FC2ブログ

夜の帳(とばり)は下りてこない、上がってくるのだ ── 地球影の神秘

6 Comments
さえき奎
遥かなる影 ── 地球影の神秘「遥かなる影 ── 地球影の神秘」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight
日の出直後のソラは大気光学現象出現のチャンスだ。明け方に目が覚めると、まずソラを確認するのが習慣になってしまっている。冬ともなると夜明け前後の冷気はさすがに厳しく「どうか何も出ていませんように・・・」などと祈りながらソラを見上げたりする。そんなある朝、まだ陽も出ておらずソラのチェックにはまだ早かったのだが、何気なく見上げた西の空低く沈み行く十六夜の月の下にくっきりと地球影とビーナスの帯が見えた。眠気も寒さも二日酔いの頭も何のその、すぐさまカメラを抱えて外へ飛び出した。

 よく「夜の帳(とばり)が下りて来る」なんてことを言ったり書いたりしますよね。暗くなった空が帳(とばり・舞台の緞帳)のように地上に降りてきて夜となる・・・詩的で洒落た言い回しだなあと思います。思いますが、実は夜の帳は下りて来ないんです。上がって来るんです(科学的・学術的な定義ではありません。あくまでも私個人の印象としての表現であることをお断りしておきます)。
 「地球影(ちきゅうえい)」という言葉を聞いたことがありますか。それは文字どおり「地球の影」なんですが、よく晴れて空気の澄んだ日の夕方の西の空や明け方の東の空の地平線近くが青く、その上の方がピンク色のグラデーションになっているのを観ることができます。この青い部分が宇宙空間に伸びている「地球の影」(の一部)なんですが、はるか向こうの夜空が見えている状態と言うことも出来ます。夕方の場合、その青い部分が次第に上がって来て最後には空全体が暗くなって夜空となります。明け方の場合はその逆で、地球影が次第に地平線下に沈んで行って空全体が明るくなって朝の空となります。地球影と空の間のピンク色の部分は「ビーナスの帯」「ビーナスベルト」(Vinus Belt)などと呼ばれていますが、その名に相応しい美しい色合いをしています(ここをクリックして「地球影が見える仕組み」の説明図へ行く)
 日本では晴天が多く空気の澄んでいる冬の早朝や夕方に観られることが多いのですが、運がよければそれ以外の季節でも観ることができます。慣れてくれば発見するのはそれほど難しくはありませんが、東西の地平線近くまで視界が開けていなければ見えないのは仕方ないですね。都会でもマンションの高層階にお住まいの方でしたら大いにチャンスがあります。一度ご覧いただければ「地球の影」を現実に眺めているという神秘の感に打たれることと思います。
 上掲の写真は2016年11月16日の明け方の西の空です。地球影やビーナスの帯はこの後あっという間に地平線下に沈んで行きました。地球影の青とビーナスの帯のピンク(西の空ですから朝焼けではありません)をご確認いただけると思います。中央やや右寄りに見える月は、スーパームーンの翌日(もう日付が変わっているので正確には翌々日になりますが)の十六夜月です。

遥かなる影(図説)夕方であれば地球影とビーナスの帯は次第に上へ上がって来てソラは夜の闇に包まれる。これは明け方に撮影したものなので、逆に地平線下に沈んで行って朝の明るいソラが残る。(本図は説明用です。詳細は上掲の写真をご参照ください)

地球影の見える仕組み

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑ 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。面白かった方はポチッと、つまらなかった方はプチッと押していただければ励みになります。
 黒ゆとりさんから「どうして夕焼けや朝焼けはグラデーションになるんでしょうか?青い光が届きにくいなら、空全体の色が均一に変わるような気がするんですが……」と「地球の影についても初めて知りました。ならなんでいつも見えないのか、それも不思議です」という質問を頂戴しました。 まず最初の「夕焼けや朝焼けはなぜグラデーションになるのか」について図を作成してみましたのでご参照ください。

夕焼けはなぜグラデーションになるのか?
なぜ夕焼けはグラデーションになるのか?
この図は「夕焼けや朝焼けがなぜグラデーションになるのか」という説明用です。「地球影」に関するものではありませんのでご了承ください。「地球影」の説明図は記事本文の最下段に置いてあります。
 次に「地球影はなぜいつも見えないのか」ですが、地球影自体はいつでも存在しています((ここをクリックして「地球影が見える仕組み」の説明図へ行く)。ただ微妙な色合いですし地平線近くにしか現れませんから、見えないのは、本来なら見えるはずの方向(夕方なら東、明け方なら西)に雲があったり空が霞んでいたりといった地球側の対流圏(大気圏中の雲が発生したり雨が降ったりする層で地表から約11kmの高さまでの範囲を言います)の事情によります。夕焼けだって西の方が曇っていれば見えませんし、晴れていたとしても必ずしもきれいには見えませんよね。それと同じことです。
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎
Posted byさえき奎

Comments 6

There are no comments yet.
さえき奎
さえき奎  
よかったです

黒ゆとりさん

> が、画像が分かりやすいです!
> そうか、そういうことだったんですね。
> すごい、ありがとうございます!

あの拙い絵でおわかりいただけたようで何よりです。こちらこそありがとうございました。

> こう……科学的なものの考え方ができたら色んなことが楽しいんだろうなと思いました。

そうですね。道端の草花の名前、街路樹の名前なんかでも知っているのと知らないのでは人生の楽しみの幅がまるで違ってきます。

> そう言えば夕焼けの時って西の空しか気にしたことないです。

よく晴れて空気が澄んだ日には、たまに「地球影」のことを思い出してやってください。夕方なら日没直後の東の空、明け方なら日の出直前の西の空に出ます。また「なぜ夕焼けはグラデーションになるのか?」の説明図を作ったついでに「地球影の見える仕組み」の図も作ってみました。よろしければご参照ください。

2019/06/10 (Mon) 17:08 | EDIT | REPLY |   
黒ゆとり  

が、画像が分かりやすいです!
そうか、そういうことだったんですね。
すごい、ありがとうございます!
こう……科学的なものの考え方ができたら色んなことが楽しいんだろうなと思いました。
そう言えば夕焼けの時って西の空しか気にしたことないです。

2019/06/10 (Mon) 00:32 | EDIT | REPLY |   
さえき奎
さえき奎  
Re: 良いお写真でナイスショット !

がちょーさん、こんばんは。

> 明るいころの星や惑星、そして衛星って地球に写るのは大好でありましたよ★
> それがグランデ―ションてもあり、良い眺めでもありました!
> 良いお写真でもありましたよ^^

ありがとうございます。最近は子供がこういうことに関心を抱いているのに芽を摘んでしまう大人が多いですね(親も教師も)。
地球影は夕方はともかく冬の明け方などはけっこうつらいんですが、このような条件で見えていれば即撮りに行ってしまいます。もうほとんどビョーキです(笑)。

2019/06/09 (Sun) 21:34 | EDIT | REPLY |   
さえき奎
さえき奎  
それはですね

> 今疑問に思ったんですが、どうして夕焼けや朝焼けはグラデーションになるんでしょうか?
> 青い光が届きにくいなら、空全体の色が均一に変わるような気がするんですが……。

朝夕は青い光が届きにくい(太陽光の青い成分が散乱されやすい)ということをご存じでしたら話は早いです。
朝夕は太陽が観察者から見てほとんど正面方向から来ますよね。ということは低いところを通ってくる光ほど大気中の長い距離を通過してくるということです。光の青い成分が散乱されるのは大気中のチリなどによるわけですから、長く通ってくる光ほど赤く見えます。言葉ではなかなかわかりにくいと思いますので図を作りましたのでご参照願います(二日酔いがだいぶ直ってきたので(笑))。上の方と下の方では通過して来る距離が違うことがおわかりいただけると思います。故に下から上へ赤~橙~青とグラデーションになります。探せばもっとわかりやすい図もあるかと思いますが、許諾を得るのに時間がかかるので下手な絵ですがご容赦ください。また昼間の太陽光は上から来ますので、大気中を通って来る距離は短くどこでもそれほど変わりません。
説明画像は追記に入れましたので、もし表示されていなければ記事最下段の「続きを読む(→)」ボタンを押してください。

> ならなんでいつも見えないのか、それも不思議です。

地球影自体はいつでも存在しています。ただ微妙な色合いですし地平線近くにしか現れませんから、見えないのは雲があったり空が霞んでいたりといった地球側の対流圏(大気圏中の雲が発生したり雨が降ったりする層で地表から約11kmの高さまでの範囲を言います)の都合によります。夕焼けだって曇っていれば見えませんし、晴れていたとしても必ずしもきれいには見えませんよね。それと同じことです。拙い説明ですがおわかりいただけましたでしょうか。OKであれば「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただけるとうれしいです(笑)。よろしくご協力をお願いいたしますv-421

2019/06/09 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
良いお写真でナイスショット !

明るいころの星や惑星、そして衛星って地球に写るのは大好でありましたよ★
それがグランデ―ションてもあり、良い眺めでもありました!
良いお写真でもありましたよ^^

2019/06/09 (Sun) 21:26 | EDIT | REPLY |   
黒ゆとり  

今疑問に思ったんですが、どうして夕焼けや朝焼けはグラデーションになるんでしょうか?
青い光が届きにくいなら、空全体の色が均一に変わるような気がするんですが……。
地球の影についても初めて知りました。
ならなんでいつも見えないのか、それも不思議です。

2019/06/09 (Sun) 19:46 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply