FC2ブログ

【詳報】 幻日・環天頂アーク・上部ラテラルアーク祭 ── たまにはソラ屋らしくソラの話を

10 Comments
さえき奎(けい)
たまにはソラの話を(その1)「たまにはソラの話を(その1)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
「かなとこ雲」と「かなとこ巻雲」と「22度ハロ」。

 今宵は6月10日の環天頂アーク祭の詳報を書いてみたいと思うが、俺が駄文をうだうだと書き連ねるよりも画像自身に語ってもらう方がよほど説得力があるだろうから任せてしまうことにする(笑)。
 まず上掲の画像は、この日の午後遅く西のソラに現れたかなとこ雲とかなとこ巻雲だ。太陽がかなり低いのでシルエットになっている。中心部の暗い部分がかなとこ雲本体で、周辺の太陽光に透けて見えるもやっとした白い部分がかなとこ巻雲と思ってもらえばよい。速報でも書いたように積乱雲としての規模的には大したことはなく、これから消散しつつあるといった状況なんだけれど、右側にかなとこ巻雲が激しく立ち昇り、左側には淡い22度ハロが見えている。何かを予感させるには十分な光景だと思わないか?

たまにはソラの話を(その2)「たまにはソラの話を(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight
左幻日が出現。この時天頂付近には既に環天頂アークが出現していた。

 散り散りになり始めたかなとこ巻雲に左幻日が出現した。予感はしていたものの、ドンピシャで的中することは珍しい(笑)。あわててベランダに飛び出す。左幻日は2分ほどで消えたが、メインイベントは既に始まっていた。

たまにはソラの話を(その3)「たまにはソラの話を(その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight
「左幻日」と同時に出現した「環天頂アーク」

 「幻日が見えている時は頭上にも気をつけろ!」というのがソラ屋の鉄則だからね(笑)。見上げると鮮やかな光彩が目に跳び込んで来た。予感的中で環天頂アークの出現だ。画像ではわかりにくいが、この時点でのアークの高度は80度に近い。

たまにはソラの話を(その4)「たまにはソラの話を(その4)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight
第1ステージの環天頂アークのベスト光彩時のカット。

 環天頂アークは、淡くなったり鮮やかさを増したりして1時間ほど見えていた。これはその第1ステージのピーク。よく見ると右端から微かに上部ラテラルアークが分岐しているように見える。スマホでご覧の方は、頭上よりやや手前に掲げてこの画像を見てほしい。そう、まさにその位置にそのくらいの大きさで見えるんだよね。環「天頂」アークの名が伊達ではないことがお分かりいただけると思う。
 環天頂アークは時としてショボい場合もあるんだけど、ベストの条件で比較した場合には虹よりもはるかに鮮やかな光彩が出現する。これは水滴の屈折・反射による氷晶の屈折による環天頂アークの決定的な違いだ。

たまにはソラの話を(その5)「たまにはソラの話を(その5)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight
第2ステージで出現した「環天頂アーク」と「上部ラテラルアーク」。

 一旦消えかかったアークは再び光彩を増して第2ステージが始まった。環天頂アークを出現させる氷晶で出来ている巻雲の形状によって、その見え方は様々に変化する。やけに橙~赤側のレンジが広いアークだなと思ったら環天頂アークに上部ラテラルアークが重なり、右端から分岐しているためだと確認できた(下図参照)。

たまにはソラの話を(その5解説図)

 以上です。本当に久しぶりに、いつもの与太話ではない、いかにもソラ屋さんらしい純粋な「ソラだけ」の記事を書いてみた(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 10

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

冴さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> うわぁ~~ステキ~~♡
> 綺麗な虹色の雲!

ありがとうございます。「環天頂アーク」別名「逆さ虹」という現象なんですが、
このように色鮮やかに出るのが特徴なんです。

> 本当に素敵です
> しばらく見入っておりました

実物を見るともっと素敵ですよ。是非時々ソラを見上げてみてください。もっとも
天頂というくらいですから、文字どおり頭のてっぺんに出ますので、足下には十分
気をつけてくださいね(笑)。

2020/06/16 (Tue) 13:04 | EDIT | REPLY |   
谷口冴  

うわぁ~~ステキ~~♡
綺麗な虹色の雲!

本当に素敵です
しばらく見入っておりました

2020/06/15 (Mon) 18:36 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ホー( ˙-˙ )ー

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 最近、私は物凄く
> 空を見つめるようになりました♡

ソラオタク菌に感染してしまいましたね(笑)。でも健康被害はありませんので
ご安心ください(笑)。

> でもまだまだ知らない事ばかりです(*꒪⌓꒪)
> へー!ほぅ!!なるほど!ふむふむ..

そんなものは後からでいいと思います。「ソラや雲を見ていると楽しい」と気がつく
ことが大事なんだと思います。それに一生気がつかない人も多いんですよ(笑)。

> 先程キスマーク型💋の雲を見つけて
> ひとりでニヤニヤしていました(˙💋˙)

もしかしたらソラおたくの仲間入りを祝って、ソラの神様から投げキッスがあった
のかも知れないですね(笑)。

> 空は楽しいのう‪\( ˊ꒳​ˋ )/♡‬

ソラ屋さんの世界にいらっしゃ~い(笑)。

2020/06/15 (Mon) 15:28 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: アース、綺麗にありましたね。

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> おお!!これまた壮大なソラの風景のであます!!
> アークも虹色で綺麗に存在してましたよ
> 青いソラに虹色の風景であます。

ありがとうございます。梅雨入り前にこういうものが見られて本当にラッキーでした。

> 今日は関東も暑い1日になりますね
> こちら新潟も暑い1日になりそうであります

はい。今日から数日は好天が望めそうです。ただ夕立はありそうですが(笑)。

> さえきさまも、こまめに水分補給をしてソラの撮影に望んで下さいませ!

ありがとうございます。一旦撮影を始めると我を忘れてしまうタイプなので、十分
気をつけたいと思います(笑)。

2020/06/15 (Mon) 15:14 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 近くにいても見えないこともあるの?

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> ほんとに鮮やかな環天頂アークですね。

明度と彩度は目まぐるしく変化しています。おそらく氷晶の向きが揃った瞬間なんだと
思いますが、信じられない鮮やかさになったことが数度ありました。

> 上部ラテラルアークもしっかり捉える事ができ、素晴らしい巡り合わせでほんとにおめでとうございました。(*^^*)

撮影しながら「もしかしたら」と思っていたんですが、画像で再確認で来ました。
まあショボいものですが、かなりレアなアークですから贅沢はいえません(笑)。

> 先日お伝えしましたように、くろすけはその日西上州の沢を遡り、帰りには雷雨に遭い、さらにおまけで巨大なダブルレインボーを高速の花園ICの前後で見たのでしたが、こう言う大気光学現象って、近くに居ても角度に依っては、見えない事もあるんですよね。すみません、無知な質問で。。。(((^^;)

「近く」というのはどの程度の「近く」でしょうか? 大気光学現象は太陽や月や
飛行機のように実体のあるものではありませんし、上空せいぜい10km程度の高さ
までの範囲に出現するものです。また、それが出現し得る氷晶で構成される雲が
どのくらいの範囲に広がっているかにもよります。それが小さい場合には、数km
離れただけで見えなくなる可能性はありますね。その雲が見えていたとしても、
太陽の方角が違って来ますので、まさに「角度の問題によって」見えないという
ことになると思います。現に今回の環天頂アークも元々が小さな積乱雲由来のごく
一部のかなとこ巻雲によるものですから、見えていたのは埼玉県北部のごく狭い
地域だけだったと推察されます。
 よく関東地方全域でとか東日本一帯で見られたなどという場合は、決して太陽や
月のように同じものを見ているという訳ではなく、たまたまそういう現象を起こす
氷晶(で構成された雲)がそれだけの範囲に広がっていたということに他なりません。
 ただ、隣の人とか半径100m程度といったレベルの範囲で、角度によって見えたり
見えなかったりということはないと思います。
 これでお答えになっていますでしょうか?

2020/06/15 (Mon) 15:09 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ソラを愛し、ソラに愛される者よ、眼福に感謝。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> この光景をリアルタイムで見れるさえきサンの幸せ。
> 日々のソラの信仰?があればこそでありますネ~。

そうですね。しかもこれほどのショウがタダですから(笑)。

> さえきサンは、太陽神、天照大神に愛されていますね~。

そうだといいんですが(笑)。

> ま、カメラも技術も良いのだろうけれども、と、知ったかぶり。
> なにせ、デジカメしか持った事が無いんで・・・(笑)。

カメラとレンズはそこそこいいものですが、技術の方はどうでしょうか(笑)。

> さえきサンの影響で、ソラを撮り始める方も多いようですが、皆さん上手ですよね。

そうだとすれば大変うれしいことですね。「おたく」といわれないようにもっと
ソラ屋さんが増えて行ってほしいものです(笑)。

> お陰で?暗い現実の北国の空をあまりを見なくなりました(笑)、空はこのごろ夜専門です(笑)。

夜のソラも興味はあるんんですが、時間と精神的キャパがありません(笑)。
>
> 環天頂アーク、天頂孤とも呼ばれるようですが・・・。

「環天頂弧」ですね。環水平アークは「環水平弧」、上部タンジェントアークは
「上端接弧」で上部ラテラルアークは「上部接線弧」といった案配です(笑)。

> あ、釈迦になんとやら、で、別名、逆さ虹。
> それなら、ギリで季語になりそうなので、感動の美しき逆さ虹にて一句。
>
> 七彩の神への供物逆さ虹/釣月

ありがとうございます。やはり夏の季語ですよね?

2020/06/15 (Mon) 14:32 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
ホー( ˙-˙ )ー

ソラ屋さんおはようございます!

最近、私は物凄く
空を見つめるようになりました♡

でもまだまだ知らない事ばかりです(*꒪⌓꒪)
へー!ほぅ!!なるほど!ふむふむ..
先程キスマーク型💋の雲を見つけて
ひとりでニヤニヤしていました(˙💋˙)

空は楽しいのう‪\( ˊ꒳​ˋ )/♡‬



2020/06/15 (Mon) 09:39 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
アース、綺麗にありましたね。

さえきさま、おはようございます♪

おお!!これまた壮大なソラの風景のであます!!

アークも虹色で綺麗に存在してましたよ
青いソラに虹色の風景であます。
今日は関東も暑い1日になりますね
こちら新潟も暑い1日になりそうであります

さえきさまも、こまめに水分補給をしてソラの撮影に望んで下さいませ!



2020/06/15 (Mon) 07:56 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
近くにいても見えないこともあるの?

ほんとに鮮やかな環天頂アークですね。
上部ラテラルアークもしっかり捉える事ができ、素晴らしい巡り合わせでほんとにおめでとうございました。(*^^*)
先日お伝えしましたように、くろすけはその日西上州の沢を遡り、帰りには雷雨に遭い、さらにおまけで巨大なダブルレインボーを高速の花園ICの前後で見たのでしたが、こう言う大気光学現象って、近くに居ても角度に依っては、見えない事もあるんですよね。すみません、無知な質問で。。。(((^^;)

2020/06/15 (Mon) 07:37 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
ソラを愛し、ソラに愛される者よ、眼福に感謝。

この光景をリアルタイムで見れるさえきサンの幸せ。
日々のソラの信仰?があればこそでありますネ~。

さえきサンは、太陽神、天照大神に愛されていますね~。

ま、カメラも技術も良いのだろうけれども、と、知ったかぶり。
なにせ、デジカメしか持った事が無いんで・・・(笑)。

さえきサンの影響で、ソラを撮り始める方も多いようですが、皆さん上手ですよね。
お陰で?暗い現実の北国の空をあまりを見なくなりました(笑)、空はこのごろ夜専門です(笑)。


環天頂アーク、天頂孤とも呼ばれるようですが・・・。
あ、釈迦になんとやら、で、別名、逆さ虹。
それなら、ギリで季語になりそうなので、感動の美しき逆さ虹にて一句。

七彩の神への供物逆さ虹/釣月

2020/06/15 (Mon) 07:36 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply