FC2ブログ

ちょっと湿っぽい記事が続いたよね ── ということで「ご飯のお供大会」をやってみる

18 Comments
さえき奎(けい)
令和2年暫定1位の美形波状巻積雲「令和2年暫定1位の美形波状巻積雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight
 今日も埼玉県北部地方は、最高気温が37度まで上がった。例によって午後4時頃にピークを迎えるというパターンなんだけれど、近年あまり記憶にないんだよね。一体どうなっているんだろう。
 その午後4時頃、南に見えた雄大積雲に「頭巾雲」が出現した。一瞬躊躇したが、ここで怯んでは夏男の沽券にかかわるじゃないか(笑)。意を決してベランダに出たんだけど、ちょっと遠い。急いで望遠ズームとエクステンダーをセットして戻った時には、かなり形が崩れていた。10カットほど撮ったが、出ていたのはせいぜい二、三分ほどだった(笑)。それでもTシャツが水をかぶったみたいに汗でずぶ濡れ状態になった。37度の威力は強烈で、「夏の本気」を堪能した(笑)。
 さて、今宵は数ヶ月前から企画はしていたものの、ずるずると先延ばしにしていた記事を書いてみた。俺が独断と偏見で選んだ「ご飯のお供TOP10+アルファ」だ(笑)。「ご飯のお供」の定義も人によって違うと思うんだけれど、今回の記事ではあくまでも「ご飯にのっけるか混ぜるかして食するもの」に対象を限らせてもらうこととし、主菜として扱うべきものは除外した。また酒の肴とカブるものも多いが、今回はそこには触れない。あくまでも一般論的な前提なので「私は納豆をご飯にのっけないで食べる」とか「塩辛をのっけたりするのはおかしい」などと突っ込みを入れないように(笑)。

第1位:納豆
「ご飯のお供」で何か一品だけということなら、納豆に尽きるだろう。「ご飯のお供」界の永世名人みたいなものだ。「これにておしまい」ということにしてもいいくらいなんだけれど、せっかく書き始めたので続けてみることにする(笑)。俺の納豆愛についての記事ははっきり言うよ!納豆食わない人って幸せ損してるんだぞ! ── 熱く、粘っこく納豆愛を語ってみるを参照してほしい(笑)。

はっきり言うよ!納豆食わない人って幸せ損してるんだぞ!「はっきり言うよ!納豆食わない人って幸せ損してるんだぞ!」
画像出典:涼風 氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。

第2位:秋刀魚そぼろ
これは俺の「おふくろの味」の一つだ。俺の子供の頃、家は決して裕福じゃなかったから、サンマの塩焼きを二等分するくらいなら、そぼろにすれば子供たちがご飯を何杯でもお代わり出来るというおふくろの創意工夫だった。瓶詰めの市販品でもそこそこ美味いものはあるんだが、あのおふくろの味には遠く及ばない。生からこさえるのはけっこう手間暇かかるので、いつかは再現してみたいと思いつつまだチャレンジ出来ていない。

sanma-soboro
画像出典:(株)ヤマト小笠原商店 通販サイト
第3位:鶏そぼろ
これは以前の記事でご紹介した、池袋オフィス勤務時代贔屓にしていたT堂という雑貨屋の弁当の影響が大きい(参照:山茶花梅雨なんだと気がついて、それでもロックで飲りながら黙々と書いてみる)。三色丼も昔よくやった。もし市販の瓶詰め製品ならMN社製のものに限る。これだけは市販品の中でも唯一満足出来るレベルの味だ。

torisoboro画像出典:みにも氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。
第4位:筋子(鮭・鱒の卵。イクラじゃなくて筋子の方)
これは「魚卵大会」の時にも書いたことだが、決してイクラが嫌いって訳じゃない。だけど、やっぱり子供の頃から慣れ親しんでいる筋子の方が好きだな。筋子のおにぎりなんかも最高だし。「魚卵大会」の記事についてはさて、そろそろ平常運転に戻るとしますか ── ということで『魚卵大会』をやってみるを参照されたい。

sujiko
画像出典:Chisato music氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。
第5位:たらの子の甘辛煮(ただし金沢ふくら屋の「たらの子缶」に限る)
普通のたらこや明太子も好きなんだけど、イチバンはたらこの甘辛煮だね。それも金沢ふくら屋のたらの子缶詰が最高だ。これってマダラ(真鱈)なんだよ。写真を見ておわかりいただけると思うが、スーパーの総菜コーナーで売っているスケソウダラなどの甘辛煮などとは似ても似つかない一品なので、是非一度お試しあれ。実はこの「たらの子缶」、石川県産なのに福井県民のソウルフードなんだよね(笑)。俺も絶対に切らさないようにしている常備菜だ。

たらの子缶詰#1たらの子缶詰#2
金沢ふくら屋「たらの子缶詰」
出典:金沢ふくら屋 公式サイト

第6位:イカの塩辛
最近の製品は、健康に配慮しているんだか何だかわからないんだけど、減塩タイプや浅漬けが多い。とても塩辛と呼べるような代物ではないので購入時には注意が必要だ。イカ全般にいえることだが「耳」の部分は極端に味が劣るので「耳」が入っていない製品を購入する方がいイカも知れない。

第7位:セリのふりかけ(ただし自家製に限る)
小学生時代住んでいたところは、家のすぐ近くが山だった。その山際に湧水が湧き、初夏になるとそこから流れる小さな沢沿いにセリが群生していて、いくらでも採れた。おひたしや卵とじなどにしても美味いんだが、忘れられないのが細かく刻んだセリに削り節や塩昆布などを混ぜた「ふりかけ」だ。これだけで抜群に美味いふりかけになる。もうずいぶんと長い間食べていないが、独特の香りと食感、シラスを加えたりいろいろバリエーションも楽しめる懐かしい一品だ。

第8位:アイヌネギの醤油漬け
ギョウジャニンニクのことだが、道産子は誰しもがアイヌネギと呼ぶ。一度食べると病みつきになること請け合いだ。

第9位:長芋のとろろ
もちろん「つくね芋」や「いちょう芋」も美味いし「自然薯」ならいうことないんだけど、だし汁で伸ばさなきゃならないのでめんどいんだよね。それ以前の問題として、自然薯なんかはお高くてとても買えない(笑)。とろろ単独でも十分に美味いが、納豆・卵とミックスすると爆発的に美味くなる。何故9位かというと、俺的にはとろろはあくまでも「納豆のお供」的な位置づけだからなんだよね(笑)。

第10位:シャケフレーク(ただし自家製に限る)
市販のシャケフレークが絶望的にクソ不味いのは、誰しもが知っていると思う。あれは、鮭缶などに入れた際に余った端切れのクズ身を調味液に浸したなんて代物だから美味い訳がない(笑)。ただ近年は、このしょーもないシャケパウダーともいうべき代物の方が美味いという若者が増えていると聞く。嘆かわしいことだが、これも一種の中毒症に違いない。

第10位タイ:牛肉のしぐれ煮
名古屋勤務時代に好きになった。松坂牛のしぐれ煮に限るなんて贅沢は言わないけれど、あれは美味かった。

第10位タイ:たまご味噌
これも子供の頃からのソウルフードだ。実は酒の肴としても絶品なんだよね。

第10位タイ:フキノトウ味噌・フキ味噌

同じく子供の頃からのソウルフード。酒の肴にもぴったりな一品。最後に作ったのは何年前のことだろう。毎年今年こそは作ろうと思いながら、結局やれずじまいに終わっている。

番外:バター(ご飯)
最近あまりやらないが、熱々ご飯にのせて、ちょっと醤油を垂らしたりすると絶品なんだよね。

特別番外:三陸海宝漬
いくらの醤油漬けにアワビのスライスとめかぶを混ぜた、知る人ぞ知る贅沢な一品。ただ値段の方があまりにも高価なので、貧乏な俺は滅多に食えない。

sanriku-sanpo-zuke
中村家の三陸海宝漬
出典:海宝漬 中村家公式サイト

 他にもいろいろあるんだけど、キリがないのでこの辺りでやめておく(笑)。これらご飯のお供には、一つ大きな問題がある。それは、ご飯がどんどん進んじゃうということだ(笑)。ああ、毎日どんぶり飯をばくばくやっていた頃がなつかしい(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 18

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ももPAPAさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 自分はやっぱり オクラ納豆ですね。
> ダブルネバトロで最高です。
> そして、長芋のとろろも大好きです。

たまたま記事写真がオクラ納豆でしたね(笑)。私もネバネバ系は例外なく大好き
人間です。納豆+オクラ+とろろに、たまにめかぶなど加えたネバネバ丼を作って
楽しんでいます。

> めったに食べれない高価な 三陸海宝漬 これを食べて
> みたいですね~(^^)

この他にも「うにバージョン」「数の子バージョン」「ふかひれバージョン」なども
あって垂涎ものなんですが、とても気軽にオーダー出来るような値段じゃありません。
お正月などにいかがでしょうか(笑)?

> 松前漬けも結構値段しますが、ご飯にも最高に合うので
> 大好きです。

私は道産子なので松前漬を推したいんですが、もし三陸海宝漬に対抗できるとしたら
定番の数の子にアワビ・イクラを加えた「あわび松前漬」くらいでしょうか。ただし
値段も三陸海宝漬並みです(笑)。

2020/08/19 (Wed) 15:58 | EDIT | REPLY |   
ももPAPA  

こんばんわ♪

自分はやっぱり オクラ納豆ですね。
ダブルネバトロで最高です。
そして、長芋のとろろも大好きです。

めったに食べれない高価な 三陸海宝漬 これを食べて
みたいですね~(^^)

松前漬けも結構値段しますが、ご飯にも最高に合うので
大好きです。

2020/08/19 (Wed) 00:54 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

godminaさん、今晩は。いつもコメントありがとうございます。

> ご飯のお供ランキング。
> 私的には家計の事を考えると、1位~3位ぐらいがちょうど良いかな(笑)

いや、あれはあくまでも好みのランキングを書いただけでして、家計的には私も一緒
です(笑)。

> でも、我が家は(娘と私)殆ど家で白飯を食べないから
> 冷蔵庫の中にはご飯のお供が納豆ぐらいしか入ってない。

私もサラリーマンやっていた頃には毎日どんぶり飯を食べていましたが、今は一日
一回夕食時にお茶碗に軽く一膳だけなんですね。これではとてもご飯のお供を堪能
出来ません(笑)。

> 「食べる」っていう事は生きていく上で、重要な事だから
> 一応主婦として手を抜きたくないとは思うんだけど
> これがまた何でもかんでも一人でやっていると(大黒柱プラス主婦)
> 三度三度の食事プラス店のお通し作りと、嫌になる程料理をしている私には
> たまの休みぐらい外食したって罰は当たらないよね、と思うのです。

わかりますよ。全然罰は当たらないと思います。

> でも、外食しても然程美味しい物を食べさせてもらえないと
> (お金払って食べてるんだから、美味しい物を食べさせてと思う訳ですよ(;´Д`))

「金返せ!」って叫びたくなるような店ってけっこうありますよね。まるで出汁を取った
気配のないラーメン屋とか(笑)。私もそれが嫌で今はあまり冒険しなくなりました。

> 仕方ないから自分で作って食べようって思う。
> 美味しそうなご飯のお供の写真を見ながら、何だか情けない思いがこみ上げてきました。

いやいやそんなこと思う必要ないですよ。ご飯のお供って、考えようによっては手抜き
料理の最たるものかも知れませんよ(笑)。

2020/08/18 (Tue) 19:49 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

而今さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 全般好きですが・・・・
> 個人的には海苔の佃煮・・・・
> 簡単に言うと桃屋ですね ごはんですよ~

いいですね。桃屋の「江戸む○○○き」シリーズは10種類もあるそうです。各地の
ローカル・ブランドにもとてつもなく美味いものがあったりします。

> しぐれ煮なんかは。。。お酒と頂きたい!!!

そうなんです。イカの塩辛や筋子など正にその類なんですが、ご飯のお供って酒の肴
とカブるんですよ(笑)。

2020/08/18 (Tue) 19:34 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ご飯のお供ね

くうみんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

>  スタンダードなものからマニアックなものまでありますね。

今日になったら、色々入れ忘れていたことに気がつきました(笑)。1位の納豆以外の
ランクも昨日の気分によるものなので、どんどん変わると思います(笑)。

>  私は生卵が好きだから、第一位は卵かけごはんかな?たらこやキムチも好きです。乗りの佃煮も捨てがたい。

そうそう、その卵かけご飯や海苔の佃煮も忘れていました(笑)。

2020/08/18 (Tue) 19:27 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ヨダレもんです

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> いやぁ!1位は同じく『納豆』です!

やはり道産子はそう来ますよね(笑)。

> 2位からは沢山あってなかなか決められませんが
> あたしゃタラコや筋子の魚卵かな?
> 塩辛も好きだし、バターも良いですね!

私も2位以下は、かなり無理やりランクづけしています(笑)。多分その日の気分に
よって全然違う順位になると思います(笑)。

> 贅沢を言えば..ウニバター!

贅沢過ぎます(笑)。

> 卵かけご飯もしっかり10位に入る!

実は、卵をランキングに入れ忘れていたんですよね(笑)。

> 酒井農場の卵は本当に美味しいんです。
> 餌はとうきびなんです。

ブランド卵ですか? 卵かけご飯は卵によって全然違いますからね。一度食べてみたい
です。

> 行者にんにくの醤油漬け!
> 美味しいよねー!
> 2日間誰にも会わないのなら
> 迷わず食べるわ(笑)

サラリーマンやっていた頃は躊躇していましたが、今はいつでも食べられます(笑)。

> う~ん..あと少し痩せるまで
> 納豆はそのまま食べます。
> 痩せるまで..Never Give Upしないぞ!

ん? 「Never Give Upしない」ということは・・・(笑)。

> 納豆だけに・・・(笑)

いつもながら冴えてますね(笑)。

2020/08/18 (Tue) 19:23 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 暑くて食欲ない時には、
> このご飯のお供は助かりますよね^ ^

そうですね。ご紹介したご飯のお供の中には、そのままお茶漬けに出来るものも多い
ですよ(笑)。

> どれも美味しそうだけど、サンマ良いなあ!

これは美味いですよ。おにぎりの具とか冷や奴のトッピングとか厚焼き玉子に入れる
とかいろいろバリエーションも楽しめます。

2020/08/18 (Tue) 19:14 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 見ているだけで楽しい【ご飯のおとも大会】

花おばさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> あらまぁ~♪ 今回は、なんと、楽しくてうれしい『ご飯のおとも大会』
> 好きですね~。美味しいですね~。楽しいですね~。
> 気分晴れやか~になりますね~(^^♪

そうですよね。おおよそ日本人で、好きなご飯のお供が一つもないなんて人は皆無
だと思います(笑)。

> 芸術的・美形波状巻積雲と対照的色合いのご飯のお供たち。
> 白いご飯によく合います。

その白いご飯をついつい食べ過ぎてしまうのが問題なんですよね(笑)。

> 中でも、セリのふりかけなんて、見たことも味わったこともないので、ぜひぜひ、食してみたいお供です。

美味しいですよ。実家ではウェット系とドライ系の2種のふりかけを作っていました。

> 自家製にかぎる。とあるように、自分であれこれ、アレンジもできますしね。

そうですね。市販のシャケフレークなどはフレークというよりパウダー状になって
いますからね(笑)。

> 今回のアップ、楽しい、うれしい、美味しい更新に、乾杯!  
> せっかく、夏バテに効果あり‼夏のにごり酒・オンザロックという品種 を発見したので、それでいただきましょう!笑

にごり酒のオンザロックなんて、そんな酒があるんですか?

> 本日も、たぁーんと堪能させていただき、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

2020/08/18 (Tue) 19:11 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ご飯に合う逸品は、、

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> ご飯のお供は納豆か筋子でありましょう!

あの200円筋子弁当は豪快で美味そうでしたね。いつかやってみようかなと思って
います(笑)。

> タラコでも良いのですが、さえきさまは道産子なので筋子ww
> 私は筋子を押しますね(笑)

そうですね。イクラもタラコも美味いんですが、どれか一品を選べということなら
やはり筋子ですね(笑)。

> 納豆は生卵と混ぜてゴハンにかけても美味しいでしたよー

わかります。私はいつも納豆+長芋+卵のトリプルミックスを食べていますよ。

2020/08/18 (Tue) 18:59 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 丼飯バクバクの時代ならば・・・。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> No1は、卵かけご飯に追い納豆かな。
> 卵を単体で味わい、若干残しつつのぅ~、納豆かけ。

ご飯のお供の定番中の定番、卵かけご飯を失念していました(笑)。いつも納豆+卵
+長芋のトリプルミックスをやっているので位置づけが難しいです(笑)。

> No2は、地元、鮭の街でありますので、はらこ(イクラ)飯ですね。
> 日本酒(地元の銘酒、紫雲)1・醤油(地元の甘口、てんや)1・みりんチョボが最高です。

このはらこ飯は、鮭の身を煮込んで、その煮汁で炊いた飯に鮭をいくらと一緒にのせる
という宮城県の名物料理のはらこ飯とは違うんですね?

> No3は、地元の塩引鮭(新巻とは違い燻製に近い)のフレーク。

有名ですね。まだ一度も食べたことがありません。

> No4は、ミディアムレアの鱈の子ちゃん。

ミディアムレアの白子なら食べたことがあるんですが(笑)。

> No5は、生鱈の子の甘辛煮。

是非是非一度、金沢ふくら屋の「たらの子缶詰」をお召し上がりください。真鱈の
たらの子のボリュームに圧倒されます(笑)。

> 辛い系はダメなのでキムチや食べるラー油?なんてモノは論外です。

辛い系は大好きなんですが、ラー油は大の苦手です(笑)。

> 他、塩辛、昆布、シラス、海苔の佃煮、くぎ煮など、海のモンがヨイなぁ。

エントリーし忘れたものが沢山ありそうです(笑)。

2020/08/18 (Tue) 18:55 | EDIT | REPLY |   
godmina  

けいさん、いつもブログご訪問ありがとうございます。

ご飯のお供ランキング。
私的には家計の事を考えると、1位~3位ぐらいがちょうど良いかな(笑)
でも、我が家は(娘と私)殆ど家で白飯を食べないから
冷蔵庫の中にはご飯のお供が納豆ぐらいしか入ってない。
「食べる」っていう事は生きていく上で、重要な事だから
一応主婦として手を抜きたくないとは思うんだけど
これがまた何でもかんでも一人でやっていると(大黒柱プラス主婦)
三度三度の食事プラス店のお通し作りと、嫌になる程料理をしている私には
たまの休みぐらい外食したって罰は当たらないよね、と思うのです。
でも、外食しても然程美味しい物を食べさせてもらえないと
(お金払って食べてるんだから、美味しい物を食べさせてと思う訳ですよ(;´Д`))
仕方ないから自分で作って食べようって思う。
美味しそうなご飯のお供の写真を見ながら、何だか情けない思いがこみ上げてきました。

2020/08/18 (Tue) 16:53 | EDIT | REPLY |   
而今  

全般好きですが・・・・
個人的には海苔の佃煮・・・・
簡単に言うと桃屋ですね ごはんですよ~
しぐれ煮なんかは。。。お酒と頂きたい!!!

2020/08/18 (Tue) 16:32 | EDIT | REPLY |   
ひねくれくうみん  
ご飯のお供ね

 スタンダードなものからマニアックなものまでありますね。
 私は生卵が好きだから、第一位は卵かけごはんかな?たらこやキムチも好きです。乗りの佃煮も捨てがたい。

2020/08/18 (Tue) 15:21 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
ヨダレもんです

こんにちは!

いやぁ!1位は同じく『納豆』です!
2位からは沢山あってなかなか決められませんが
あたしゃタラコや筋子の魚卵かな?
塩辛も好きだし、バターも良いですね!

贅沢を言えば..ウニバター!
卵かけご飯もしっかり10位に入る!
酒井農場の卵は本当に美味しいんです。
餌はとうきびなんです。

行者にんにくの醤油漬け!
美味しいよねー!
2日間誰にも会わないのなら
迷わず食べるわ(笑)

う~ん..あと少し痩せるまで
納豆はそのまま食べます。
痩せるまで..Never Give Upしないぞ!
納豆だけに・・・(笑)

2020/08/18 (Tue) 14:37 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

暑くて食欲ない時には、
このご飯のお供は助かりますよね^ ^
どれも美味しそうだけど、サンマ良いなあ!

2020/08/18 (Tue) 09:30 | EDIT | REPLY |   
花おばさん  
見ているだけで楽しい【ご飯のおとも大会】

さえき様 こんにちは。

あらまぁ~♪ 今回は、なんと、楽しくてうれしい『ご飯のおとも大会』

好きですね~。美味しいですね~。楽しいですね~。

気分晴れやか~になりますね~(^^♪

芸術的・美形波状巻積雲と対照的色合いのご飯のお供たち。

白いご飯によく合います。 

中でも、セリのふりかけなんて、見たことも味わったこともないので、ぜひぜひ、食してみたいお供です。

自家製にかぎる。とあるように、自分であれこれ、アレンジもできますしね。

今回のアップ、楽しい、うれしい、美味しい更新に、乾杯!  

せっかく、夏バテに効果あり‼夏のにごり酒・オンザロックという品種 を発見したので、それでいただきましょう!笑

本日も、たぁーんと堪能させていただき、ありがとうございました。

2020/08/18 (Tue) 08:24 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
ご飯に合う逸品は、、

さえきさまおはようございます♪
ご飯のお供は納豆か筋子でありましょう!

タラコでも良いのですが、さえきさまは道産子なので筋子ww
私は筋子を押しますね(笑)

納豆は生卵と混ぜてゴハンにかけても美味しいでしたよー

いつもご支援もありがとうございます。。


2020/08/18 (Tue) 07:43 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
丼飯バクバクの時代ならば・・・。

No1は、卵かけご飯に追い納豆かな。

卵を単体で味わい、若干残しつつのぅ~、納豆かけ。

No2は、地元、鮭の街でありますので、はらこ(イクラ)飯ですね。

日本酒(地元の銘酒、紫雲)1・醤油(地元の甘口、てんや)1・みりんチョボが最高です。

No3は、地元の塩引鮭(新巻とは違い燻製に近い)のフレーク。

No4は、ミディアムレアの鱈の子ちゃん。

No5は、生鱈の子の甘辛煮。

辛い系はダメなのでキムチや食べるラー油?なんてモノは論外です。

他、塩辛、昆布、シラス、海苔の佃煮、くぎ煮など、海のモンがヨイなぁ。

2020/08/18 (Tue) 06:11 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply