FC2ブログ

夏は想定外の速さですっ翔んで行く

12 Comments
さえき奎(けい)
間一髪の幻日(両幻日)「幻日間一髪(左右両幻日)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight
幻日間一髪(左幻日)「幻日間一髪(左幻日)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO125, WB:Daylight
間一髪の幻日(右幻日)「間一髪の幻日(右幻日)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight
 昨日リビングの雨戸を開けたら、我が家の庭の山茶花が咲いていた。それも十数輪一気に開いているし、明日にも咲きそうな蕾も幾輪か見える。9月といえどもまだ半ば、いくら何でも早過ぎる。そういえば、昨年も異常に開花が早いなんて記事を書いた。ちょっと再掲してみたいと思う。


(令和元年/2019年9月26日)
庭の山茶花が早くも開花した。九月の開花ってのは、あまり記憶にないんだよね。家の山茶花は薄ピンク色の大輪咲きで、すごく気に入っている。今の家へ移り住んでからというもの、一シーズンに数輪から多くても十輪くらいしか咲かず、こんなものかと諦めていたら、ある年を境に急に満艦飾と咲くようになってすごく驚いた。その年が、俺の人生でも節目といっていいような重要な出来事のあった年だったので、すごく感慨深いんだよね。まあ、今季も摘果したり出来る限りのことをするので、たくさん咲いてほしいと思っている。


その「早かった昨年」より10日以上早い開花だ。しかも、どーんとまとめての開花なんて本当に記憶にない。一体どうなっているんだろう。
 上掲の三葉の画像は、9月9日の日没直前に出現した幻日だ。この時の太陽高度はわずかに5度。出現時間は3分ほどだった。我が家のベランダからは、西の視界が開けているので何とか撮影できたが、本当にギリギリのタイミングだった。太陽高度が低い割りにはなかなかの光彩だと思うし、両側に出るのも久しぶりだ。左幻日はかなとこ巻雲に出ているので今の季節によくあるパターンなんだが、右幻日はちぎれた雲塊がたまたまこの位置にあったことによる賜物だ。よく見ると、いろいろ妖しげな雲、穴あき雲らしきものや飛行機雲と消滅飛行機雲なども出ていたりして、何かと忙しそうなソラなんだよね(笑)。最近の俺は、これといって善行や徳を積んだりした記憶はないんだが、一体どうしたことだろう(笑)。

幻日間一髪(左右両幻日)説明図
「一体どこに出てるのよ?」「姫様、幻日はこちらでございます」
 サラリーマンを辞して家で仕事をするようになった時、大気光学現象の捕捉率(我が家から見える範囲のソラ出現した大気光学現象の総数に対して、それを俺が実際に観察出来た件数の割合)は30%くらいは行くだろうと考えていたが、すぐにそれはかなり甘い見通しだとわかった(笑)。ソラが晴れてさえいれば、15~20分おきにチェックしてはいるが、それでも捕捉率はせいぜい20%程度に過ぎないと認識を改めた。しかし、どうやらそれも大甘ではないかと感じ始めている。実際のところは10%、いや5%にも満たないかも知れないのだと・・・。大気光学現象は、今日も俺の見ていない時、見ていないところで、出たり消えたりしているに違いない。





それぞれの獣の匂い濃くなりて夏の記憶が放たれてゆく




草はゆれて纎い花弁を振り落とす記憶から去る名前のように







出典:東直子著 『十階 短歌日記2007』所収 (平成22年/2010年 ふらんす堂刊)

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 12

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> ちょっと前まで暑かった夏の日が嘘のようにどこかに行って
> しまったようで、何だか寂しさも感じる夜 せめてテンショ
> ンを上げようと晩酌に芋ハイをやるんですが、なぜかスッキ
> リと入ってしまいました。

別に体調が悪いわけではないのに、酒が美味くない、ほろ苦いという日があります
よね。神様が、そっと「不味くなるエキス」でも入れているんじゃないかと思って
しまいます(笑)。

> ダイナミックな空の写真ですね!
> 何とも言えない魅力がありますね~

ありがとうございます。本当に日没間際に現れた幻日で、しかも両側に出現したので
大変ラッキーでした。

> 今日は午後からずっと雨降りで、少し心配になってきました。

秋雨前線らしきものが居座っていますからね。それでも今日の関東地方は、曇りがち
ながら久々に真夏日になりました。

2020/09/18 (Fri) 17:58 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

こんばんわ♪

ちょっと前まで暑かった夏の日が嘘のようにどこかに行って
しまったようで、何だか寂しさも感じる夜 せめてテンショ
ンを上げようと晩酌に芋ハイをやるんですが、なぜかスッキ
リと入ってしまいました。

ダイナミックな空の写真ですね!
何とも言えない魅力がありますね~

今日は午後からずっと雨降りで、少し心配になってきました。

2020/09/17 (Thu) 23:46 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 奎さんへ

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 今日の奎さんの記事を読んで
> この歌が頭の中に流れてきました。

「少年時代」ですか。いいですね。泣けて来ます・・・。「八月は夢花火」本当にその
とおりです。

> 夏の終わりでもうひとつ
> 子供の頃..畑の横で長い竹を振り回し
> 弓取引の真似っ子をしたことを出しました。

ああ、私もやりました(笑)。というか、イオママさんって、けっこうなお転婆さん
だったんですね(笑)。何だか「風越峠」とかも思い出しちゃいました。

〽春は野に遊び、秋には薄の穂をかざしながら、裸足で駆け回るあの日々が・・・。

2020/09/17 (Thu) 19:46 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> ほんとどうしちゃったんでしょうねー!
> 一時の猛暑は過ぎて空はめっきり秋の空です。

あの長梅雨から狂いっ放しですね。長梅雨→猛暑→秋冷と極端過ぎるような気がします。

> 僕は今年の3月でサラリーマンから引退してフリーになりましたけど、やってる事は変わりません。
> でも責任が少なくなった事は楽ですわー。
> こんな事ならもっと早くフリーになればよかったよー^ ^

よーくわかりますよ(笑)。コミットメントだのターゲットだのからの完全解放、
それだけで寿命が10年くらい延びたような気がしました(笑)。

2020/09/17 (Thu) 19:25 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 確かに早い。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 私のド田舎の地元では十二月の上旬が開花ですね。
> 随分前に埼玉の友人宅へ行ったとき咲いていましたが十月の中旬だったような?

そうなんです。どんなに花期が早い品種でも、普通は10月以降ですからね(笑)。

> 比較しても仕方がないのですが、七十二候[山茶始開/つばきはじめてひらく]は、十一月八日です。

でも、一般的な山茶花の開花時期と一致していますよね。

> 東直子、いいなぁ。

「第四歌集をはよ!」と言い続けてもう何年に(笑)。

> う~ん、令和三年歌会始のお題「実」、三首ほど詠みましたがパッとしません。
> 締め切りは今月末、もう少々アガキタイと思います。

お題は「実」なんですか。意味深ですね(笑)。ご健闘を祈ります。

2020/09/17 (Thu) 19:18 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 時差狂っても健気!

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 摩訶不思議な空間の幻日ですね。それも日没ギリギリで、ラッキーでしたね。両サイドで見られるのは嬉しいですよね。くろすけも遭遇した時は、小躍りしちゃいます。(*^^*)

幻日だけではなく、面白い雲の見本市みたいなソラでしたよ(笑)。両側の幻日が
見られるのは、4~5回に1回くらいの確率ですかね。

> 空の神様が気に掛けてくれている証ですね。(^-^)v

だといいんですが、これで今年の打ち止めだったりして(笑)。

> 山茶花、ほんとに随分早く咲きましたね。
> 狂った気候が、植物のセンサーに早出しのサイン送っちゃったんですかね。(((^_^;)

長梅雨に異常高温と来て、9月に入って急に涼しくなりましたからね。植物もおかしく
なって不思議じゃないです(笑)。

> 早く咲いたのではありませんが、我が家の山吹も狂い咲き(返り咲き)して、数輪咲いています。

ありゃ、そうなんですか。関東大震災の前にも、狂い咲きや遅咲き早咲きがあったそう
です。まあ偶然だとは思いますが、いろいろ気になりますね。

> 山茶花は、我がふなっしー市の木です。

梨の花じゃないんですね(笑)。

> 山茶花も薄いピンクのが一番綺麗ですよね。
> 早く咲き出したのは、今年下期に何か良いことが起きる吉祥かもですよ。。(*^^*)

是非そうであってほしいものです(笑)。

> たとえわずかの確率でも、神秘不思議なる大気光学現象に巡り会えるのは、地球人としてとてもHAPPYなことです。奎さまにあらためて感謝致します。(*^^*)

とんでもない。でも、どんなに珍しい現象でも、少し意識するだけで遭遇する確率は
ぐんと跳ね上がりますから、これからもお互いに頑張りましょう(笑)。

2020/09/17 (Thu) 19:00 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 夏の終わり

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 夏は想定外にマッハにすっ飛んでますね!
> もうこちら新潟もかなり秋めいてきましたよ。

私的には、秋こそマッハにすっ飛んで行ってほしいんですけれどね(笑)。

> 秋が終わり、ゆく年くる年のシーズンにもなりましたねww

もう来年のカレンダーの案内メールが来ています。もうすぐ一年の3/4が終わります
からね。年賀状をどうしようかなと思案中です(笑)。

> そして来年にはコロナの収束を願うばかりです。

本当ですね。「あの時はひどい目に遭ったね」なんて思い出話になってほしいです。

2020/09/17 (Thu) 18:48 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
奎さんへ

こんばんは。

今日の奎さんの記事を読んで
この歌が頭の中に流れてきました。

♪夏が過ぎ~風あざみ~
誰のあこがれに~さまよう~
青空に~残された~
私の心は 夏模様~ルール..ルール..(笑)

夏の終わりでもうひとつ
子供の頃..畑の横で長い竹を振り回し
弓取引の真似っ子をしたことを出しました。

ガバッ!

2020/09/17 (Thu) 18:26 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

ほんとどうしちゃったんでしょうねー!
一時の猛暑は過ぎて空はめっきり秋の空です。
僕は今年の3月でサラリーマンから引退してフリーになりましたけど、やってる事は変わりません。
でも責任が少なくなった事は楽ですわー。
こんな事ならもっと早くフリーになればよかったよー^ ^

2020/09/17 (Thu) 15:45 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
確かに早い。

私のド田舎の地元では十二月の上旬が開花ですね。

随分前に埼玉の友人宅へ行ったとき咲いていましたが十月の中旬だったような?

比較しても仕方がないのですが、七十二候[山茶始開/つばきはじめてひらく]は、十一月八日です。

東直子、いいなぁ。

う~ん、令和三年歌会始のお題「実」、三首ほど詠みましたがパッとしません。

締め切りは今月末、もう少々アガキタイと思います。

2020/09/17 (Thu) 12:18 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
時差狂っても健気!

摩訶不思議な空間の幻日ですね。それも日没ギリギリで、ラッキーでしたね。両サイドで見られるのは嬉しいですよね。くろすけも遭遇した時は、小躍りしちゃいます。(*^^*)
空の神様が気に掛けてくれている証ですね。(^-^)v

山茶花、ほんとに随分早く咲きましたね。
狂った気候が、植物のセンサーに早出しのサイン送っちゃったんですかね。(((^_^;)
早く咲いたのではありませんが、我が家の山吹も狂い咲き(返り咲き)して、数輪咲いています。

山茶花は、我がふなっしー市の木です。
山茶花も薄いピンクのが一番綺麗ですよね。
早く咲き出したのは、今年下期に何か良いことが起きる吉祥かもですよ。。(*^^*)

たとえわずかの確率でも、神秘不思議なる大気光学現象に巡り会えるのは、地球人としてとてもHAPPYなことです。奎さまにあらためて感謝致します。(*^^*)

2020/09/17 (Thu) 09:50 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
夏の終わり

おはようございますさえきさま。

夏は想定外にマッハにすっ飛んでますね!
もうこちら新潟もかなり秋めいてきましたよ。

秋が終わり、ゆく年くる年のシーズンにもなりましたねww

そして来年にはコロナの収束を願うばかりです。

ご支援もいつもありがとう御座います☆


2020/09/17 (Thu) 07:45 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply