FC2ブログ

続・白頭巾ちゃん気をつけて

18 Comments
さえき奎(けい)
続・白頭巾ちゃん気をつけて「続・白頭巾ちゃん気をつけて」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
頭巾雲が二重になっているのがおわかりいただけるだろうか。

 9月に入って残暑が厳しかったのは二、三日だけで、一気に秋冷が押し寄せて来た。暑さが戻るかと期待していたが、どうやらそれもなさそうだ。既にツクツクボウシもアブラゼミも沈黙して久しい。俺にとって9月はあくまでも「残夏」であって、10月は「ポスト残夏」、11月は「プレ初冬」なんだよね(笑)。つまり、俺の人生に於いて、四季の告別式とでもいうべき忌まわしき秋は永遠に存在しないってことだ(笑)。
 そういうことで、いつものように夕方から飲っているんだけど、どうにも酔えないんだよね。ラムハイからバーボンハイ、モヒートもどきととっかえひっかえ飲ってみるんだけどイマイチほろ苦い。しゃーないので、ほろ苦ついでに夕餉は冷凍しておいた特大サンマ(一尾ン百円もした)の塩焼きにすることにした。さてさて、苦さを以て苦さを制することが出来るかどうか(笑)。
 トップ画像は8月のある日の午後、積雲の雲頂に頭巾雲が見えたので数カット撮ったうちの一葉だ。RAWデータをPCに落としてみて初めて気が付いたんだが、何と頭巾雲が二重になっているんだよね。湿度が異なる空気層が存在していたんじゃないかとか、積雲の発達する速度が急激に変化したんじゃないかなどといろいろ考えてみたんだけど、ちょっと今の酩酊状態では解明は無理っぽいので諦めた(笑)。






並びゐて聞きし潮の音わくやうな群青いろの布を裁ちゆく




裁断終へたるこころゆるびにつまづきて眼裏まなうらの沼の水は傾く







出典:小澤一惠著 『野火』所収 (平成2年/1998年 不識書院刊)


 「潮の音わくやうな」というのであるからには「群青いろの布」はもちろん海に見立てているのだと思うが、もしかしたらソラのことを詠んだのではないかと俺は感じている。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 18

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 今回もまた魅力溢れる空のショットですね!
> ほんとに、積雲の雲頂に頭巾雲が二重になって見えますね。これは凄いです。

ありがとうございます。積雲や積乱雲が出たら必ず頭巾雲やベール雲を探してみるの
ですが、二重になっているのは初めて見ました。

> こちらも、少し前まで暑い日が続いてたのが嘘のように急に気温が下がり、
> 今日、買い出しの帰りにいつも通る橋のたもとの温度計が19度を示してい
> ました。月曜日、いったん暑さが戻るとの予報もありましたがこのまま秋へ
> シフトしていきそうな気配です。

こちらも今日は雨模様で、最高気温も25度を下回っています。我が家の庭の山茶花も
早咲きしましたし、一気に秋の気配が色濃くなりました。

> 今日は炒め野菜の卵閉じをアテに、芋ハイでやりましたがきのうと同じでス~
> っと入って心地よい酔い感がいまいち味わえませんでした。 明日はラムハイ
> でいってみようと企んでます。

あ、ス~っと入るのはイマイチなんですね(笑)。勘違いしていました(笑)。
ガツンと来る、あるいはズシッと来る方がいいんでしょうか?

2020/09/19 (Sat) 17:02 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

さえき奎(けい)さん こんばんわ♪

今回もまた魅力溢れる空のショットですね!
ほんとに、積雲の雲頂に頭巾雲が二重になって見えますね。これは凄いです。

こちらも、少し前まで暑い日が続いてたのが嘘のように急に気温が下がり、
今日、買い出しの帰りにいつも通る橋のたもとの温度計が19度を示してい
ました。月曜日、いったん暑さが戻るとの予報もありましたがこのまま秋へ
シフトしていきそうな気配です。

今日は炒め野菜の卵閉じをアテに、芋ハイでやりましたがきのうと同じでス~
っと入って心地よい酔い感がいまいち味わえませんでした。 明日はラムハイ
でいってみようと企んでます。

2020/09/18 (Fri) 22:24 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: No title

godminaさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 重そうな雲ですね(笑)
> 今にもどど~んと地上に落ちて来そうな。

積雲や積乱雲は、垂直方向に発達する雲ですからドシッとしています。

> 私はセンスも感性もなく、おまけに機械音痴で
> 説明書を読まないタイプなので(苦笑)
> 一生良い写真を撮ったりは出来ないだろうけれど
> こうして奎さんのブログで自然の驚異や不思議を
> 見させて頂いているから有難いです。

私もあまり説明書の類はあまり読まないタイプなんですが、自分の経験からすると
たいてい何とかなるものですよ(笑)。

> 自分では到底撮れないだろうし、機材ないし(笑)
> 本当に素敵な作品を見させて頂いています。
> ありがとうございます。

こちらこそ、拙い写真にありがたいお言葉です。大変励みになります。ありがとう
ございます。

> 「潮の音わくやうな」「群青いろの布」を
> 奎さんは空を切り取ったと感じておられましたね。
> 私はストレートに「潮」あったので「海」を切り取ったと
> 感じました。

はい。もちろんこれは布を海見立てて詠んだ歌に違いありません。そこから深読み
してもしかしたら「ソラの例えでは」と妄想してしまうところが、ソラおたくの
どうしようもない性なんです(笑)。

> 「並びゐて」ともあるので、私は相手が心寄せる人だと
> 思ったりして。

ここは、母と子、夫婦などいろいろ解釈出来ますね。

2020/09/18 (Fri) 19:48 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 頭巾雲のダイナミックな大きさ

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 頭巾雲を見事に撮影されましたね!

ありがとうございます。たまたま見つけ等他のは、大変ラッキーでした。

> 夏と秋の境目の今の季節、丁度雲の変化も始まった感じにも見えましたよ
> これからは秋空の黄昏時の雲の撮影も良いのかも。

そうですね。秋は大嫌いですが、自分のそんな感情表現としてはいいかも知れません。

> ご支援もいつもありがとうございます♪

こちらこそ、ありがとうございます。

2020/09/18 (Fri) 19:38 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 奎さんへ

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> ほんとだ!白い頭巾!

白頭巾に見えるでしょう(笑)? この雲が、もう少し大きくなると「ベール雲」と
名前を変えます。

> 鞍馬天狗は黒い頭巾
> 白い頭巾は・・・弁慶か尼さんか..

花嫁の角隠しも白ですね。積雲の発達が早いと、頭巾雲を突き抜けて角隠しのような
形になることがあります。

> 大きな秋刀魚を焼いて食べたのですね?

はい。サンマも不漁続きで今や稀少な魚、いつ食べられなくなるかわからないので
特大が売っていたら必ず買うようにしています(笑)。

> 奎さんは内臓も食べる方ですか?

もちろんです。ただ、一部の通ぶった人がやるような、はらわたをせっかくの美味しい
身に塗ったくって、ぐちゃぐちゃにして食するような真似はしません(笑)。身は身、
はらわたははらはたで美味しくいただきます。

> もしや..骨も?まさか頭も?

さすがの釧路っ子でもそこまでは(笑)。ただ、缶詰のサンマは骨まで食べます(笑)。

2020/09/18 (Fri) 19:35 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 何気なく見ている雲ですが

くうみんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

>  頭巾雲が二重になるって、そんなに微妙な条件が必要なんですね。私が見ても、普通に雲、となってしまいますが。

記事に書いた成因は、ど素人の私の勝手な想像ですから信じないでください(笑)。
でも、普通は二重にはならないので、ソラおたく的には本当に不思議なんです。

>  新サンマを食べたなんて贅沢ですわね。もうちょっと待てば、安くなるかな?

今年は、というより最近はサンマの不漁が当たり前のようになってしまいました。
特大サンマは買いたくてもなかなか店頭に並びませんので、見つけたら買うように
しています。サンマが、おいそれとは口に入らなくなる時代がやって来そうな予感が
していますので(笑)。

2020/09/18 (Fri) 19:23 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: こんにちはー♪

美香さん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> >俺にとって9月はあくまでも「残夏」であって、10月は「ポスト残夏」、11月は「プレ初冬」なんだよね(笑)。つまり、俺の人生に於いて、四季の告別式とでもいうべき忌まわしき秋は永遠に存在しないってことだ(笑)。
>
> どうしても、さえきさんにとって秋は季節から排除なのですね(笑)

はい。これは私が子供の頃からの揺るぎない信念なんです(笑)。

> 秋、冬、春、梅雨、長梅雨、ちょっとだけ夏、という私の好きな季節の順番みたい( *´艸`)

もし世界がこんな季節だったら死んだ方がマシです(笑)。

> 群青色の布…私は水平線の海と空が交わるとこを縫い合わせる想像しました♪

ああ、いいですね。素晴らしい感性だと思います。

2020/09/18 (Fri) 19:16 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 特大サンマ良いですねーーー!

清水の舞台から飛び降りる覚悟で2尾買ったうちの残りの1尾です(笑)。

> スーパーでも、生サンマ出てきたけど、
> ほんと高い^ ^

高いですね。今年は不漁というよりも、近年それがデフォルトになって来ましたね。
もはや高級魚の仲間入りをしそうな感じです(笑)。

> サンマは一匹100円なものと決めてるんで、
> なかなか手を出せません。
> でもさ、今年はそんな事言ってると食いっぱぐれそうなんで、良いサンマあったら買っちゃおうかな^ ^

そうなんです。特大は買いたくてもなかなか店頭に並びませんので、見つけたら年に
一度だけは買うようにしています(笑)。

2020/09/18 (Fri) 18:57 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 白頭巾ちゃんの思惑は?

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> ほんとに二重にかぶってますね。(*^^*)

数多くの頭巾雲やベール雲を見て来ましたが、二重になっているのを見た記憶はない
ですね。

> それにこのカット、漫画チックでメチャ面白です。スミマセン!

マッチョな海坊主か何かに見えましたか(笑)?

> 四季の告別式にこれからしっかり参列して、人生の悲哀と錦秋の舞台五感で感じて参ります。(((^_^;)

私は弔電だけで失礼させていただきます(笑)。

> 「群青いろの布」。。確かにソラの感じがしますね。
> 広大無辺な空を眺めていると、まるで大海原のように感じる事もありますし、潮の音わくような感覚わかりますね。。。(*^^*)

もちろんこの歌は、布を海に準えていることは間違いないんですが、ソラ屋の私は
更に深読みしてソラを詠んでいるのではと妄想しました(笑)。

2020/09/18 (Fri) 18:51 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 面白いですよね。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> >群青いろの布
>
> 空と思う人。
> 私は海だと思う。

はい。「潮の音わくやうな」とありますので、これはもう紛れもない海だと思います。

> 空と海とでは味わい方が変わってくる。
> 作品は作者の手を離れたら幾通りもの解釈があり、そのすべてが正解になる。

一読した瞬間に「これは海に準えて空を詠んでいるのでは・・・」という妄想が過ぎり
ました(笑)。ソラにも波もあれば(波状雲:これは重力波の一種の大気波によって
発生します)海鳴り(雷鳴)もありますから(笑)。

> 母が洋裁をやっていましてね、布を裁つ時の揺らぎが波のようにみえたんですよ、そんな事も思い出しました。
> 本当に面白いなぁ。

なるほどですね。ソラに見立てたのではと感じたのは、単に私が「海が嫌い」だから
かも知れません(笑)。

2020/09/18 (Fri) 18:40 | EDIT | REPLY |   
godmina  
No title

奎さん、いつもお付き合いありがとうございます。
またコメントをありがとうございました。

重そうな雲ですね(笑)
今にもどど~んと地上に落ちて来そうな。
私はセンスも感性もなく、おまけに機械音痴で
説明書を読まないタイプなので(苦笑)
一生良い写真を撮ったりは出来ないだろうけれど
こうして奎さんのブログで自然の驚異や不思議を
見させて頂いているから有難いです。
自分では到底撮れないだろうし、機材ないし(笑)
本当に素敵な作品を見させて頂いています。
ありがとうございます。

「潮の音わくやうな」「群青いろの布」を
奎さんは空を切り取ったと感じておられましたね。
私はストレートに「潮」あったので「海」を切り取ったと
感じました。
「並びゐて」ともあるので、私は相手が心寄せる人だと
思ったりして。

2020/09/18 (Fri) 16:09 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
頭巾雲のダイナミックな大きさ

さえきさま、こんにちは。

頭巾雲を見事に撮影されましたね!

夏と秋の境目の今の季節、丁度雲の変化も始まった感じにも見えましたよ

これからは秋空の黄昏時の雲の撮影も良いのかも。


ご支援もいつもありがとうございます♪

2020/09/18 (Fri) 14:02 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
奎さんへ

こんにちは!

ほんとだ!白い頭巾!
鞍馬天狗は黒い頭巾
白い頭巾は・・・弁慶か尼さんか..

大きな秋刀魚を焼いて食べたのですね?
奎さんは内臓も食べる方ですか?
もしや..骨も?まさか頭も?

2020/09/18 (Fri) 12:59 | EDIT | REPLY |   
ひねくれくうみん  
何気なく見ている雲ですが

 頭巾雲が二重になるって、そんなに微妙な条件が必要なんですね。私が見ても、普通に雲、となってしまいますが。
 新サンマを食べたなんて贅沢ですわね。もうちょっと待てば、安くなるかな?

2020/09/18 (Fri) 12:26 | EDIT | REPLY |   
美香  
こんにちはー♪

さえきさま、いつもありがとうございます♪

>俺にとって9月はあくまでも「残夏」であって、10月は「ポスト残夏」、11月は「プレ初冬」なんだよね(笑)。つまり、俺の人生に於いて、四季の告別式とでもいうべき忌まわしき秋は永遠に存在しないってことだ(笑)。

どうしても、さえきさんにとって秋は季節から排除なのですね(笑)

秋、冬、春、梅雨、長梅雨、ちょっとだけ夏、という私の好きな季節の順番みたい( *´艸`)

群青色の布…私は水平線の海と空が交わるとこを縫い合わせる想像しました♪

2020/09/18 (Fri) 10:48 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

特大サンマ良いですねーーー!
スーパーでも、生サンマ出てきたけど、
ほんと高い^ ^
サンマは一匹100円なものと決めてるんで、
なかなか手を出せません。
でもさ、今年はそんな事言ってると食いっぱぐれそうなんで、良いサンマあったら買っちゃおうかな^ ^

2020/09/18 (Fri) 09:04 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
白頭巾ちゃんの思惑は?

ほんとに二重にかぶってますね。(*^^*)
それにこのカット、漫画チックでメチャ面白です。スミマセン!

四季の告別式にこれからしっかり参列して、人生の悲哀と錦秋の舞台五感で感じて参ります。(((^_^;)

「群青いろの布」。。確かにソラの感じがしますね。
広大無辺な空を眺めていると、まるで大海原のように感じる事もありますし、潮の音わくような感覚わかりますね。。。(*^^*)

2020/09/18 (Fri) 08:12 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
面白いですよね。

>群青いろの布

空と思う人。

私は海だと思う。

空と海とでは味わい方が変わってくる。

作品は作者の手を離れたら幾通りもの解釈があり、そのすべてが正解になる。

母が洋裁をやっていましてね、布を裁つ時の揺らぎが波のようにみえたんですよ、そんな事も思い出しました。

本当に面白いなぁ。

2020/09/18 (Fri) 07:36 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply