FC2ブログ

寝落ちして目覚めた朝はジャネーの法則にやられた気がする

20 Comments
さえき奎(けい)
モヒートもどきスペシャルが美味いトワイライトスカイの宵(その2)「モヒートもどきスペシャルが美味いトワイライトスカイの宵(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11 1/125sec., ISO400, WB:Daylight
 昨夜は別に深酒していた訳でもないのに常連さんやお気に入りのサイトを訪問中に寝落ちしてしまった。まあ、寝落ちはよくあるんだけど、気がついたら朝6時を回っていたんだよね(笑)。少しでも「ちゃんと」寝ようと布団に入ったはいいが、明るくて寝られない。結局うだうだと歌集なんぞを読んでいたら、8時になってしまったので正式睡眠を断念して仕事をすることにした(笑)。ソラは快晴だし、今日もゆっくり出来そうな気配だった。
 午前9時を少し回った頃、ソラのチェックをしたら少し巻層雲がかかって来てもやーっとしていた。すると目の前をコシアキトンボの雌が飛んでいるのが目に入った。このトンボは、人間でいえば腰に当たる部分が雄は白く、雌は黄色になっているので、暗いところで見た時にその部分が空いているように見えることがその名の由来だ。この辺では珍しいしその黄色があまりにも鮮やかだったので、よく見ようとちょっとベランダに出てみた。すると、南のソラに「ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲」が出ているのが目に飛び込んで来た。それもかなり典型的なやつだ。今日は何もないと踏んでいたから、大いに慌てたよ。夢中で50カットくらい撮った。撮影中もコシアキ嬢は庭を行ったり来たりしていたが、もしかしたらソラの女神様の化身だったのかも知れない(笑)。
 興奮冷めやらぬ状況なので、少し休憩を入れることにしてコーヒータイムにした(サボるともいう)。布団の中で読んでいた野口あや子サンの歌集の続きを読み始めたら、ある一首が気になって彼女の別の歌集を取りに行った。そうすると、積ん読山脈のあるべきはずの場所にその一冊がない。おかしい。いくら俺がズボラでも、お気に入りの歌人の歌集は一応まとめて積んでいるはずなのにその一冊だけが見あたらない。結局それを探し始めること一時間、とんでもないところに放置してあったのを見つけた(笑)。どうしてここに置いたのか全く記憶にないので、ひょっとしたらこの本には足があるのかも知れないと思った(笑)。
 あれやこれやで、結局午前中は仕事にならなかった(笑)。うーん、ちょっとヤバいよね。読んでいる時間より、探している時間の方が長いなんて状況が恒常化しているし、せめて歌集くらいはちゃんと整理してまとめておいた方がいいかなどと考えた。先日も既に所有している歌集を危うく再オーダーするところだったし、目録も作った方がいいかも知れない(笑)。





一字空けして「好きです」と書くほかは何事もなく初夏の日過ぎる



くびすじをすきといわれたその日からくびすじはそらしかたをおぼえる





出典:野口あや子(『くびすじの欠片』所収 短歌研究社 平成21年/2009年刊)

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 20

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: No title

ふうやんさん、こんにちは。ご来訪ありがとうございます。

> この景色は夕刻でしょうか
> それとも早朝?

これは薄暮の空です。タイトルの「トワイライト」では、」明け方と薄明のどちらの
意味もありますから疑問に想われて当然だと思います。

> 雲の感じが素敵です

ありがとうございます。この日は全ての撮影を終えてベランダで一杯飲っていたら、
突然茜色に染まる飛行機雲と毛状巻雲が見えたので、再度カメラを持ち出して来て
撮りました。

2020/06/05 (Fri) 16:19 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 積ん読最高 !

minaさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
>
> 積ん読山脈がどの程度か分かりませんが…

えーと、8畳の部屋のほぼ・・・後は怖くて書けません(笑)。

> 目録はあえて作らぬ方が奎さんらしいかなーと
> (積ん読を懐かしむ無責任な私は言っちゃいます)

そうですか。そう言っていただけると、すぐその気になっちゃいます(笑)。

> 探す時間は、思い入れがどけ程なのかとはかれる
> 大切な時間だと考えますが…

それはありますね(笑)。要は積ん読山脈が問題なのではなく、まとめ方が悪いと
こういうことですね(笑)。ありがとうございます。

> 若い野口さんの短歌の中で私が気になったのが、
> 「ゆきふるかふらぬか われはくずおれたむすめを内腿に垂らしておりぬ」
> 懐かしさもありドキッともさせられました、これからが楽しみな方ですね。

『眠れぬ海』所収の一首ですね。これもいいですね。言い様のない妖しい光を
放っています。作家の諏訪哲史氏が「野口あや子の短歌は三十一文字の私小説」
だと評したのは言い得て妙ですね。これからも注目して行きたいと思います。

2020/06/05 (Fri) 16:07 | EDIT | REPLY |   
ふうやん  
No title

初コメでお邪魔します
ふうやんと申します<(_ _)>

この景色は夕刻でしょうか
それとも早朝?

雲の感じが素敵です

2020/06/04 (Thu) 16:55 | EDIT | REPLY |   
mina  
積ん読最高 !

こんにちは、

積ん読山脈がどの程度か分かりませんが…
目録はあえて作らぬ方が奎さんらしいかなーと
(積ん読を懐かしむ無責任な私は言っちゃいます)
探す時間は、思い入れがどけ程なのかとはかれる
大切な時間だと考えますが…

若い野口さんの短歌の中で私が気になったのが、
「ゆきふるかふらぬか われはくずおれたむすめを内腿に垂らしておりぬ」
懐かしさもありドキッともさせられました、これからが楽しみな方ですね。

2020/06/04 (Thu) 15:36 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> この歌良いですねー。
> どうもありがとうございます。

贔屓にしている歌人さんなので、気に入っていただいて私もうれしいです。

> 歌集探してみます。

彼女は第4歌集まで出しています(記事の2首は第1歌集所収です)のでよろしくお願い
します・・・って別に出版社の回し者ではありません(笑)。

2020/06/04 (Thu) 15:32 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ジャネーの法則

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> お?、ジャネーの法則であっと言う間の1日でありましたか(笑)

朝まで寝落ちしてしまいましたので、気がついたら4時間後の世界にいました(笑)。

> 歳を取ると時間がマッハですね
> 20代の頃は時間の流れが遅いでしたが、40代も後半になると早く感じますよ。

そうですか。私は20代の頃にはもう時間がすっ飛んでいました(笑)。

> でも、おかげさまに私は毎日を楽しんでおりました♪

楽しいことは時間が速く進み、嫌なことほどゆっくり進むんでしたね(笑)。

> お写真も楽しく拝見しましたよ☆
> いつもご訪問もありがとうございます!

こちらこそ、ありがとうございます。

2020/06/04 (Thu) 15:20 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: キョロ((`ω´≡`ω´≡`ω´))キョロ

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 本を探した話で思い出しました。
> 奎さんと初会話を・・・
>
> 積み重なる本の中から
> 探すのが大変だと..(〃艸〃)ソダソダ

ああ、そうでしたね。専門家のところで愚痴を書いてしまっんでした(笑)。

> でもそれがまた奎さんには
> 良いのだと思いました。

それって、カンペキに見放してますね(笑)。まあ、冗談はさておき、せめて歌集を
まとめることと目録は作ろうと思っています。あ、何時までなどと期限は設けません
けれど(笑)。

> 私は寝落ちすることはほとんどありません。
> 「寝る!」と言ってベッドに入ります(*´艸`)

それは素晴らしいことですね。うたた寝は、どれほど寝ようと睡眠のうちには入ら
ないと聞いたことがあります。そのとおりだと思います。

> 「風呂!」「飯!」は言いません(笑)

「風呂(沸いた)!」「飯(出来た)!」とは言いますね(笑)。

> (* ̄▽ ̄)ノ~~ ジャネー!
> の法則..

したっけ!

2020/06/04 (Thu) 15:11 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ネリムさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 寝落ちは自分もあります。

娘さんの添い寝をしながら寝てしまうとかですか(笑)。

2020/06/04 (Thu) 15:02 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 意識的か無意識か…

美香さん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> トンボって、さえきさんの写真のように人の指や頭などに平気で止まりますよね♪

子供の頃、みんなで赤トンボの群れの中で指を突き上げて、誰の指に最初に止まるか
競争したことがあります(笑)。

> 人間が怖くないのか、人間が木の枝や植物と同じに見えるのか幼いときに考えたことがあります。
> 答えはわからないまま今に至ります(*^-^)イマダニシラベテナイシ(^^;
> これからも敢えて謎のままにしておこうと思います♪

何せ相手はソラ飛ぶドラゴンですから、人間のことなど何とも思っていないのかも知れ
ませんよ(笑)。

> くびすじの一首…
> そこに隠れてる様々な女心が読みとれてきますね~♪
>
> 意識的か無意識か…の都々逸♪
>
> 好きと言われりゃ意識もせずに
> あなた好みに変わります💕
>
> 故意(恋)の仕草はあなたのための
> 惚れた女の艶やかさ

もしかしたら、しーちゃんが盛んに髪をかき上げていたのもそうだったのかと(笑)。

> では、今日も素敵な一日をお過ごしください♪
> (@^^)/~~~

美香さんも素敵な 酔いを 宵をお迎えください。

2020/06/04 (Thu) 15:00 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 野口さんの内側を覗く!

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> コシアキトンボ、部分が空けて見える、それって面白い!

ちょっと薄暗いところだと、白や黄色の小片が飛んでいるように見えてドキッと
することがあります(笑)。

> 昆虫好きなんで、トンボも今度から意識して見てみようっと。。(*^^*)

なかなか手強い相手ですが面白いですよね(笑)。

> 野口あや子さんの二首、意味深で魅了されました。

岡崎裕美子さんと並んでいわゆる官能系歌人と呼ばれたりしていますが、独特の
感性は読む人の心にグサッと来るんですよね(笑)。

> 性的に早熟だったんでしょうか。

そうですね(笑)。この二首が収録された第一歌集は、何と15~20歳の時の作品と
いうことです。

以前の記事でもご紹介したことがある

するときは球体関節、のわけもなく骨軋みたる今朝の通学

という歌が私のお気に入りです(笑)。

> 恋、愛の心理と真理をこんな風に詠む人、詠める人って、どんな生き方してきたんだろうと興味をもちました。

彼女は「短歌は自分の身体の欠片」であり「短歌に自分の欠片の再構築をの役目を
担わせてしまうことはふてぶてしい行為」だと書いています。そして短歌を作るには
「ある種の脆さ」とそれに見合う「ふてぶてしさ」が必要だとも。

2020/06/04 (Thu) 14:46 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: コシアキトンボと、首筋エロティズム

花おばさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 今回も美しいトワイライトの光景に、うっとりうっとり拝見しておりました。

ありがとうございます。先日の記事の冒頭の写真「ある飛翔(その14) ── 由来の
異なるスカイトレイルの、あるいは直線と曲線の競演」と同じ夕景です。

> そして、コシアキトンボにも。ビルばかりに囲まれる生活をしておりますと、庭をお持ちの方が羨ましくなってしまいます。
> これからの季節、雨が降るたびに、草むしりが追い付かなくなるというのに、憧れる私。

庭といっても本当に猫の額ほどのスペースなんですが、その程度の庭ですら、剪定や
草むしりで音を上げている私です(笑)。

> 母である私には、やはりエロティックな部位であることは理解できるのですが、
> 娘おらず、息子のみ。あまりにも素敵なご感想でしたので、つい、引用させていただきました。

「官能系」と呼ばれる女性歌人は何人かおられますが、彼女の場合はそういう括り
には収まらない何か独特の感性を持った歌人だと思います。

> ただ、めいっこたちをみていても、おばさん連中は、いいよね~。お風呂入っても、水のはじき方が違うのよね~。うらやましいわ~!などというかつてのそうだったころを懐かしむ話題しか出て参りません ==;
> 手の甲を見るたびに、どんどんおばあさん化していく自然の摂理に、抵抗したくなるお年頃のおばさんであります。

私も同じですが、その代わりに得たものも多くあるはずですから、甘んじて受け入れる
ことにましょう(笑)。

> 本好きのさえき様、探されているそのご様子、やはり、脳内映写機まわしながら、拝見しておりました。
> そうそう、目録、いつでも、手に届く所に置いておくべきと、すっかり老化現象かしている脳内記憶が、そう申しておりますです。笑 

そうですね。このままだといつかは、既に持っている本を買ってしまいそうです(笑)。

> 本日も、美しい画像と、うら若き乙女のエロティズム、ご紹介いだたき、楽しませていただきました。 ありがとうございます。 ^^/

こちらこそありがとうございました。

2020/06/04 (Thu) 14:28 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

この歌良いですねー。
どうもありがとうございます。
歌集探してみます。

2020/06/04 (Thu) 14:28 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 当惑的?エロス漂う危うき歌人。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> ラブレターなのか?
> 書き出しの最初の段の一字を開けて、「好きです」と書き止ってしまった?
> いやいや、そんな単純ではないでしょうね~、それともこの一首に関係ありか?
>
> せんせいのおくさんなんてあこがれない/紺ソックスで包むふくらはぎ

他にも関係ありそうな、なさそうな歌が何首かありますね(笑)。

計算された平坦なひらがなの真ん中の、日、だけが漢字。
> やるなぁ~。
> 二十歳前後の歌集ですよね、いやぁ~、凄い。

はい。15~20歳の作品を収録した第一歌集です。早熟ですよね。林あまりサンや
岡崎裕美子サンとも全く違う独特の感性ですね。

> 娘を持つ父親としてドキッとした一首。
>
> どのおとこも私をあいしませんように父の背中に塗るステロイド

彼女は、この後の歌集にも父親を詠んだ作品を数多く収録しています。岡崎サンも
そうなんですよね。東サンも多いですが、彼女は家族愛の歌人なので母や兄、姉の
ことも詠んでいます。この辺りのことは、調べてみたら面白いかも知れません。

以前の記事でもご紹介させていただいた

するときは球体関節、のわけもなく骨軋みたる今朝の通学

これが私のお気に入りの一首です(笑)。「今朝の通学」と読んだ途端に彼女の身体に
ついたであろう痣の色合いまで妄想してしまいそうな作品です(笑)。

> 長女と同じ歳なんでネ~、いつも気にしています。
> あはははは。

あ、そうだったんですか(笑)。

2020/06/04 (Thu) 14:01 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
ジャネーの法則

さえきさま、こんにちは!

お?、ジャネーの法則であっと言う間の1日でありましたか(笑)
歳を取ると時間がマッハですね
20代の頃は時間の流れが遅いでしたが、40代も後半になると早く感じますよ。

でも、おかげさまに私は毎日を楽しんでおりました♪

お写真も楽しく拝見しましたよ☆
いつもご訪問もありがとうございます!






2020/06/04 (Thu) 12:43 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
キョロ((`ω´≡`ω´≡`ω´))キョロ

こんにちは!

本を探した話で思い出しました。
奎さんと初会話を・・・

積み重なる本の中から
探すのが大変だと..(〃艸〃)ソダソダ

でもそれがまた奎さんには
良いのだと思いました。

私は寝落ちすることはほとんどありません。
「寝る!」と言ってベッドに入ります(*´艸`)
「風呂!」「飯!」は言いません(笑)

(* ̄▽ ̄)ノ~~ ジャネー!
の法則..

2020/06/04 (Thu) 12:30 | EDIT | REPLY |   
ネリム  

こんにちわ
寝落ちは自分もあります。

2020/06/04 (Thu) 10:19 | EDIT | REPLY |   
美香  
意識的か無意識か…

さえきさん、いつもブログ訪問ありがとうございます♪

トンボって、さえきさんの写真のように人の指や頭などに平気で止まりますよね♪
人間が怖くないのか、人間が木の枝や植物と同じに見えるのか幼いときに考えたことがあります。
答えはわからないまま今に至ります(*^-^)イマダニシラベテナイシ(^^;
これからも敢えて謎のままにしておこうと思います♪

くびすじの一首…
そこに隠れてる様々な女心が読みとれてきますね~♪

意識的か無意識か…の都々逸♪

好きと言われりゃ意識もせずに
あなた好みに変わります💕

故意(恋)の仕草はあなたのための
惚れた女の艶やかさ

では、今日も素敵な一日をお過ごしください♪
(@^^)/~~~

2020/06/04 (Thu) 10:18 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
野口さんの内側を覗く!

コシアキトンボ、部分が空けて見える、それって面白い!
昆虫好きなんで、トンボも今度から意識して見てみようっと。。(*^^*)

野口あや子さんの二首、意味深で魅了されました。
性的に早熟だったんでしょうか。
恋、愛の心理と真理をこんな風に詠む人、詠める人って、どんな生き方してきたんだろうと興味をもちました。

2020/06/04 (Thu) 09:11 | EDIT | REPLY |   
花おばさん  
コシアキトンボと、首筋エロティズム

さえき様 おはようございます。

今回も美しいトワイライトの光景に、うっとりうっとり拝見しておりました。

そして、コシアキトンボにも。ビルばかりに囲まれる生活をしておりますと、庭をお持ちの方が羨ましくなってしまいます。

これからの季節、雨が降るたびに、草むしりが追い付かなくなるというのに、憧れる私。

<う~ん、くびすじ、ひらがな、が、エロチックだと初めて思った。
計算された平坦なひらがなの真ん中の、日、だけが漢字。
やるなぁ~。二十歳前後の歌集ですよね、いやぁ~、凄い。>

<娘を持つ父親としてドキッとした一首。>

すみません。先に横レス、ごめんなさい。

母である私には、やはりエロティックな部位であることは理解できるのですが、
娘おらず、息子のみ。あまりにも素敵なご感想でしたので、つい、引用させていただきました。

ただ、めいっこたちをみていても、おばさん連中は、いいよね~。お風呂入っても、水のはじき方が違うのよね~。うらやましいわ~!などというかつてのそうだったころを懐かしむ話題しか出て参りません ==;

手の甲を見るたびに、どんどんおばあさん化していく自然の摂理に、抵抗したくなるお年頃のおばさんであります。

本好きのさえき様、探されているそのご様子、やはり、脳内映写機まわしながら、拝見しておりました。

そうそう、目録、いつでも、手に届く所に置いておくべきと、すっかり老化現象かしている脳内記憶が、そう申しておりますです。笑 

本日も、美しい画像と、うら若き乙女のエロティズム、ご紹介いだたき、楽しませていただきました。 ありがとうございます。 ^^/

2020/06/04 (Thu) 07:50 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
当惑的?エロス漂う危うき歌人。

ラブレターなのか?
書き出しの最初の段の一字を開けて、「好きです」と書き止ってしまった?
いやいや、そんな単純ではないでしょうね~、それともこの一首に関係ありか?

せんせいのおくさんなんてあこがれない/紺ソックスで包むふくらはぎ


う~ん、くびすじ、ひらがな、が、エロチックだと初めて思った。

計算された平坦なひらがなの真ん中の、日、だけが漢字。
やるなぁ~。
二十歳前後の歌集ですよね、いやぁ~、凄い。

首筋の反らし方は男の扱いが既に出来た?と言うコトではないか?
馬鹿な男は若い女性にさえも見透かされているワケ?かなぁ。


娘を持つ父親としてドキッとした一首。


どのおとこも私をあいしませんように父の背中に塗るステロイド


そして痛々しい血の匂いと性的な倒錯の二首。


差し入れて抜いて気がつく鍵穴としていたものが傷だったことを

血のにおい忘れ去られてメンタムが行ったり来たりたてじわの口唇(くち)



ご結婚されたようですがお幸せなのかなぁ~、と、意味深に感じちゃう二首。


父の骨母の血絶つごと婚なして窓辺にかおる吸いさしたばこ

茶葉ふわり浮いてかさなるはかなさで夫と呼んで妻と呼ばれる


長女と同じ歳なんでネ~、いつも気にしています。
あはははは。

2020/06/04 (Thu) 06:03 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply