい、こんなにちゃんとソラ屋さんの仕事をしたのは本当に久しぶりなんだよね(笑)。当然のことながら、本来業務の方は残業するはめになっちまったんだけど、仕事上がりの酒が殊の外美味かった(笑)。今宵はそのうちの二葉をご紹介させていただくことにする。






並盛りと言ってもかなりの量がくるしきたりを受け入れてわれらは  (工藤吉生)




〈ラーメン〉と赤地に白く染められた決定的な幟はためく  (工藤吉生)




スープまで飲み干し思う破滅から地球を救い胴上げされたい  (工藤吉生)







出典:工藤吉生著 『世界で一番すばらしい俺』所収 (短歌研究社 令和2年/2020年刊)


 牛丼やラーメンの圧倒的誘惑攻撃に抵抗する手段が、もしあるなら是非是非教えてほしい。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 12

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: こんにちは

そふぃあさん、今晩は。いつもコメントありがとうございます。

> 真っ黒に写る樹が、幻想的な空をさらに印象付けますね。
> 空の色も秋を感じます。

そうなんですよ。肉眼ではそれほど感じないんですが、今頃の季節になると午後3時を
過ぎるとはっきり赤味を増して来ます。

> 素敵な瞬間が撮影できて何よりでした。
> きっとお酒も美味しかっただろうな。
> お疲れ様でした。

ありがとうございます。今年の関東地方は梅雨も秋雨も異常に長かったので、ソラ屋的
には散々でしたからすごくうれしかったです(笑)。

2020/10/29 (Thu) 19:18 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、今晩は。いつもご支援ありがとうございます。

> キャハハハ、
> ソラヤさんですもん。
> 残業は仕方ないですよねー^ ^

そうなんですよ(笑)。でも、この日程度ならまだましな方で、一日ほとんど仕事に
ならない日もあります。そんな時は「休日出勤」になります(笑)。

2020/10/29 (Thu) 19:12 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 風情漂うソラの写真

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> まさに黄昏のソラでありましたよ
> これから秋の空と夕くれは風情も感じられる空模様でもありますね。

日が傾いてからの幻日は赤味が強く出るので写真的にはイマイチなんですが、それは
それで魅力がありますね(笑)。

> 秋の夜、
> 日が傾いてちょうど夜になるくらいの風の匂いもまた、私は大好きでもありました☆

四季それぞれに風の匂いがありますね。私ならやっぱり春の宵の匂いですが(笑)。

> ご支援もありがとうございます
> 良い風景のソラでしたね。

ありがとうございます。

2020/10/29 (Thu) 19:04 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 夏の空もダイナミックですがこの時期の空も変化があって魅せられますね!

ありがとうございます。春夏秋冬、それぞれに魅力ある光景を楽しめるところが
ソラの素晴らしいところですね。

> 幻日の光彩が明るさを増して、見応えのあるものに変化していく様を自分も
> 見てみたいです。

幻日に限ったことではありませんが、あまりにもショボくて、これで撮影をやめよう
というところから「数年に一度」レベルの光彩になったということが何度もありました。
ですから完全に消えて、もう出ないというところまで見ていなければならないんです。
これがけっこう辛いんですね(笑)。

> 東京下落合の学生寮に居た頃、冬の寒い夜 環七沿いに"コタン"って札幌
> ラーメン店があってニンニク風味の味噌ラーメンが激ウマで、いまだアレ
> を超えるラーメンを食したことがないです。
> やっぱり ラーメンは最強ですよ。

同感です。人それぞれにイチオシの味と思い出があるところも最強ですね(笑)。

> 勿論 鴨南蛮蕎麦も無二の味で大好きですが・・

最強が二つあってもいいじゃないですか(笑)。

2020/10/29 (Thu) 18:59 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 国民食ラーメン!

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 羨ましい!
> 幻日が現実に!(すみません。毎度ワンパターンで¨¨(^-^;)しばらく見ていません。

いえいえ、私なんぞは同じセリフを何十回も使い回していますので(笑)。

> 昨日こちらは、朝8時位から雲に覆われて何も見えず、雑事に専念できて助かったのですが。。。(^-^;

そういう日も大事ですよ。私は、もし晴れているのにどうしてもチェックが出来ない
日は「何も出なかった」ことにしています(笑)。

> ラーメン、美味しければスープまできれいに飲み干すタイプです。
> これじゃ、みんな身になってしまうの当たり前ですね。(^-^;

あ、私もそうです。スープを遺すなんて、そんな罰当たりなことは出来ません(笑)。

> 職場近くのお気に入りのラーメン屋さんが、今閉まったままで残念です。

武漢肺炎の影響でやむなく廃業ラーメン店もあるでしょう。その中には地域の名店も
あるに違いありません。残念です。

> 亡夫がラーメン好きで良く付き合いましたので、オグリンさんが仰るようにどこで何ラーメン食べたとかノスタルジックにいろいろ想いだされます。

食の思い出は、多かれ少なかれ人との思い出なんでしょうが、ラーメンは特にそれが
ありますね。日本人のソウルフードだからなんだと思います。

2020/10/29 (Thu) 18:26 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ラーメンに勝てるヤツなどいない。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 都会に住んでいた頃、屋台のラーメンが来て娘たちとヨク食べました。
> やはり今頃の時期ですね、晩秋の夕暮れです。
> 今在住のド田舎では考えられないくらい気温差がありましたネ。

私も東京勤務時代は、一杯飲った後で贔屓の屋台でラーメンを食べて帰ったものです。

> あ~、あの屋台のラーメンが懐かしい。

味的には雰囲気半分みたいなところもあるんですが、実際にめちゃ美味い屋台もあって
行列が出来ていましたね。本当に懐かしいです。

> チャルメラの笛の過ぎ行く秋夕焼/小栗釣月

ありがとうございます。

> ラーメンには圧倒的なパワーと、誰といつ食べたかのノスタルジーもありますネ。

それなんですよ。ラーメンの思い出は、必ず人と時がセットになっています(笑)。

> ラーメンや見知らぬ町のかまいたち/田中正能
>
> 大盛の蜆ラーメンしぐれけり/赤坂とし子
>
> 喜多方ラーメンずずと啜れば北風ひゅう/高澤良一

こんなにラーメンの俳句があるんですね。

2020/10/29 (Thu) 17:59 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ  
こんにちは

真っ黒に写る樹が、幻想的な空をさらに印象付けますね。
空の色も秋を感じます。

素敵な瞬間が撮影できて何よりでした。
きっとお酒も美味しかっただろうな。
お疲れ様でした。

2020/10/29 (Thu) 15:04 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

キャハハハ、
ソラヤさんですもん。
残業は仕方ないですよねー^ ^

2020/10/29 (Thu) 13:49 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
風情漂うソラの写真

こんにちは!
まさに黄昏のソラでありましたよ
これから秋の空と夕くれは風情も感じられる空模様でもありますね。

秋の夜、
日が傾いてちょうど夜になるくらいの風の匂いもまた、私は大好きでもありました☆

ご支援もありがとうございます
良い風景のソラでしたね。



2020/10/29 (Thu) 13:28 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

さえき奎さん こんにちわ♪

夏の空もダイナミックですがこの時期の空も変化があって魅せられますね!

幻日の光彩が明るさを増して、見応えのあるものに変化していく様を自分も
見てみたいです。

東京下落合の学生寮に居た頃、冬の寒い夜 環七沿いに"コタン"って札幌
ラーメン店があってニンニク風味の味噌ラーメンが激ウマで、いまだアレ
を超えるラーメンを食したことがないです。
やっぱり ラーメンは最強ですよ。
勿論 鴨南蛮蕎麦も無二の味で大好きですが・・

2020/10/29 (Thu) 12:33 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
国民食ラーメン!

羨ましい!
幻日が現実に!(すみません。毎度ワンパターンで¨¨(^-^;)しばらく見ていません。
昨日こちらは、朝8時位から雲に覆われて何も見えず、雑事に専念できて助かったのですが。。。(^-^;

ラーメン、美味しければスープまできれいに飲み干すタイプです。
これじゃ、みんな身になってしまうの当たり前ですね。(^-^;

職場近くのお気に入りのラーメン屋さんが、今閉まったままで残念です。
亡夫がラーメン好きで良く付き合いましたので、オグリンさんが仰るようにどこで何ラーメン食べたとかノスタルジックにいろいろ想いだされます。

2020/10/29 (Thu) 09:08 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
ラーメンに勝てるヤツなどいない。

都会に住んでいた頃、屋台のラーメンが来て娘たちとヨク食べました。

やはり今頃の時期ですね、晩秋の夕暮れです。

今在住のド田舎では考えられないくらい気温差がありましたネ。

あ~、あの屋台のラーメンが懐かしい。


チャルメラの笛の過ぎ行く秋夕焼/小栗釣月


ラーメンには圧倒的なパワーと、誰といつ食べたかのノスタルジーもありますネ。


ラーメンや見知らぬ町のかまいたち/田中正能

大盛の蜆ラーメンしぐれけり/赤坂とし子

喜多方ラーメンずずと啜れば北風ひゅう/高澤良一

2020/10/29 (Thu) 01:18 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply