FC2ブログ

【再掲】 君の胸で野いちごをつぶしてみたかった ── 北海道のワイルド・ストロベリー

10 Comments
さえき奎(けい)
混沌と整然
「混沌と整然」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight)
左右に出現した幻日と上部タンジェントアークに崩れた飛行機雲とその影。こんな雲に出現する幻日は、出たり消えたり忙しく、片時も目が離せない。

 昨年の初夏、この記事を書いたことがアースキン・コールドウェルの『苺の季節』を訳してみようというきっかけになった。「木いちご」を知っている人は多いと思うが、草本の野生の苺である「野いちご」を知っている人は意外に少ないんじゃないだろうか。

「野いちご」

赤い実 かわいい実を
野原で 見つけたよ
野いちご 野いちごだよ
みんなで 取ろうよ

小鳥も 鳴いてるから
摘み摘み 遊ぼうよ
野いちご 野いちごだよ
おいしい 実だよ

出典:「野いちご」(フィンランド民謡 訳詩:清水たみ子)
 野いちごを食べたことのある人はいるだろうか? 実は、この「野いちご」という概念が大変曖昧だ。いちごには大きく分けて草本(そうほん)のいちごと木本(もくほん)のいちごの二種類がある。どちらもバラ科の植物であることは共通しているのだが、日本ではこれらが無意識のうちに混同して使われているからだ。前者は店で買うことができる栽培品種のオランダイチゴ属の仲間だ(最近だと「とちおとめ」「あまおう」「とよなか」などの品種が有名)。一方キイチゴ属である木本の方の木いちごは、野生種では橙色の実をつける「モミジイチゴ」や赤い実の「エビガライチゴ」「クマイチゴ」「ナワシロイチゴ」などがあり、木本のくせに「クサイチゴ」なんて紛らわしい名の木いちごも赤い実だ。さらには黒い実の「クロイチゴ」(ブラックベリーとは別種)などというのもあって種類も豊富だが、草本のいちごと違って我が国ではあまり営利栽培されていない。欧米ではどちらも盛んに栽培されており、前者をストロベリー(Strawberry)、後者をラズベリー(Raspberry)と呼んで明確に区別している。ちなみに冒頭のフィンランド民謡「野いちご」は、この訳詞からではどちらなのか判然としない。原語を調べてみようと思ってもフィンランド語はわからないが、どちらかというと木いちごっぽい感じはする・・・。
 この記事においては、ストロベリーの方を野いちごラズベリーの方は木いちごと呼ぶことにする。今日俺が話したいのは野生のストロベリーの方だ(木いちごも負けずに美味いのだが、また別の機会に紹介させてもらうこととしたい)。子供の頃、野いちごも木いちごも、初夏から夏にかけての子供たちのうれしいおやつだったが、特に野いちごは側に寄るだけでいい匂いがするし、食べるととてもやわらかく甘いので人気があった。実が小さいというだけで、店で売っているいちごと何もかわらない味だったから、日当たりのよいの斜面を友人たちと競って探したものだ。俺はずっとこの野いちごは「シロバナノヘビイチゴ」だと思っていたが、大人になってよく調べてみると「シロバナノヘビイチゴ」は北限が宮城県あたりで北海道には自生していないことがわかった。もう一種「ノウゴウイチゴ」というのもあるのだが、これは高山から亜高山帯にのみ生育しており、しかも花弁が7~8枚あるので明らかに違う。しかし、どの植物図鑑を見ても我が国に自生する野生のオランダイチゴ属はこの二種だけだと書いてある。
 では俺が盛んに食いまくっていた、あの明らかにオランダイチゴ属の野生のイチゴは何だったのか。実はそれがシロバナノヘビイチゴの近縁種である「エゾヘビイチゴ」「エゾクサイチゴ」だったという訳だ。実は、両種ともヨーロッパ原産の帰化植物なんだよね(道理で図鑑に載ってないはずだ)。これが北海道では至る所に自生しており、子供たちの貴重なおやつとなっていたんだ。最近はエキノコックス症の感染が怖いのでおいそれと食うわけにはいかないだろうが、今の子供が食べても普通に美味いと感じるはずだ。

エゾヘビイチゴ(花)エゾヘビイチゴ(果実)#1エゾヘビイチゴ(果実)#2「エゾヘビイチゴ(バラ科オランダイチゴ属)の花と果実」
出典(画像左):WikimediaImages 氏撮影によるこの画像は Pixabay から提供されています。
出典(画像中):Angelina Ho. 氏撮影によるこの画像は Pixabay から提供されています。
出典(画像右):Wieslaw Zieba 氏撮影によるこの画像は Pixabay から提供されています。

 ところで「ヘビイチゴ」なんて名前がついているとあの黄色い花を咲かせる「ヘビイチゴ」を思い出す人もいると思う。しかし、あれはバラ科ではあるが「キジムシロ属」の植物で野いちごの仲間ではない。ついでに触れておくと、「ヘビイチゴ」を毒だと思っている人も多いと思うが、実はこれが大変な誤解で毒はまったくない。小学生の頃、友人と毒かどうかで論争になり、無毒であることを知っていた俺はその友人の目の前で食ってみせたことがある。そいつは、俺が死ぬんではないかと顔面蒼白になって謝っていたが実に痛快だった(笑)。ただし毒ではないが、スポンジでも食っているような食感で決して美味いものではないからおすすめはしない(笑)。

ヘビイチゴ(花)ヘビイチゴ(果実)「ヘビイチゴ(バラ科キジムシロ属)の花と果実」
出典(画像左):サトチ 氏撮影によるこの画像は 写真AC から提供されています。
出展(画像右):泉ちゃん 氏撮影によるこの画像は 写真AC から提供されています。

 いろんなサイトに当たってみると「野いちご」と「木いちご」はもちろんのこと「ヘビイチゴ」と「シロバナノへビイチゴ」なども、読んでいてイラッとするくらいあっけらかんと混同されたり誤称されたりしている(笑)。大体が、このネーミングからにしておかしいんだよ。黄色い花のヘビイチゴを基準にするから「シロバナノヘビイチゴ」などと失礼極まりない名前にされてしまうんだよね。そもそも、別属の植物なんし、ヤマブドウなんてのがあるくらいなんだから「ヤマイチゴ」とか「ノハライチゴ」とかいくらでも他にネーミングしようがあったんじゃないのかな・・・。

 いちごと言えばこんな話を思い出す。『タバコ・ロード』などの名作で知られるアメリカの作家アースキン・コールドウェルの短篇小説『苺の季節』の一節だ。以下にその要約を書いてみたいと思う。


アメリカのとある地方で、苺摘みの季節に収穫を手伝っている少年少女たちがいた(今風に言えば苺摘みのバイトだろうか)。その最中に少年たちは女の子にいろいろな悪戯をして楽しんでいたのだが、中でも「苺つぶし」という、収穫のためしゃがみ込んでいる女の子の服の中に苺を放り込み、それを思い切りつぶすという悪さが流行っていた。少年には秘かに恋心を抱いている少女がいた。彼はその少女の背後にそっと忍び寄ると特大の苺を放り込んだ。彼女が驚いていちごを取り除こうとするので、少年はあわててそれを思い切り叩いた。彼女の白いブラウスに赤い苺の染みが広がり、いつもなら互いに笑ってそれでおしまいとなる他愛のない悪戯のはずだった。しかし、彼女は胸を押さえてうずくまると、涙目で少年を見つめ「ここはぶっちゃだめ。痛いんだから」と言った。少年はそこで初めて自分が誤って彼女の胸を叩いてしまったのだと気がつく。


 このシーンを読んでいる時、彼女に負けないくらい俺の胸もきゅんとしたんだよ。そして、しーちゃんを野いちご狩りに誘って、これをやってみたいなあと思っていたんだ。もちろんあの少年のような無作法なやり方じゃなく、そっとやさしくつぶすんだけどね。今さらだけど、何が何でもこのシチュエーションを設定して実行すべきだったと心から後悔しているんだ。たとえ俺の頬に赤いモミジの形をした模様が浮かび上がろうと、野いちごにだって負けないくらい香り高く甘酸っぱくて切ない最高の想い出になっただろうな。しーちゃんの胸には赤いいちごの染み、俺の頬には赤いモミジの模様。素晴らしいアンサンブルだと思わないか? 嗚呼、絶対にこっちにすべきだった。・・・。

  アースキン・コールドウェルの『苺の季節』を訳してみる [Part 1]   


  アースキン・コールドウェルの『苺の季節』を訳してみる [Part 2]   



にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 10

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> ヘビイチゴ これをヘビが好んで食べることから名付けられたとの話を
> 聞いて、そのイメージがいつしか自然に自分の中でも擦り込まれて、こ
> れは食べられないとばかり思ってました。

食べても毒ではないというだけで、決して美味くはありませんので(笑)。ただ
記事にも書きましたが、シロバナノヘビイチゴはオランダイチゴの仲間ですので
とても美味いです。

> 野イチゴっていうと、艶のある赤い小さな実が数個集まった あの甘い
> 実を思い浮かべるんですが、あれもストロベリーの仲間だとするといく
> つか種類があるんでしょうね。

「艶のある赤い小さな実が数個集まった」というのは木いちごの方だと思い
ます。ストロベリーではなくラズベリーの仲間ですね。こちらの方が種類が多く、
代表的なものだけでも10種類くらいあるんじゃないでしょうか。

2020/10/22 (Thu) 17:56 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

こんばんわ♪

ヘビイチゴ これをヘビが好んで食べることから名付けられたとの話を
聞いて、そのイメージがいつしか自然に自分の中でも擦り込まれて、こ
れは食べられないとばかり思ってました。

野イチゴっていうと、艶のある赤い小さな実が数個集まった あの甘い
実を思い浮かべるんですが、あれもストロベリーの仲間だとするといく
つか種類があるんでしょうね。

2020/10/21 (Wed) 23:50 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 野いちご..

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 子どもの頃、山を駆け巡ると
> 野いちごがあちこちにありました🍓

道産子ならお馴染みの野生の果実ですよね。

> 手で摘んで、口に入れる前に
> 中を割って覗くと..(癶;:゚;益;゚;)🍓
> 真ん中に白くてコロンと縮こまったムシ..

木いちごはけっこう虫がついているので、丹念にチェックしたんですが、野いちごは
外観を見れば大体わかりますので、そこまでやりませんでした。でも、気がつかずに
一緒に食べてしまっていたかも知れません(笑)。

> ฅฅ°́Д°̀))ギャァァァとなりました。

おふくろの実家にでっかい李の木がありまして、その実には3個に1個の割合で虫さんが
いましたね(笑)。でもまあ、愛嬌ですよ(笑)。苺や李を食べているんですから毒で
ないことだけは確かです(笑)。

> でも香りはとても良くて
> 食べなくても口の中が酸っぱくなるんですよね。

そうなんです。でも、そこで食べなきゃあかんですって(笑)。食べればちゃんと甘いん
ですから(笑)。

> ワテの胸で..うわ~!寄せても届かん。

自分でつぶしてどうするんですか(笑)?

2020/10/21 (Wed) 18:52 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 苺一会!(*^^*)

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> ほんとにこれは片時も目が離せない場面でしたね。
> 静止画像見てるだけでも、こちらまで臨場感が伝わってきました。(*^^*)

何の因果か、今年はこんな光景にはとんと巡り会えていないです(笑)。

> 今年は、木苺が当たり年だったのか、林道でたくさん目に触れましたし、少しばかり頂きもしました。(*^^*)

そういえば、野門沢へ向かう林道沿いにはクロイチゴが沢山実をつけていました。

> 何気に木苺と呼んでいたものは、調べてみると「ニガイチゴ」のようでした。
> 見かけによらず、神経質?なので、子供の頃から馴染みのある、しかも美味しいモミジイチゴしか今まで食べたことがありませんでしたが、初のニガイチゴもまぁまぁ美味しかったです。(*^^*)

ニガイチゴは種に苦みがあるんですが、あの程度なら全然気にならないので普通に
食べていました(笑)。ナワシロイチゴなんかよりはずっと甘くて美味しいです。

> 思春期の男の子は、いろいろ高ぶるものがあるんですね。(((^_^;)

そりゃあもう、欲望と妄想が服を着て歩いているようなものですから(笑)。

2020/10/21 (Wed) 18:32 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ヘビイチゴ

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> いちごの記事、拝見しましたよ
> 野いちごは新潟の一分地域ではヘビいちごとも言われております。
> もちろん私もヘビいちごとも言ってましたね

新潟県に自生していて、食べられるのは「シロバナノヘビイチゴ」ですね。もちろん
黄色い花の「ヘビイチゴ」もあると思いますが(笑)。

> 嘘かホントか、ヘビがこのいちごを好んで食べるとかいうので「ヘビイチゴ」って名前がついたとか(笑)

他に「蛇が出そうなところに生えているから」とか「この実を食べに来る小動物を蛇が
狙うから」などという説もあるみたいです(笑)。

> ご支援もいつもありがとうございます♪
> イチゴが食べたくなりましたww

たまにはビタミンCの補給も大事だと思いますよ(笑)。

2020/10/21 (Wed) 18:20 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 苺は野菜か?果物か?論争?

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 日本らしいが、苺は野菜らしい、ただし、出荷時は果実扱いとなんと曖昧。
> 草(地面)にできる実が野菜で、樹(地上)にできる実が果物と言う分類らしい。

苗を植えて1年で収穫する草本植物は「野菜」、2年以上栽培する草本及び木本植物で、
果実を食用とするものを「果樹」と定義しているらしいですね(笑)。

> と、言う事は、普通の苺は野菜で、木苺類が果物となるのか???
> なんともオカシイ話だけど・・・。

同じバラ科の果物なのに、そういうおかしなことになりますね(笑)。その上生産出荷
統計上では、野菜とされるもののうち果実的な利用をするものを「果実的野菜」と細分類
するそうですから、もう訳がわかりません(笑)。そもそも草本と木本の区別だって曖昧
なのに(笑)。

> 北海道の多様性は目を見張るばかり、今後温暖化が進めばさらに多様性がススムかと思われる。
> それが、幸か不幸か・・・。

今動植物の分布の北限がどんどん北上して来ていますからね。半世紀後にはどうなって
いることやら・・・。

> あ~、私も苺をツブセバヨカッタ、あのイチゴ狩りの日に。

逡巡と後悔の連続の青春時代でした(笑)。

> >俺の頬には赤いモミジの模様。
>
> それは、リアルで何度となくアル(笑)。

少なくとも逡巡の青春ではなかったということですね(笑)。

2020/10/21 (Wed) 18:14 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
野いちご..

子どもの頃、山を駆け巡ると
野いちごがあちこちにありました🍓

手で摘んで、口に入れる前に
中を割って覗くと..(癶;:゚;益;゚;)🍓
真ん中に白くてコロンと縮こまったムシ..

ฅฅ°́Д°̀))ギャァァァとなりました。

でも香りはとても良くて
食べなくても口の中が酸っぱくなるんですよね。

ワテの胸で..うわ~!寄せても届かん。

2020/10/21 (Wed) 15:08 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
苺一会!(*^^*)

ほんとにこれは片時も目が離せない場面でしたね。
静止画像見てるだけでも、こちらまで臨場感が伝わってきました。(*^^*)

今年は、木苺が当たり年だったのか、林道でたくさん目に触れましたし、少しばかり頂きもしました。(*^^*)
何気に木苺と呼んでいたものは、調べてみると「ニガイチゴ」のようでした。
見かけによらず、神経質?なので、子供の頃から馴染みのある、しかも美味しいモミジイチゴしか今まで食べたことがありませんでしたが、初のニガイチゴもまぁまぁ美味しかったです。(*^^*)

思春期の男の子は、いろいろ高ぶるものがあるんですね。(((^_^;)

2020/10/21 (Wed) 09:11 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
ヘビイチゴ

おはようございますさえき様。

いちごの記事、拝見しましたよ
野いちごは新潟の一分地域ではヘビいちごとも言われております。
もちろん私もヘビいちごとも言ってましたね

嘘かホントか、ヘビがこのいちごを好んで食べるとかいうので「ヘビイチゴ」って名前がついたとか(笑)

ご支援もいつもありがとうございます♪
イチゴが食べたくなりましたww


2020/10/21 (Wed) 07:37 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
苺は野菜か?果物か?論争?

日本らしいが、苺は野菜らしい、ただし、出荷時は果実扱いとなんと曖昧。

草(地面)にできる実が野菜で、樹(地上)にできる実が果物と言う分類らしい。

と、言う事は、普通の苺は野菜で、木苺類が果物となるのか???

なんともオカシイ話だけど・・・。

北海道の多様性は目を見張るばかり、今後温暖化が進めばさらに多様性がススムかと思われる。

それが、幸か不幸か・・・。


あ~、私も苺をツブセバヨカッタ、あのイチゴ狩りの日に。

>俺の頬には赤いモミジの模様。

それは、リアルで何度となくアル(笑)。

2020/10/21 (Wed) 00:55 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply