FC2ブログ

長月の枇杷色の望月を待ちながら ── 結局しこたま飲むんだけど

12 Comments
さえき奎(けい)
長月の望月を待ちながら #1「長月の望月を待ちながら #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/125sec., ISO400, WB:Daylight
これは何だ? と思われるかも知れないが薄明光線だ。

長月の望月を待ちながら #2「長月の望月を待ちながら #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight
 今日の関東地方も涼しかった。俺のところでは、最高気温が27度を下回っていた。おまけに午後からは雨が降ったり止んだりの天気で、時折遠雷も聞こえたりして憂鬱なことこの上ない・・・。今宵は満月なんだけれど、期待できそうもないと諦めていたら、21時を過ぎたあたりから急速に天気が回復して、素晴らしい長月の望月を眺めることが出来た。ちなみに、今年の中秋の名月は十月一日だ。
 さて、俺が敬愛する歌人田中美智子さんの第七歌集『枇杷色の月』が出たので、早速オーダーしようと検索していたら同名の歌集が他にもニ冊あることがわかった。しかも、どちらも女性歌人の歌集だ。まあ、同名の書籍が存在することはたまにあることだし、珍しいというほどのことでもない。しかし「枇杷色の月」という何とも美しい比喩をタイトルとする女性歌人の歌集が、三冊も存在するというのは偶然なんだろうか・・・。ちょっと躊躇したが何かの啓示かも知れないと考え、結局三冊ともオーダーしてしまった。こういうことばかりやっているから、積ん読山脈がどんどん高くなる一方なんだよね(笑)。
 まあ、長月の枇杷色の望月も眺められたことでもあるし、三冊の歌集の表題作をご紹介してみたいと思う。





やや欠けし枇杷色の月ひんがしの空に不穏の赤味を帯びる  (佐藤慶子)





出典:「枇杷色の月」 佐藤慶子著 『枇杷色の月』所収 (短歌研究社 平成18年/2006年刊)





枇杷ひわ色に火照る微熱を秘めながら十六夜の月今ぞまどけし  (中山みどり)





出典:「枇杷色の月」 中山みどり著 『枇杷色の月』所収 (砂子屋書房 平成22年/2010年刊)





呼ばれたる気配に仰ぐ西空に浮かべて大き枇杷色の月  (田中美智子)





出典:「枇杷色の月」 田中美智子著 『枇杷色の月』所収 (不識書院 平成27年/2020年刊)


にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 12

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 枇杷色 これ、何と読むんだろうとググってみたら びわ色って読むんですね。

はい。但し、三人の歌人の中で中山みどりさんだけは「ひわ」とルビを振っています。

> そういえば、きのうは望月だったんですね。
> 望月を拝みながらラムハイのグラスを傾けたかったなぁ
> 10月1日はしっかりと記憶に刻んでおきます。

それは残念でしたね。中秋の名月は、忘れないようにカレンダーにチェックを入れて
おいてくださいね(笑)。

> 〇落ちしないラムハイの楽しみ方がわかりました。 ある程度胃袋に詰め込みつつ楽しむ これだ! って納得でした。
> これまで、アテとラムハイのみでやってたので一気に回って夢芝居でした。(笑)

かなり濃いめに作られているんでしょうか? 私は、バーボンのハイボールなら毎晩5~
6杯飲んでいます(1杯当たり360mlのカクテルグラスに対してバーボン30ml平均で)。

2020/09/04 (Fri) 16:52 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

こんばんわ♪

枇杷色 これ、何と読むんだろうとググってみたら びわ色って読むんですね。
そういえば、きのうは望月だったんですね。
望月を拝みながらラムハイのグラスを傾けたかったなぁ
10月1日はしっかりと記憶に刻んでおきます。

〇落ちしないラムハイの楽しみ方がわかりました。 ある程度胃袋に詰め込みつつ楽しむ これだ! って納得でした。
これまで、アテとラムハイのみでやってたので一気に回って夢芝居でした。(笑)

2020/09/03 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 🌕

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> そーか..今日は満月かぁ..

というか満月は昨日ですけれどね(笑)。でも今夜が月齢15なので、満月とほぼ変わら
ない円い月が見えると思いますよ。

> 今は曇ってます。
> 見られるかなぁ?
> お願いごと..あるんだけどね。

見えるといいですね。こちらからも祈っています。

> 見たら吠えたりして..ワオーン

エゾオオカミはまだ絶滅していなかった(笑)。

2020/09/03 (Thu) 17:55 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 昨日の夕方、早帰りの電車の中で同じ景色見ましよー。ほんとカメラ持って出勤したらと後悔でしたー。

日没直後は希にこのような薄明光線が見えることがあります。時にはこれとは逆に
暗部の方が卓越して、黒い影が幾筋も伸びることがあります。ソラに限りませんが、
写真は日の出と日の入り前後が勝負ですね(笑)。

2020/09/03 (Thu) 17:51 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 月の魅力と魔力!

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 枇杷色の月。。素敵な表現ですね。

詩歌の世界以外ではあまり聞かない比喩ですが、色と形を枇杷に例えるのはとても
洒落ていますね。

> 妙に黄みや赤みを帯びて見えることもありますが、お月様は満ち欠けも含めて大好きです。
> 昨夜は、満月、仕事を終え外に出ると真っ先にお月様が目に映りました。癒されました。(#^^#)
> 満月にはパワーを頂き、いろいろお願い事もし、お月様は、地球にも心にも不可欠の存在です。(^-^;

もし月が存在しなければ、地球は今よりも4倍くらい自転速度が速くなり、地表には
強風が吹き荒れるらしいです。また地軸も安定しなくなり、今のような明瞭な四季が
なくなるかも知れないです。そういった意味でも、正しく必要不可欠な存在ですね。

2020/09/03 (Thu) 17:47 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 私もしこたま飲んでましたよ(笑)

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。
>
> そちらは涼しかったようで幸いです
> こちら新潟は相変わらずの猛暑ですよ

私は夏大好き人間なので、そちらがうらやましいです(笑)。

> 歩くだけで倒れそうな暑さ。
> なので、晩酌タイムにはさえきさま同じく、しこたま呑んでおりましたよ(笑)
> 暑いとやはりアルコールの量が増えますよねww
> アサヒスーパードライで乾杯してましたよ!ご支援もいつもありがとう御座います♪

いいですね。私は秋が近いことが憂鬱なので、ヤケ酒で酒量が増えています(笑)。

2020/09/03 (Thu) 17:40 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 良かった良かった、望月が観れて♪

オグリン♪さん、今日は。いつもコメントありがとうございます・

> 最高です♪
> 後は、十五夜と後の月を待つだけですね。

どうせ今夜は無理だろうと思っていたら、あっという間に晴れ渡りました(笑)。
今年の十三夜の月は十月二十九日ですね。

> 枇杷色の月かぁ~素敵。
> 太陽と同じく月も沈むときに朱を帯びる事がありますが、夜に赤くなることも稀にありますよね。
> 魔女の集会とかなんて言われてる?ヤツ、あれは本当に不気味ですね~、どういう作用なんでしょうか?

月の出、月の入り前後が赤っぽいのは、大気を通過する距離が長くなることにより
大気中の塵に青い光が散乱されて、赤い光が多く届くためです。また高度が高い時に
赤くなるのは、やはり大気中に通常より多くの塵や水蒸気が含まれる場合、例えば
火山噴火や山火事による塵、黄砂やPM2.5などの影響が考えられます。逆に強風が
吹き荒れた日などは、空がクリーンなので白っぽい月になり、俗に「月がとっても
青いから」などと歌われたりします(笑)。

> 三首、良い配置ですね。
> 月の出、中天、月の入り、月が一番美しいですなぁ。

始めの二首は、どちらも十六夜の月ですね。最後の田中美智子さんの歌も、もしか
したらそうかも知れません。

2020/09/03 (Thu) 17:17 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
🌕

こんにちは。

そーか..今日は満月かぁ..
今は曇ってます。
見られるかなぁ?
お願いごと..あるんだけどね。

見たら吠えたりして..ワオーン

2020/09/03 (Thu) 12:53 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

昨日の夕方、早帰りの電車の中で同じ景色見ましよー。ほんとカメラ持って出勤したらと後悔でしたー。

2020/09/03 (Thu) 12:51 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
月の魅力と魔力!

枇杷色の月。。素敵な表現ですね。
妙に黄みや赤みを帯びて見えることもありますが、お月様は満ち欠けも含めて大好きです。
昨夜は、満月、仕事を終え外に出ると真っ先にお月様が目に映りました。癒されました。(#^^#)
満月にはパワーを頂き、いろいろお願い事もし、お月様は、地球にも心にも不可欠の存在です。(^-^;

2020/09/03 (Thu) 09:46 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
私もしこたま飲んでましたよ(笑)

おはようございますさえきさま。

そちらは涼しかったようで幸いです
こちら新潟は相変わらずの猛暑ですよ
歩くだけで倒れそうな暑さ。
なので、晩酌タイムにはさえきさま同じく、しこたま呑んでおりましたよ(笑)

暑いとやはりアルコールの量が増えますよねww

アサヒスーパードライで乾杯してましたよ!ご支援もいつもありがとう御座います♪


2020/09/03 (Thu) 07:38 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
良かった良かった、望月が観れて♪

最高です♪

後は、十五夜と後の月を待つだけですね。

枇杷色の月かぁ~素敵。

太陽と同じく月も沈むときに朱を帯びる事がありますが、夜に赤くなることも稀にありますよね。

魔女の集会とかなんて言われてる?ヤツ、あれは本当に不気味ですね~、どういう作用なんでしょうか?

三首、良い配置ですね。

月の出、中天、月の入り、月が一番美しいですなぁ。

2020/09/02 (Wed) 23:42 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply