FC2ブログ

何故俺が演劇の道を断念したのか [前編] ── そもそもあんたって誰なのよ?(ロング・インタビュー その10)

14 Comments
さえき奎(けい)
光環が微妙だとソラ屋の酒量が増える「光環が微妙だとソラ屋の酒量が増える」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight
 今日の関東地方は久々に朝から晴れ上がった。夕刻には心地よい風が吹いて来て、まさに北海道サマーの一日だった。そんな宵をベランダに出てモヒートもどきスペシャルで楽しんだ。ああ、シワヨセ 幸せだなあ・・・(笑)。残量が乏しくなって心細かったダークラムもしこたま届いたし、今宵は憂いも消えて、したたかに酔えそうだ(笑)。あ、ホワイトラムの1Lボトルが残り2本しかないや。憂いは消えてなかったけど、モヒートもどきスペシャルが実に美味い(笑)。
 ということで本日の記事も「カミ」つながりで行ってみよう(笑)。


たき:みなさま、ご無沙汰しております。さえき奎の「総秘書」のたきです。
さわ:やほ、やほ~、しばらくでした。同じく「第一秘書」のさわで~す。
:総秘書に第一秘書って、何だか赤い国の幹部みたいだな(笑)。でもさ、ご無沙汰って言うけどインタビュー記事はこないだやったばかりだろ?
たき:何言ってるんですか。あれは再掲記事ですから。
さわ:そうですよ。前回のこしあん派とつぶあん派の仁義なき戦い ── そもそもあんたって誰なのよ?(ロング・インタビュー その9)は1月のことなんですから、もう何ヶ月経ったと思ってるんですか。
:わーったよ、わーったから(笑)。で、今日は何をやるんだ?
たき:今日のお題は「何故俺が演劇の道を断念したのか」です。
:え? 俺が「演劇の道を断念した」なんて、いつ誰がそったらことゆったんだよ?
さわ:去年の飲み会の時、自慢そうに話してたじゃないですか。世が世なら俺は舞台俳優になっていたとか(笑)。
:うーん、全然覚えがないな・・・(笑)。まあ、いいや。で、何を聞きたいんだよ?
たき:最初に演劇に目覚めたのは何時だったんでしょうか?
:あれは小5の時の学芸会だったなあ。その時の5年生の劇の演し物がヴェニスの商人だったんだよ。
たき:えー、小学生がシェークスピアですか?
:演劇担当のH先生って、俺の担任の先生でもあったんだけど、文芸・芸術分野に才長けた人で大いに影響を受けた先生なんだよね。で、いきなりH先生が、俺に主演のアントーニオ(若き貿易商人。正義感が強く情に厚いという絵に描いたような主役)を演れというんだよ。何だかアントニオ猪木みたいで、すごく嫌だったんだけどさ(笑)。
さわ:親が裏で賄賂でも贈っていたとかじゃないんですか(笑)?
:あのな、某隣国じゃねえんだからさ(笑)。そもそも俺は、劇のメンバーに選ばれたことも不本意だったし、稽古で放課後も束縛されるだろうから嫌で嫌でたまんなかったんだよ。下校したらすぐに岩石鉱物採集に出かけたかったからさ。
たき:でも、いくら何でも小学生にシェークスピアは無理のような気がします(笑)。
:そうだよな(笑)。最初の顔合わせで、先生からプロットを聞かされてもよくわからなかったんだけど、何だか一休さんのとんち話みたいだなと思ったことだけは覚えているんだよ(笑)。だってさ、中世のイタリアが舞台なんだよ。当時の時代背景とかユダヤ人との軋轢とか深い意味なんか小学生に理解出来るはずもないし、実際の芝居を観ても低学年の子たちなんかまるっきりちんぷんかんぷんだったと思うよ(笑)。
さわ:それで、どうして奎さんが主役に抜擢されなきゃならなかったんですか? あまりにも不自然過ぎるじゃないですか。
:こらこら、何が不自然だって(笑)? 今考えると先生が「アントーニオを演れるのはこいつしかいない」と思ったのは当然だと思うんだよね(笑)。で、他のメインキャストは、恰幅のよい 体格のよいN子ちゃんがシャイロック(強欲なユダヤ人高利貸し。この芝居唯一の悪役)を指名されて「何で私が男の役を・・・」と落ち込んでいたのを覚えている(笑)。小5といえば女の子の方が断然体格がよかったからね(笑)。でも、このシャイロックは先生の見事なキャスティングだったということが、芝居が終わってからわかった。N子ちゃんが意外な演技派であったことにみんな驚いたんだからさ。そして、ヒロインのポーシャ(美貌の貴婦人。裁判で若き法学者に扮してアントーニオの窮地を救う)はちょっとツンデレ美人のK子ちゃんが指名されたんだよ。この三人がメインキャストとなって芝居が展開される訳だ。
たき:外国の、しかもあの時代の演劇なんて衣装とかどうしたんですか。
:おふくろがえらい張り切っちゃってさ、先生が書いたイラストを参考に古着を利用した主な役柄の衣装をパパパパっとこさえちまったんだよ(笑)。問題は髪の毛でさ(お待たせしました。ここでようやくつながりました)、金髪でなければおかしいっていうんで、先生がトウキビ(筆者注:北海道ではトウモロコシのことを普通トウキビという)の髭でカツラを作ってくれたんだよ。このトウキビの髭製のブロンドカツラを被って、生まれて初めてメイクをされて(先生はメイクの道具まで持っていたんだよね)おふくろのこさえた衣装を纏うとあら不思議、ちゃんと若きイタリア人商人に見えるから不思議だ(笑)。
さわ:今の奎さんからはまったく想像もつかないですね。その時の姿を見たかったような、見たくもないような・・・(笑)。
:今の俺見てりゃ想像つくだろ(笑)? 前にも言ったよな。俺が紅顔の美少年だったってさ(笑)。
さわ:その紅顔の美少年が、今や酒焼けで赤ら顔のおっさんですからね(笑)。
:おい、読者のみなさんが誤解するようなフェイク発言はやめとけよ(笑)。まあとにかくだ、先生はアコーディオンの名手でもあったんで、劇中音楽は全部それでやってくれたし、油絵や彫刻もやる人だったから法廷の背景画なんかもあっという間に描いてくれたんだよ。で、いよいよ開演となった訳なんだが、このトウキビ髭製ブロンドの髪が揺れる度に何やらいい匂いがしてうっとりするんだけど、芝居の最中に切れたやつが何本も背中に入ってしまって、痒いやらムズムズするやらで何でもいいから早く終わってくれと、そればかり考えていたよ(笑)。

カツラに化ける前のトウキビの髭「カツラに化ける前のトウキビの髭」 藤井志紀 さん撮影によるこの画像は 写真AC から提供されています。
トウキビは茹でてこそ報われる「トウキビは茹でてこそ報われる」  HiC さん撮影によるこの画像は 写真AC から提供されています。
たき:でも『ヴェニスの商人』ってすごく長いドラマじゃないですか。どうやって演ったんですか?
:そこなんだけど、幕開け前にあらすじをナレーションで流しておいて、いきなりクライマックスの裁判のシーンから始まるってやつだ(笑)。でもナレーションやってた子がちょっと小声で、滑舌もよくなかったから観ている人は何がなんだかさっぱりわからなかっただろうな(笑)。
さわ:なるほど。それでそのお芝居は大顰蹙を買って、奎さんの黒歴史の1ページを飾ったと、そういうことですね(笑)。
:んな訳ねえだろ(笑)。芝居が終わった後で、校長先生にぽんと後ろから肩を叩かれて「我が校にこんな名優がいるとは思わなかったよ。長い教諭経験の中で一番よかった演劇だよ」と言われたんだぜ(笑)。
たき:ほんとですか(笑)?
:何で俺がウソ言わなきゃなんねんだよ(笑)。
さわ:だいぶ話を盛っちゃってませんか(笑)?
:あのな、H先生だって終演の後で涙ぐんでいたくらいなんだからさ。
たき:でも、トウモロコシの髭で金髪のカツラをこさえるって話に少し感動しました。
:さすがはたきちゃんだ。たまにはいいこと言うじゃないか(笑)。今度、北海道産スウィートコーンの人気ブランド「ピュアホワイト」をご馳走するよ。
さわ:あ、ズル~い(笑)。私もピュアホワイトの焼きトウモロコシ食べたいです。
:あのね、さわちゃんさ。トウキビってのは、特に最近の品種は生のままでもメロンより甘いっていわれてるくらいなんだから、北海道の農家さんの間でも「茹でるのが一番美味く食べる調理法」だってのが共通認識なんだよね。そもそも、祭や縁日の屋台で売ってる焼きトウモロコシが美味かったことなんてあるか?
たきさわ:うーん、そういえば・・・決して美味しいものじゃないですね(笑)。
:あれはね、「鮮度が落ちて甘味が抜けたトウキビを誤魔化すための調理法」なんだよ。なんで、メロンより糖度が高いトウキビに醤油ダレを塗って焼いて食わなきゃならんのだよ(笑)。
さわ:でも、焼きトウモロコシってあの香ばしい匂いがそそるじゃないですか・・・。
内地の人って、みんな必ずそういうんだよね、味噌ラーメンが一番美味いとか、こしあんよりつぶあんが美味いとか味覚音痴が大爆発・・・あ、これは関係ねえか(笑)。とにかくトウモロコシを焼くこと自体は別に否定するつもりはないけど、あの醤油ダレ焼きトウモロコシってやつは、味なんか二の次で祭や縁日の雰囲気や気分を盛り上げるための小道具に過ぎないんじゃないのかな。「今私はこの祭をマックスで満喫しているんだ、ウンウン」なんて感じでさ(笑)。何というか「餅は焼いた方が香ばしくて美味い」なんていう人の味覚と一緒なんだよな。一度でもつき立ての餅を食ったことがある人なら、絶対にそんなこと言うはずがないからさ。「塩鮭が生鮭より美味い」なんてこという人も同類だと思うんだけど、言って見ればしょーもない「プランBの味覚が刷り込みされてしまっている」んだよね。可哀想というか気の毒というか不幸な話だよな(笑)。
さわ:でも札幌の大通り公園の焼きとうもろこし屋台って有名じゃないですか。
:あの匂いは鰻屋の蒲焼きの煙と一緒で、何も知らない観光客からぼったくるための客引きアイテムなんだよ(笑)。札幌市民で、あの屋台の焼きトウモロコシが美味いなんて、そったらはんかくさいことゆうやつがいたら、ここへ連れて来てみたらいいっしょー(笑)。
たき:はいはい、トウキビのウンチクはそのくらいで・・・(笑)。あ、脱線しまくりで時間が来てしまいました(笑)。全く核心に迫れないまま終わるのは大変残念ですが、とりあえず前編の終了とさせていただきたいと思います。

  前回へ戻る:こしあん派とつぶあん派の仁義なき戦い ── そもそもあんたって誰なのよ?(ロング・インタビュー その9)   


  次回へ行く:何故俺が演劇の道を断念したのか [後編] ── そもそもあんたって誰なのよ?(ロング・インタビュー その11)   



にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 14

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 名演技&名演出&名トウモロコシ髭

花おばさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> いや~実に面白かった。

ありがとうございます。

> 小学5年で、シェークスピアなんて、その先生のチョイス、中々の物ですね。
> 相当レベル高いですものね。

先生にしておくのがもったいないくらいの総合芸術家でしたよ(笑)。小学生時代に
一番影響を受けた先生でしたね。

> そして、その一コマに、共通の趣味発見! @@ 
> 実は、私も岩石鉱物採集 母からもらった鉱物標本いらい、はまっていたんですよ♪

そうだったんですか。どこかへ採集に行ったりしましたか? 私の小学校時代は放課後や
休みの日は一日中石を求めて駆けずり回っていました(笑)。

> 演劇といえは、高校の時の担任の先生が、演劇部の指導されていて、シェークスピアなど、
> かなり評判がよかったことを思い出しました。

指導者の熱意次第なんですよね。誰しも小学生がシェークスピアを演るなど無理に
決まっていると思っていても、指導者に熱意があって、それが児童にも伝われば
何とかなってしまいます(笑)。

> もろこしの髭で、イタリア人に見立てるなんて、なんとナイスなアイデアでしょう!

はい。私の生涯で「金髪」になったのはこれが最初で最後だと思います(笑)。

> 脳内映写機、しっかりまわしましたよ~。♪♪ 笑
> あんこのつぶかこしあんかの仁義なき戦い。また改めて拝見させていただきますね~。
> 本日も、楽しいロング・インタビュー、ありがとうございました。^^w

こちらこそありがとうございました。

2020/05/26 (Tue) 11:43 | EDIT | REPLY |   
花おばさん  
名演技&名演出&名トウモロコシ髭

さえき様 こんばんはー。

いや~実に面白かった。

小学5年で、シェークスピアなんて、その先生のチョイス、中々の物ですね。
相当レベル高いですものね。

そして、その一コマに、共通の趣味発見! @@ 

実は、私も岩石鉱物採集 母からもらった鉱物標本いらい、はまっていたんですよ♪

演劇といえは、高校の時の担任の先生が、演劇部の指導されていて、シェークスピアなど、
かなり評判がよかったことを思い出しました。

もろこしの髭で、イタリア人に見立てるなんて、なんとナイスなアイデアでしょう!

脳内映写機、しっかりまわしましたよ~。♪♪ 笑

あんこのつぶかこしあんかの仁義なき戦い。また改めて拝見させていただきますね~。

本日も、楽しいロング・インタビュー、ありがとうございました。^^w

2020/05/25 (Mon) 19:18 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: とうもろこし、美味しそうでした。

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> さえきさまの断念した内容もなるほど!って感じにわかりました

えーと、まだ断念するところまで話が進んでおりませんので後編に乞うご期待です!

> 人生はいつ何時とか良いことも悪い事もありました その時々で逆にチャンスになる場合もありましたよ☆

ピンチはチャンスってやつですね。人生でもビジネスでも何度もそういう場面に遭遇
しました。

> そうそう、
> とうもろこしもこれからがシーズンでありましたよね!

はい。楽しみなシーズンになりました。

> 夏にはとうもろこしを食べて
> のどごし生をいただきましょう♪

バーボンのハイボールがとうきびにすごく合うんですよ。トウモロコシのウィスキー
ですからね(笑)。

2020/05/25 (Mon) 15:20 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: ( `フ´)金は..無いんだ!

イオママさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 演劇!凄いなぁ

演劇部に入っていてコンクールで入賞したとかならともかく、小学校の学芸会の話です
からね。すごくないんです(笑)。

> 私が今までやった役は
> ひとつは草
> もうひとつはうさぎのお母さんでした。

あ、出演経験があるんですね。

> 草は草色の服を着て草を持つ、
> セリフは無し
> うさぎお母さんは
> うさぎの耳をつけてエプロンして
> セリフは「あら村長さん!」
> (* ´ ˘ ` *)ふふっぜーんぶ脇役の更に脇役。

私も3年の時初めて劇に出て、台詞なしの帽子かけだったか何かの役でした(笑)。

> とうきびの毛で髪の毛って
> 考えましたね!
> 凄いぞせんせい!

はい。先生というより本物の芸術家で、初めて出会った尊敬出来る先生でした。

> ピュアホワイトが手に入った時は
> 1本は生で食べます。
> シャキシャキで甘いです。

私もくろすけさんのように数粒生で味わってからラップにくるんでレンチンしてしまい
ます。実はレンチンが茹でるより早くて美味いというのが私の持論です(笑)。

> でも私は茹でとうきびが大好きです!

はい。(レンチンも「茹で」の一種ですから)茹でとうきび万々歳です(笑)。

2020/05/25 (Mon) 15:14 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

onorinbeckさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> トウモロコシめっちゃ美味しそう!(^^)!
> 朝採れだと生でも食べられるらしいですよねーーーーーー!

はい。ピュアホワイトなど最近の品種は、朝もぎでなくてもそのまま食べられるそう
ですよ。もちろん茹でた方が甘みが増すんですけれど。

2020/05/25 (Mon) 15:03 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: まっ、演劇にも?

くろすけさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> ピュアホワイト、「生で食べられるトウモロコシだよ。サラダ感覚で食べて」と、勧められて、頂きました。生で二かじりしてしてから、ゆでて食べましたが、確かに甘くって美味しかったです。

はい。スウィートコーンは歴代のハニーバンタム、ピーターコーン、サニーショコラ、
ゴールドラッシュなど色々食べて来ましたが、ピュアホワイトがダントツの美味さだと
思います。

> くろすけのなかで、トウモロコシはスイカとともに、盛夏必須のノスタルジックな食べ物の代表です。

私もです(笑)。トウキビにかぶりつきながら飲るバーボン(トウキビのウィスキー)が
また合うんですよ(笑)。

> 小学生の頃、学芸会ありましたね。なんか、村を上げてのイベント的でした。(*^^*)
> 奎さまが、演劇めざしてた?興味津々です。続きを楽しみにしています。(*^^*)

いや、あれはあくまでも「見出し」ですから、与太話に期待は禁物ですよ(笑)。

2020/05/25 (Mon) 15:01 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: とうきび!

るりさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

> 演劇で主役を演じられたことがあるとは…流石さえきさん!見てみたかったな!

演劇部のコンクールとかならともかく、小学校の学芸会の話ですから(笑)。

> ちなみに私は小学生の時に『アイウエオリババ』の悪役を演じました。

アリババ、イリババ、ウリババ、エリババ、オリババの5兄弟が主人公の「アリババと
40人の盗賊」のパロディ傑作ですよね。悪役ということは盗賊の頭ですか(笑)?

> 友達が勝手に私の手を取って挙手してしまったので、致し方なく…(・・;)

友達が勝手に応募したことがきっかけでプロの歌手になったり、ミス日本になった
人もいますから、もしかしたら・・・ですよ(笑)。

> 衣装をパパパパっと作ってしまえるさえきさんのお母様も素晴らしいですが、
> トウキビのひげでカツラって…先生の発想が凄いな。

はい。先生にしておくのがもったいないくらいの総合芸術家でした(笑)。

> そりゃあムズムズしますよね(笑)

一旦気にし出すと我慢出来なくなるんですよね。終わるまで地獄でした(笑)。

> そういや子供の頃の私はトウキビのことを、ジブリの『トトロ』を見過ぎたせいか
> 『トウモコロシ』ってずっと言ってました(笑)

それは道産子にあるまじき行為ですよ(笑)。

> ピュアホワイト!美味しいですよね♪
> 今年もたくさん食べれるといいなぁ~。

今住んでいる埼玉県産も時々並んでいて新鮮さでは負けるんですが、そのハンデが
あっても断然北海道産が美味いです。

> 確かに!さえきさんの仰る通りです!
> ゆでキビほど美味しいものはないのに
> 何故に醤油タレなんか付けるのか…
> いや、焼きトウキビは良いんですよ!
> タレが問題なんです!

おっしゃるとおりです。鮮度の落ちたトウキビの処分と焼いて匂いで客引きをする
ためなんでしょうが、美味いと思って食べている人もいないと思うんですけれどね。

> さえきさんが私の言いたいことを代弁してくださって嬉しかったです。
> ありがとうございますm(_ _)m

さすがは道産子です。こちらこそありがとうございました。

2020/05/25 (Mon) 14:54 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: かつらはとうきび♪

つぶあんこさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> シェイクスピアの作品でストーリーを知っているのはロミオとジュリエットだけの私。
> (*ノ▽ノ)アハハー

うーん、それだけ知ってりゃ十分だと思いますけど(笑)。

> 演劇の衣装で、かつらがとうきびという発想が素晴らしいと思いました(*^^*)

たまたまとうきびが実る頃だったというのもラッキーでしたね(笑)。
>
> とうきびと言えばとうきびチョコ♪

ありますね。北海道スウィーツ(笑)。

> とうもろこしと言えば焼きとうもろこし🌽

ありますね。観光客ぼったくり専用北海道味覚(笑)。

> あんこといえばつぶあん( *´艸`)

ありませんね(笑)。一度是非あんパンの元祖「銀座木村屋のあんパン」を食べてみて
ください。そうしたら、なぜ「こしあんしかあり得ない」のかがおわかりいただけると
思います(笑)。あれにつぶあんを使ったら「あんパン」そのものが成立しません(笑)。

こし あん太郎より

2020/05/25 (Mon) 14:40 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
とうもろこし、美味しそうでした。

記事も拝見しましたよ。
さえきさまの断念した内容もなるほど!って感じにわかりました

人生はいつ何時とか良いことも悪い事もありました その時々で逆にチャンスになる場合もありましたよ☆

そうそう、
とうもろこしもこれからがシーズンでありましたよね!

夏にはとうもろこしを食べて
のどごし生をいただきましょう♪

いつもご支援等、ありがとう御座います。


2020/05/25 (Mon) 12:31 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
( `フ´)金は..無いんだ!

こんにちは!

演劇!凄いなぁ
私が今までやった役は
ひとつは草
もうひとつはうさぎのお母さんでした。

草は草色の服を着て草を持つ、
セリフは無し
うさぎお母さんは
うさぎの耳をつけてエプロンして
セリフは「あら村長さん!」
(* ´ ˘ ` *)ふふっぜーんぶ脇役の更に脇役。

とうきびの毛で髪の毛って
考えましたね!
凄いぞせんせい!

ピュアホワイトが手に入った時は
1本は生で食べます。
シャキシャキで甘いです。
でも私は茹でとうきびが大好きです!

2020/05/25 (Mon) 12:17 | EDIT | REPLY |   
onorinbeck  

トウモロコシめっちゃ美味しそう!(^^)!
朝採れだと生でも食べられるらしいですよねーーーーーー!

2020/05/25 (Mon) 11:26 | EDIT | REPLY |   
まっ黒くろすけ  
まっ、演劇にも?

ピュアホワイト、「生で食べられるトウモロコシだよ。サラダ感覚で食べて」と、勧められて、頂きました。生で二かじりしてしてから、ゆでて食べましたが、確かに甘くって美味しかったです。
くろすけのなかで、トウモロコシはスイカとともに、盛夏必須のノスタルジックな食べ物の代表です。

小学生の頃、学芸会ありましたね。なんか、村を上げてのイベント的でした。(*^^*)
奎さまが、演劇めざしてた?興味津々です。続きを楽しみにしています。(*^^*)

2020/05/25 (Mon) 07:35 | EDIT | REPLY |   
ルリ  
とうきび!

こんばんは。

演劇で主役を演じられたことがあるとは…流石さえきさん!見てみたかったな!

ちなみに私は小学生の時に『アイウエオリババ』の悪役を演じました。
友達が勝手に私の手を取って挙手してしまったので、致し方なく…(・・;)


衣装をパパパパっと作ってしまえるさえきさんのお母様も素晴らしいですが、
トウキビのひげでカツラって…先生の発想が凄いな。
そりゃあムズムズしますよね(笑)

そういや子供の頃の私はトウキビのことを、ジブリの『トトロ』を見過ぎたせいか
『トウモコロシ』ってずっと言ってました(笑)


ピュアホワイト!美味しいですよね♪
今年もたくさん食べれるといいなぁ~。

確かに!さえきさんの仰る通りです!
ゆでキビほど美味しいものはないのに
何故に醤油タレなんか付けるのか…
いや、焼きトウキビは良いんですよ!
タレが問題なんです!

さえきさんが私の言いたいことを代弁してくださって嬉しかったです。
ありがとうございますm(_ _)m

2020/05/24 (Sun) 23:36 | EDIT | REPLY |   
美香 (つぶ あん子)  
かつらはとうきび♪

シェイクスピアの作品でストーリーを知っているのはロミオとジュリエットだけの私。
(*ノ▽ノ)アハハー

演劇の衣装で、かつらがとうきびという発想が素晴らしいと思いました(*^^*)

とうきびと言えばとうきびチョコ♪
とうもろこしと言えば焼きとうもろこし🌽

あんこといえばつぶあん( *´艸`)

そんなワタクシです♪

2020/05/24 (Sun) 22:18 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply