fc2ブログ

「渓流の妖精」カワネズミくんとの素晴らしい遭遇

2 Comments
さえき奎(けい)
渓流の妖精「カワネズミ」
「渓流の妖精『カワネズミ』」 このようにゆったりと泳ぐ姿が撮影されることは大変珍しく貴重な写真である。画面左側の細長い茶色のものは一見小枝のように見えるがカワネズミの尻尾で、おそらく泳ぐ時のバランスを取ったり舵の役目をしているのではないかと想像する。
出典:「信州(長野県)中央の自然(野鳥、山野草、風景)」に掲載されているこの作品は著作者である「アルプスの風花」氏の許諾を得て転載しています。

 カワネズミ(川鼠、Chimarrogale platycephalus)は、哺乳綱 Eulipotyphlaトガリネズミ科カワネズミ属に属する哺乳類。体長11.1 - 14.1cm。尾長8.2 - 11.7cm。体重25 - 63g。尾は長く、下面には長い毛がある。夏毛では背面が黒褐色、冬毛では灰色が強くなる。臀部には先端が銀色の刺毛が多くなる。腹面の体毛は淡褐色で、先端は褐色。水中では体毛の間に気泡がたまり、この空気の層が光を反射して銀色に光るように見えるためギンネズミ(銀鼠)と呼ぶこともある。山間部にある倒木や岩が多い渓流周辺に生息する。捕獲調査から個体ごとに縄張りを形成することが示唆されている。周日行性だが、夜間の方がより活動するという報告もある。岸にある乾燥した石の間や下、地中に枯葉を集めて巣を作る。
引用:「カワネズミ」(2019年1月13日 (日) 10:55 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』(抜粋・一部省略)
 滝撮影行を盛んに繰り返していた頃、奥秩父R山系のS小屋沢を初めて訪れた時のことです。最初に現れた魅惑的な滑滝を撮影しようと、滝の規模にしては広い滝壺の前でカメラを三脚にセットしました。フレーミングの微調整をしていると、滑滝の上を飛び跳ねるように水飛沫を上げながら駆け降りてくる小動物の姿が目に入って来ました。最初は野ネズミか何かが、岸の斜面から転げ落ちて来たのかと思ったほどの勢いでした。それはそのまま滝壺に突入すると銀色に輝く身体がまるで魚雷のような航跡を曳いて水中を進み、一瞬太陽にきらりと閃いたかと思うとすぐに見えくなりました。航跡の延長線上の岸に上がってくるだろうと思ってしばらく待ってみたのですが、野生の動物が人間や外敵に見え見えの行動をするわけもなく二度とその姿を現すことはありませんでした。何という心躍る光景。私はしばらくの間撮影することも忘れて滑滝の前で呆然としていました。こんな予期せぬうれしい出会いがしばしばあるので山はやめられません。クマさんとは三度、イノシシさんとはしょっちゅう接近遭遇していましたが、うれしいと感じる前にパニクっていましたので本当にうれしかったかどうかはわかりません(笑)。

渓色一碧「渓色一碧」 Canon EOS-1N, EF28-80mm F2.8-4.0L USM, f11, 1/2sec., Ektachrome DYNA HighColor100
カワネズミ君はこの滑滝の左側の流れを転げ落ちるように駆け下りて来た。この写真は別の日に撮影したカット。

 帰宅してすぐに調べてみると、それはカワネズミという山間部の渓流に棲む動物であることがわかりました。滝写真仲間のオフ会でその話をすると「俺も見た」とか「いるいる、そういうのが」などと幾人かのメンバーも遭遇したことがあるようでした。そこでお互いに、今度見たら必ず写真に撮っておこうという話になったのですが、写真といってもこと滝に関してなら一家言持つ強者揃いなんですが、動物写真となるとせいぜいペットを被写体にするくらいで野生動物なんぞ一度も撮ったこともない連中ばかりです。案の定「撮ったぞ!」なんて声が上がることはついにありませんでした(笑)。もちろん私も例外ではなく、その後このS小屋沢やH沢などで何度か遭遇する機会はあったものの、ワンカットすらフィルムに収めることはできませんでした。滝屋サンは三脚撮影が多く、PLフィルターなども常用しているのでその撮影スタイルは著しく機動性に欠けています。フットワークに自信はあっても、カメラを三脚にセット済みだったりすると突如現れた動物に対して機敏に対応するのは至難の業なんですね。以上は言い訳です(笑)。
 さて、このユニークで魅力的な小動物のことを記事にしたいと思ったものの、文章だけではどうしても限界があります。百聞は一見にしかずです。そこで、どこかにいい写真はないものかと探し始めたものの、どれもこれもあまりパッとしません。水槽で飼われている姿なんぞはどう見てもただのネズミかモグラにしか見えないんですね(笑)。半ば諦めかけていたところ「信州(長野県)中央の自然(野鳥、山野草、風景)」というブログに、長野県の烏川渓谷というところで撮影された生き生きと川面を泳ぐカワネズミの写真を見つけました。もう素晴らしいの一語です。私も数度の遭遇はありましたが、一度としてこんなゆったりした姿で登場してはくれたことはありませんでした。烏川渓谷のカワネズミくんと違って我がR山系のカワネズミくんはシャイな性格なのでしょうか(笑)。
 探していたのはまさしく「これだ!」と直感し、すぐオーナーの「アルプスの風花」さんに連絡を取って写真の転載をお願いをしたところ実に快く承諾していただきました。このような素晴らしい写真を多くの人に見ていただき、カワネズミを知っていただくことは私にとっても大きな喜びです。アルプスの風花さん、本当にありがとうございました。他の写真や記事を参照されたい方は是非アルプスの風花さんのブログ・サイト「信州(長野県)中央の自然(野鳥、山野草、風景)」の「カワネズミ」の記事へ行ってみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑ 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。面白かった方はポチッと、つまらなかった方はプチッと押していただければ励みになります。
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 2

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎  
Re: カワネズミの生息域

がちょーさん、いつもどうもです。

> カワネズミ写真ははじめて見ましたよ。
> きれいな川に生息、生活しているカワネズミさんでありましたね^^

そうですね。動く姿をご覧になればもっと感動すると思いますよ。ネズミは一般的に泳ぎが上手いとは言われていますがそれでも想像を絶する動きをします(笑)。

2019/06/01 (Sat) 16:57 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
カワネズミの生息域

カワネズミ写真ははじめて見ましたよ。
きれいな川に生息、生活しているカワネズミさんでありましたね^^

2019/05/31 (Fri) 18:53 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply