FC2ブログ

白頭巾ちゃん気をつけて

12 Comments
さえき奎(けい)
白頭巾ちゃん気をつけて #1「白頭巾ちゃん気をつけて #1」 Canon EOS 5Ds R, Canon EF70-200mm F2.8L USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
ある日の午後、積雲の右肩付近に頭巾雲を見つけた。ここに写っているのは一つの雲塊ではなく、二つの積雲が重なって見えている姿だ。奥側の高い積雲には、頭巾雲は発生していない。

白頭巾ちゃん気をつけて #2「白頭巾ちゃん気をつけて #2」 Canon EOS 5Ds R, Canon EF70-200mm F2.8L USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
手前の積雲がどんどん発達し、頭巾雲も広がって来た。頭巾雲の縁が、うっすらと彩雲になっているのがおわかりいただけるだろうか?

白頭巾ちゃん気をつけて #3「白頭巾ちゃん気をつけて #3」 Canon EOS 5Ds R, Canon EF70-200mm F2.8L USM + EXTENDER EF1.4×, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
この時がほぼピークに近い状態だ。頭巾というより、ヘッドスカーフでも被っているといったところか。

白頭巾ちゃん気をつけて #4「白頭巾ちゃん気をつけて #4」 Canon EOS 5Ds R, Canon EF70-200mm F2.8L USM + EXTENDER EF1.4×, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
積雲はさらに発達し、頭巾雲を持ち上げ突き抜けた。この後頭巾雲は急速に消散して行った。最初のカットからわずか3分程度の出来事だった。

 今日も埼玉県北部地方は最高気温が37度まで上がった。例によって午後4時がピークだった。もうこれがデフォルトってことは、ここら辺りが既に亜熱帯ってことなんだろうか。それはちょっと困るな。俺が好きな夏は温帯の夏なんだからさ(笑)。
 本日掲載した4葉の画像は数日前に撮影した頭巾雲で、上から順に時系列的に並べてある。もくもくと沸き立つような雲が積雲で、ふわっとした綿帽子かベールのように見える雲が頭巾雲だ。積雲や積乱雲のように、垂直方向に発達する雲の雲頂高度付近に湿気を帯びた安定層があると、これらの雲の発達による上昇気流で押し上げられて上部に頭巾をかぶったような雲が発生する。規模の小さなものは頭巾雲、大きなものはベール雲と呼ばれているが、どこまでが頭巾雲でどこからがベール雲というような明確な基準はない。
 もう少し詳しくこの雲の発生原理を説明すると、発達する積雲の上昇気流によって湿気を帯びた安定層が上へ持ち上げられて、気温が下がって露天温度(気体が冷却されて行く時に、結露すなわち凝結が起こり始める温度)になっている高度(凝結高度)に達した時に出現するというものだ。対流圏においては、高度が100m上がるごとに気温は0.65℃ずつ下がって行くということを覚えておいてほしい。要するに露点温度に達したことによって生じた結露が雲粒になるということで、飽和水蒸気量の変化に起因する現象ということだ。この辺りのことがわかって来ると、俄然ソラが面白くなるんだよね。大して難しい話じゃないので、興味のある方は是非過去記事を参照していただきたいと思う。

参照:なぜ冬は乾きにくいのか? ── 飽和水蒸気量と洗濯物の乾きやすさの因果な関係

 一昨日の記事でご紹介した茜色に染まった乳房雲なども積乱雲の雲底に出現することが多い雲なんだけれど、積雲や積乱雲を見かけたらまず雲底と雲頂をチェックするのが俺の習い性になってしまっている(笑)。乳房雲にしても頭巾雲にしても、一瞬しか存在しない雲なので、撮影はとにかく時間との勝負になる。白頭巾ちゃん、君は常にソラおたくに狙われている。気をつけなあかんよ(笑)。タイミングと条件さえ合えば、いつか茜色に染まる赤頭巾ちゃんに巡り逢うこともあるだろう。俺はそれを楽しみに待っている。





国により人にもよれば経済と命の天秤定まりがたく



〈日本脳炎〉〈スペイン風邪〉の名もありてすわりよきかな〈中国肺炎〉



遠い日のコピットゲームの楽しさに名前は可愛げコビット19





出典:千家統子 『定まりがたし』所収 (「短歌」令和2年/2020年8月号 角川文化振興財団刊)
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 12

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ネリムさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 不思議な雲ですね。

そうなんです。積雲や積乱雲があれば必ず出現する訳でもありませんし、もし出たと
しても一瞬で消えてしまいますので、なかなか撮影チャンスのない雲なんですよ。

2020/08/24 (Mon) 13:35 | EDIT | REPLY |   
ネリム  

こんばんわ
不思議な雲ですね。

2020/08/23 (Sun) 22:57 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> こういう雲 好きですね~

美しい雲なんですが、一瞬しか出ていないのでほとんどの人に気づかれることなく
消えて行きます。

> かなとこ雲 とまた違う感じですね。

規模的には、かなとこ雲よりはるかに小さな雲です。

> 一番上の雲なんか まだまだ上に上昇していきそうな感じが
> また危ない香りも醸し出してて魅力的です。

実際には、手前の頭巾雲がかかっている雲の方が発達してたちまち覆い隠してしまい
ました(笑)。雲は予測不可能です(笑)。

2020/08/23 (Sun) 14:31 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 頭巾雲と言うのでしたかー

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 頭巾雲って、こーゆー雲の事を言うのですね!
> 雲にもいろーんな形に名称もあるものでした
> いつも勉強になってますよ!

はい。頭巾雲は、十種雲形(巻雲や積乱雲など)の副変種に分類される雲なんですね。

> 私が知っている雲の名前は入道雲でありましたね(笑)

頭巾雲は、その入道雲(積乱雲)の雲頂にもよく出ることがあるんですよ。

> こちら新潟も暑くて夕方なのにまだ30℃はありましたよ
> 明日も暑くなる予報でしたね。

今日の埼玉県北部地方は、曇りがちで気温も30度前後と過ごしやすい日です。

> ご支援もいつもありがとうございましたv-290

こちらこそ、ありがとうございます。

2020/08/23 (Sun) 14:10 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

こんばんわ♪

こういう雲 好きですね~
かなとこ雲 とまた違う感じですね。
一番上の雲なんか まだまだ上に上昇していきそうな感じが
また危ない香りも醸し出してて魅力的です。

2020/08/22 (Sat) 21:30 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
頭巾雲と言うのでしたかー

さえきさま、こんばんは^^

頭巾雲って、こーゆー雲の事を言うのですね!
雲にもいろーんな形に名称もあるものでした
いつも勉強になってますよ!

私が知っている雲の名前は入道雲でありましたね(笑)
こちら新潟も暑くて夕方なのにまだ30℃はありましたよ
明日も暑くなる予報でしたね。

ご支援もいつもありがとうございましたv-290



2020/08/22 (Sat) 16:55 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

godminaさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> もうもうもう!
> ここまで暑くなると、この頭巾雲ですか?
> 空に浮かぶアイスクリームとしか見えませんよ(笑)
> 今すぐアイスクリームにかぶりつきたい!

本物のアイスクリームよりも、早くあっという間に溶けて消えてしまうアイスクリーム
なんですけれどね。かぶりくつくことが出来る時間はわずか2~3分です(笑)。

> 横浜も今日は35℃の猛暑日でした。
> 飲み過ぎ、歌い過ぎの身体には大層堪えます(;´Д`)

こちらは雲が多く珍しく34度止まりでした。すごく涼しく感じます(笑)。

> けいさんもどうか水分補給は万全に!
> アルコールは決して水分ではありませんよ(笑)
> 私はよく娘に叱られていますが(;^ω^)

主治医に同じことを言われました(笑)。水は春夏秋冬一日に2Lくらい飲んでいます。
まだまだ残暑は続きます。godminaさんもどうかご自愛ください。

2020/08/22 (Sat) 16:44 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 頭巾雲と、歌詠み共演。

花おばさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 本日も、お暑うございました。笑

今日は雲が多めで34度止まりでした。涼しいです(笑)。

> <乳房雲にしても頭巾雲にしても、一瞬しか存在しない雲なので、撮影はとにかく時間との勝負になる。白頭巾ちゃん、君は常にソラおたくに狙われている。気をつけなあかんよ(笑)。タイミングと条件さえ合えば、いつか茜色に染まる赤頭巾ちゃんに巡り逢うこともあるだろう。俺はそれを楽しみに待っている。>
>
> 今回の劇術的躍動感あふれる頭巾雲解説、なるほど、なるほど~と聴きいっておりました。笑 (実際は文字を追いながら、まるでさえき様音声がながれるような感じ)
> さすがでございますね。 へたな科学館の案内より、とてもお勉強になり、心にに刻まれていきます。

ありがとうございます。頭巾雲やベール雲は、それほど派手でも見映えがする訳でも
ありませんが大変面白い現象です。出現パターンにも様々なバリエーションがあって
興味深く、これからも狙って行きたい被写体ですね。

> 三編から成り立っている詩が、まるで、ひとつの物語を構成するかのような流れに、夏の雲を運ぶ風を呼びこんでいる、そんな感想を持ちました。

そうですね。ただ、この作品は広い意味での詩の一種には違いありませんが、三首の
短歌なんですよ。

> 今回もたーんと堪能させていただき、ありがとうございます。

興味を持っていただけたのでしたら何よりです。こちらこそありがとうございました。

2020/08/22 (Sat) 16:34 | EDIT | REPLY |   
godmina  

けいさん、いつもブログご訪問ありがとうございます。

もうもうもう!
ここまで暑くなると、この頭巾雲ですか?
空に浮かぶアイスクリームとしか見えませんよ(笑)
今すぐアイスクリームにかぶりつきたい!
横浜も今日は35℃の猛暑日でした。
飲み過ぎ、歌い過ぎの身体には大層堪えます(;´Д`)
けいさんもどうか水分補給は万全に!
アルコールは決して水分ではありませんよ(笑)
私はよく娘に叱られていますが(;^ω^)

2020/08/22 (Sat) 16:11 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 千家統子女史、やるなぁ。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> まさしく、大和撫子。
> 歌人の鉄槌、お見事に存じます。

武漢肺炎、中国肺炎、武漢ウイルスなどの表現に対して個人のブログにまで血眼に
なってクレームをつけて回っている連中もいますからね(笑)。

> 雲の峰白頭巾から赤頭巾/釣月

ありがとうございます。理想は頭巾雲だけに茜が射し、積雲本体は青白く見えると
いう状況だったら最高です(笑)。もし巡り逢えたとしても、せいぜい1分くらい
だと思いますが(笑)。

2020/08/22 (Sat) 16:11 | EDIT | REPLY |   
花おばさん  
頭巾雲と、歌詠み共演。

さえき様、こんにちは。

本日も、お暑うございました。笑

<乳房雲にしても頭巾雲にしても、一瞬しか存在しない雲なので、撮影はとにかく時間との勝負になる。白頭巾ちゃん、君は常にソラおたくに狙われている。気をつけなあかんよ(笑)。タイミングと条件さえ合えば、いつか茜色に染まる赤頭巾ちゃんに巡り逢うこともあるだろう。俺はそれを楽しみに待っている。>

今回の劇術的躍動感あふれる頭巾雲解説、なるほど、なるほど~と聴きいっておりました。笑 (実際は文字を追いながら、まるでさえき様音声がながれるような感じ)

さすがでございますね。 へたな科学館の案内より、とてもお勉強になり、心にに刻まれていきます。

三編から成り立っている詩が、まるで、ひとつの物語を構成するかのような流れに、夏の雲を運ぶ風を呼びこんでいる、そんな感想を持ちました。

今回もたーんと堪能させていただき、ありがとうございます。

2020/08/22 (Sat) 14:30 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
千家統子女史、やるなぁ。

まさしく、大和撫子。
歌人の鉄槌、お見事に存じます。

雲の峰白頭巾から赤頭巾/釣月

2020/08/22 (Sat) 12:10 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply