FC2ブログ

昔はかるたを知らざりけり ── 北海道の「下の句かるた」

18 Comments
さえき奎(けい)
ソラの神様の配剤というほどのものではありませんが「ソラの神様の配剤というほどのものではありませんが」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/4000sec., ISO100, WB:Daylight
広がった飛行機雲に出現した光環。

 数日前の風の強い日、飛行機雲がみるみるうちに横に広がり高積雲に変化して行った。広がりつつも風に流され太陽の方へと移動して行く。やがて雲は太陽に達すると微かな光環を出現させた。雲の幅も太陽の視直径(約0.53度)にどんぴしゃで重なっているじゃないの。まあ、光環としてはかなり淡いし、どうってことはないレベルなんだけど、こんなことでも喜びを隠せないのがソラ屋の悲しい性なんだよね(笑)。で、自慢気にその写真を掲出したと、そういうことなんで、みなさんはどうか笑って見てやってほしい。
 さて、既に正月気分なんて感じじゃないんだけど、せっかくの正月明けの三連休(俺は二連休だったけど)の最後の日でもあることだし、それにふさわしい話題で締めてみようと思う。
 俺は和歌とかが好きなんで、昔から百人一首も好きだった。この超マイナーな伝統競技が、末次由紀先生原作のコミック『ちはやふる』(おそらく我が国最初にして最後の百人一首マンガだと思う)やその映画化によってちょっとしたブームになった。この作品で初めて「競技かるた」なるものの存在を知った若者も多いことと思う。俺も、以前ほどの実力はないだろうがそこそこ速く取る自信はあるし、一応正統的な読み上げも出来るんだよね。
 しかし、内地に引っ越すまではこのかるたの存在を知らなかったんだ。いや、百人一首を知らなかったということではなく、子供の頃から百人一首はやっていたよ。ただ、その百人一首が北海道と内地では違っていたということなんだ。まずは下の写真を見てほしい。

百人一首(板かるた)
「小倉百人一首 板かるた」このセットは桐箱入りの高級品で1万円以上する。
出典:京都大石天狗堂

 「何これ?」などと言うなかれ(笑)。北海道で百人一首といえば、この朴の木製の板かるたのことを指すんだ(但し、読み札は一緒なので「坊主めくり」で遊ぶことは出来る)。これが、たいていの道民の家庭には1セットあると思ってもらってかまわない(笑)。元々は会津藩で盛んに遊ばれていたものが、屯田兵として当時の蝦夷地に移住して来た元会津藩士によって道内に広められたものらしい。当時紙は貴重品だったので、質実剛健を旨とする会津人らしい発想といえるんじゃないだろうか。だから、今でも板かるたのほとんどは福島県で作られている。で、販売しているのが京都の会社って・・・どこにも北海道の「ほ」の字も出て来やしない(笑)。
 それだけじゃない。決定的なのは、競技方法の違いだ。北海道では、下の句だけを読んで下の句が書かれた取り札(当たり前だけど)を取る。「それじゃ、ただの『犬棒』かるたと一緒じゃん?」・・・そう、そのとおり(笑)。俺は、本当の百人一首が「上の句を読んで、下の句を取る」と知った時はすごいカルチャーショックを受けた(笑)。一瞬、取り札が安っぽい紙製であることに優越感を抱いたが、その競技形式の文化度の差にそんなものはたちまちどこかへすっ飛んで行ってしまった。たまに「板かるた」を知っている人がいて「ああ、北海道の下の句かるたですか、あの木で出来た?」なんて揶揄されても何も言えなかったし、悔しかった。はらわたが煮えくりかえったけどね(笑)。
 以来、俺はその差を取り戻そうと懸命に百人一首を勉強したし、正月に百人一首大会をやると聞けば頼み込んで参加させてもらったりしたんだよね。これがきっかけとなって、和歌や短歌にさらに興味を抱くようになったという訳なんだ。
 まあ、もう一度写真を見てほしい。この独特な書体の変体仮名で書かれた板かるたも、伝統工芸品として考えれば、これはこれでなかなか味わい深いものなんだよね。
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎(けい)
Posted byさえき奎(けい)

Comments 18

There are no comments yet.
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: わたし

イオママさん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

> |_・)..sapporoです

そうでしたか。改めましてよろしくお願いいたします。

> 作物も心配ですが
> 雪祭りがとても心配です

2月4日からでしたかね。大雪像になると5tトラック500台分の雪が必要なんですね。
また陸自の皆さんに頑張っていただかないと・・・。

> スゥ…( ' ω :::………

v-423(笑)。

2020/01/15 (Wed) 13:20 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
わたし

|_・)..sapporoです

作物も心配ですが
雪祭りがとても心配です

スゥ…( ' ω :::………

2020/01/14 (Tue) 21:21 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: はい..わたし

イオママさん、今晩は。

> |_・)道産子です

ああ、やっぱりそうだったんですか。

> 今年は雪が少なくて
> 歩きやすくはありますが
> 土の下の様子が心配です。

私は釧路出身なんですが、日本海側にお住まいですか? 今年は北陸方面からも雪が
少ないという話を聞いています。

> 美味しい野菜は
> 雪があってのことですもんね。

いや、おっしゃるとおりです。そこそこに降ってくれるのがイチバンなんですけれど
ねえ(笑)。

> |彡サッ

お茶目(笑)。

2020/01/14 (Tue) 21:12 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
はい..わたし

|_・)道産子です

今年は雪が少なくて
歩きやすくはありますが
土の下の様子が心配です。

美味しい野菜は
雪があってのことですもんね。

|彡サッ

2020/01/14 (Tue) 14:59 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: こんにちは

そふぃあさん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

> 今日のお話の方がカルチャーショックでした。

あ、すみません。そんなにショックでしたか(笑)。

> 下の句だけでかるたができることも
> 読み札が木製であることも!

はい。もちろん、この板かるたを用いてノーマルなかるた競技(上の句を読んで
下の句を取る)こともやろうと思えば出来るんですが、おそらくやる人はいないと
思います(笑)。

> それにしても奎さんは知識が広い!

いえ、これは道産子なら誰しもが知っている遊びですから、知識というほどのもの
ではないですよ(笑)。

2020/01/14 (Tue) 13:20 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: へぇ~、噂に聞く・・・。

オグリン♪さん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

> 板歌留多。
> はいはい、聞いた事がありましたヨ。
> 実際に見たのは初めてですね。

はい。北海道以外では実物を見ることはまずないと思います(笑)。

> 紙に比べて、なんとも良いではありませんかぁ~。
> シブイ、素敵。

この独特の書体と変体仮名で書かれた札は、確かに工芸品的な味わいもあります。
小学校低学年の頃は「文字」というより「模様」としてパターン認識して覚えて
いました(笑)。

> 世の中は知らない事だらけだなぁ。

いや、おそらく新潟スペシャルで私が知らないこともわんさかとあるんじゃない
かと思いますよ(笑)。

2020/01/14 (Tue) 13:15 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: タイトルなし

ayaさん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

> 不思議な雲、現象があるのですね。

はい、ソラは大気光学現象(ayaさんが撮影された幻日や環水平アークなどの現象
の総称です)や面白い雲に満ちあふれていますので格好の被写体ですよ。

> 私は幻日という言葉も知りませんでした。
> おかげさまで勉強になりました。

いえいえ、どういたしまして。これを機会にソラにも興味を持っていただけたら
うれしいです。

> 今日の写真も不思議な現象ですね。

この写真のものはそれほど大した光環ではないんですが、飛行機雲に出来たことと、
面白い形に重なったので撮ってみました。「光環」や「彩雲」(実際の彩雲のこと
ですが)自体は、それほど珍しい現象ではないんですが、太陽のごく周辺にしか出現
しないので非常に見つけ難いんですね。

2020/01/14 (Tue) 13:10 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: こんばんは~

窓さん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

> 板カルタというのでしょうか。
> びっくりしましたが、素敵なカルタですね!

はい。記事にも書きましたが、独特の書体と変体仮名で書かれていますので、少し
工芸品的な要素もあると思います。

> これが一家に一箱。

今はわかりませんが、娯楽の少ない時代でしたから、たいていの家には1セットあり
ましたね。

> 大阪は俗に、一家に一台たこ焼き器と言われますが。
> えらい違いですね。

そんなことないですよ。北海道でそれに相当するものが「ジンギスカン鍋」です(笑)。
百人一首がない家があっても、ジンギスカン鍋がない家はないと断言出来ます(笑)。

> 奎さんのおかげで、北海道がすごく美しく感じます。(*^_^*)

ありがとうございます。我が故郷のことをそういうふうに言っていただけると、本当に
うれしいです。

2020/01/14 (Tue) 12:58 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: OMG!

CLMさん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

> 「あいみてののちの歌留多にくらぶれば」
> ないのですね( ;∀;)

ないんですよ。「昔は歌留多を知らざりけり」だけなんです(笑)。

> なぜ上の句がないのでしょう?
> 百人一首ってかなりきわどい歌が多いので
> 公序良俗に反しないように会津藩が自制したのでしょうか?

そういう深い考えがあってのことではないような気がします。単純にゲームとしての
速効性を重視した結果ではないのかとも思います。会津藩といっても発祥は武家では
なく商家だったようです。

> 高校生に源氏物語とか。
> 日本の学校ってある意味スゴイなと
> 当時から思っていました。

まあ、現代のようにストレートな表現をしていないからでしゃないでしょうか(^_^;。
それでもあまりにもズバリなシーンは除外されていましたけれどね(^_^;。

> ちはやふる映画おもしろかったですね。
> 上の句下の句しか観ていませんけど
> 須藤くん 好きですけど(≧▽≦)

おお、須藤くんですか。何となくCLMさんらしいような気がします(笑)。私は、
かなちゃんかな(笑)。千早は何かとめんどくさそうな女だし(笑)。でも詩暢
ちゃんもいいな。あ、理音ちゃんもいいですね(^_^;。

2020/01/14 (Tue) 12:51 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: 板かるた

イオママさん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

> 小さな時から家で板かるたをしていました。

あれ、イオママさんってもしかして道産子ですか?

> 近所に住む父の友人家族が来ると
> 2つの家族での戦いとなりました。

はい。当時の私の実家でも、親類などが来ると家族対抗戦になって大いに盛り上がり
ました。

> 下の句を読んで下の句を取る..
> 毛布を敷いてその上に並べる..

そうそう、毛布は必需品でしたね(笑)。実家には古くなった毛布をかるた専用に
していました。

> 乙女の姿はいつも私の目の前にありました。

「乙女の姿」ですか。私は「只有明の」だけは絶対に譲りませんでした(笑)。

> 懐かしいです。
> 板かるたをスコーン!と飛ばすのは
> 全国共通と思っていました。

はい。そのあたりは「ジンギスカン」への思い込みと同じですね(笑)。

> ちはやふる..のアニメを
> 息子と一緒にずーっと観ていました。

「ちはやふる」のかるた界に与えた影響はすごく功績は大きいと思いますね。

> またやりたくなりました。
> でも、もう取れないだろうな?

いや、自転車と同じで昔取った杵柄は忘れないものです。少しやればすぐに思い
出すんじゃないでしょうか。息子さんとやってみてはいかがでしょうか。

2020/01/14 (Tue) 12:34 | EDIT | REPLY |   
さえき奎(けい)
さえき奎(けい)  
Re: こんばんわ^^ そえきさま~♪

がちょーさん、こんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

> 百人一首、そちら北海道では木製の板カルタのことを指すのでしたかー
> 正直ビックリ!! こちら新潟は紙で遊んでましたよー

紙のかるたはノーマルです。全国版ですからご安心ください(笑)。

> 地域によっても遊び方、違いましたねv-12
> まさにデカルチャー!!!

内地の人にとっては確かにデカルチャーかも知れません(笑)。

> 木製なので少し危ない感じもしますよw
> カードを取る時、叩いたり横にスライドしたりしたら手や顔に当たって少し怖いでした;(笑)

飛んできた札が私の額を直撃したことがありますけど、それはもう痛いです(笑)。
大人の大会で、爪が剥がれて血だらけになってやっているのを見たことがあります。
それはそれは壮絶なものです(笑)。

> 明日から仕事でーす。。

私もです。お互いに頑張りましょう!

2020/01/14 (Tue) 12:24 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ  
こんにちは

今日のお話の方がカルチャーショックでした。
下の句だけでかるたができることも
読み札が木製であることも!

それにしても奎さんは知識が広い!

2020/01/14 (Tue) 07:40 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
へぇ~、噂に聞く・・・。

板歌留多。
はいはい、聞いた事がありましたヨ。
実際に見たのは初めてですね。
紙に比べて、なんとも良いではありませんかぁ~。
シブイ、素敵。

世の中は知らない事だらけだなぁ。

2020/01/14 (Tue) 00:11 | EDIT | REPLY |   
aya  

こんばんは。

不思議な雲、現象があるのですね。
私は幻日という言葉も知りませんでした。
おかげさまで勉強になりました。

今日の写真も不思議な現象ですね。

2020/01/13 (Mon) 21:37 | EDIT | REPLY |   
窓  
こんばんは~

板カルタというのでしょうか。
びっくりしましたが、素敵なカルタですね!
これが一家に一箱。
大阪は俗に、一家に一台たこ焼き器と言われますが。
えらい違いですね。
奎さんのおかげで、北海道がすごく美しく感じます。(*^_^*)

2020/01/13 (Mon) 21:27 | EDIT | REPLY |   
CLM  
OMG!

「あいみてののちの歌留多にくらぶれば」
ないのですね( ;∀;)

なぜ上の句がないのでしょう?
百人一首ってかなりきわどい歌が多いので
公序良俗に反しないように会津藩が自制したのでしょうか?

高校生に源氏物語とか。
日本の学校ってある意味スゴイなと
当時から思っていました。

ちはやふる映画おもしろかったですね。
上の句下の句しか観ていませんけど
須藤くん 好きですけど(≧▽≦)


2020/01/13 (Mon) 20:18 | EDIT | REPLY |   
イオママ  
板かるた

こんばんは。

小さな時から家で板かるたをしていました。
近所に住む父の友人家族が来ると
2つの家族での戦いとなりました。

下の句を読んで下の句を取る..
毛布を敷いてその上に並べる..
乙女の姿はいつも私の目の前にありました。

懐かしいです。
板かるたをスコーン!と飛ばすのは
全国共通と思っていました。

ちはやふる..のアニメを
息子と一緒にずーっと観ていました。

またやりたくなりました。
でも、もう取れないだろうな?


2020/01/13 (Mon) 19:57 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
こんばんわ^^ そえきさま~♪




百人一首、そちら北海道では木製の板カルタのことを指すのでしたかー
正直ビックリ!! こちら新潟は紙で遊んでましたよー

地域によっても遊び方、違いましたねv-12
まさにデカルチャー!!!

木製なので少し危ない感じもしますよw
カードを取る時、叩いたり横にスライドしたりしたら手や顔に当たって少し怖いでした;(笑)

コメントもありがとうございました(*^-^*)//

明日から仕事でーす。。


2020/01/13 (Mon) 19:16 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply