FC2ブログ

「白山」って世界中にある ── 人間の発想って結局同じなんだなって話を書いてみる

8 Comments
さえき奎
Hakusan白山(日本・石川県 - 岐阜県・標高2702m)
画像出典:焼きサバ定食 氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。

Mont Blanc
アルプスの白山「モンブラン」 "Mont Blanc"(フランス - イタリア・標高4810.9m)
画像出典:「モンブラン」(2019年7月24日 (水) 01:20 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Ximonic, Simo Räsänen氏を著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

Dhaulagiri
ヒマラヤの白山「ダウラギリ」 "Dhaulagiri"(ネパール・標高8167m)
画像出典:「ダウラギリ」(2018年12月24日 (月) 10:16の版)『ウィキペディア日本語版』
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Sergey Ashmarin氏を著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

 富士山(静岡県-山梨県・標高3776m)、立山(富山県・標高3015m)と並んで日本三大霊山にその名を連ねる白山(石川県 - 岐阜県・2702m)を知らない人はいないだろう。会社員時代、金沢勤務の長かった俺は白山の見えるマンションに住んでいたので、一年中その勇姿を仰ぎ見ることができた。登山もやったし、秘境岩間噴泉塔群(国の特別天然記念物)の探訪や、白山比咩神社への初詣など個人的にも大変馴染みの深い山岳だった。
 ところで、この「白山」という名称だが、北陸地方でも立山と並んで一際標高の高い山なので、他の山の残雪が消えた後でも「白い山」として一目で同定できる山だったことがその名の由来である。実はこの「白山」という名称の山岳は、栃木県、新潟県、長野県、熊本県などをはじめとして日本全国にある。何座あるのか数えたことはないけれど、とにかくたくさんある。いや、日本だけではない。世界中にあるんだね。その中でも最も有名なのが、万年筆のブランド名やケーキの名称としても有名なフランスとイタリアの国境にそびえる名峰「モンブラン」(標高4810.9m)だ。フランス語で"Mont Blanc"、イタリア語で"Monte Bianco"と表記し、その意味はズバリ「白い山」だ。ヒマラヤ山脈の世界第7位の高峰「ダウラギリ」 "Dhaulagiri"(ネパール・標高8167m)もサンスクリット語で「白い山」という意味だ。まだまだある。「マウナ・ケア」 "Mauna Kea"(アメリカ・ハワイ州・標高4205m)もハワイ語で「白い山」という意味だし「キリマンジャロ」 "Kilimannjaro"(タンザニア・標高5895m)もマサイ語で「白い山」なんだよ。
 え? 「高くて雪を被っている山ならそう呼ばれるのは当たり前」だって? まあ、そうなんだけどさ(笑)。じゃあさ、それ以外に何と呼べばいいと思う? 俺は古今東西、国や人種・民族を問わず、雪を頂いた高峰を同じ名称で呼んでいることにむしろ何とも言えない感動を覚える。「ああ、人間って感じること、考えることって結局同じなんだな」ってね。
 山岳だけじゃない。俺は本来的に滝屋サンなので、滝の名称についても少し語ってみたい。日本には「布引の滝」あるいは「布曳の滝」とか「布滝」という名称の滝が数多くある。おそらく一番多いのは「不動の滝」「不動滝」あるいは「○○不動滝」といった「不動の滝系」の名称だと思うが「布引の滝系」名称もTOP3には入ると思う。水の落ちる形状が、布を引いたように見えるというのがその名の由来であることは想像に難くないと思う。英語圏でも、同じような発想で命名された「ブライダル・ベール・フォールズ」(花嫁のベールの滝)"Bridal Veil Falls"や「リボン・フォールズ」(リボンの滝)"Ribbon Falls"などという名称の滝が数多くあるんだね。
 唐突だけど、第二次大戦中の各国の戦闘機の話に飛ぶ(笑)。いやいや、ちゃんと話の脈絡はあるんで安心してよ(笑)。旧日本海軍に「三菱 雷電という名称の局地戦闘機(現代で言えば「邀撃機」とか「インターセプター」に該当)があった。「雷電」・・・勇ましくて強そうな名称だ。そして同じ時期、アメリカ陸軍にも「リパブリック P-47 サンダーボルト"Thunderbolt"という名称の戦闘機があったんだ。これもズバリ「雷電」に他ならない。もう一つ、イタリア空軍にも「MC.202 フォルゴーレ"Folgore"という戦闘機があって、これも「雷電」という意味なんだね(筆者注:第二次世界大戦当時、日本とアメリカに空軍は存在せず、航空戦力は陸軍航空隊及び海軍航空隊として運用されていた。またサンダーボルトという名称は、現アメリカ空軍の「フェアチャイルド・リパブリック A-10 サンダーボルト II」"Thunderbolt II"に引き継がれている)
 「だから何なんだ?」って言われりゃ「いえ、それだけのことです」としか答えようがないんだけど・・・。うーん、そうだよ、確かにそれだけのことなんだけど、すごいと思わないかなあ? まあ、いいや(笑)。えーと、全部借り物なんですけど、雪を頂いた神々しい「白山たち」の写真でも見て涼んでくださいな。三座とも、先鋭なピークを有する天を衝くようなフォルムではなく、どっしりとした山容であることも、決して偶然じゃないような気がするんだよね。あ、そうだよ。この名峰モンブランを模して創作されたケーキであるモンブランを買いに、コンビニまで走るのもいいんじゃないかな(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリックのご支援 をお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト



さえき奎
Posted byさえき奎

Comments 8

There are no comments yet.
さえき奎
さえき奎  
Re: 白山という名前の山

がちょーさん、こんにちは。

> お写真も壮大な白山ですね!
> いい眺めで行った心地しましたよ^^

山はいいですよね。海もいいですが、私は車が腐らないから山の方が好きです(笑)。

> 白山て名前の山は全国各地に存在しておりました
> こちら新潟にも白山って名前の山は何か所かありましたよ。
> 白山って名前はメジャーでもありましたね(*^-^*)

ああ、ありますね。「越後白山」(標高1012m)とも呼ばれていますね。標高の割にはけっこう難易度の高い山らしいです。あと市内には白山神社もありませんでしたか?

2019/08/18 (Sun) 13:15 | EDIT | REPLY |   
さえき奎
さえき奎  
Re: タイトルなし

黒ゆとりさん、こんにちは。

> 「紅の豚」にフォルゴーレっていう言葉がでてきますよね!
> 飛空艇屋さんで新しいエンジンを見せられたとき
> 「こいつぁフォルゴーレじゃねぇか」
> 「出所は訊くな」
> ってやりとりがあるんで、フォルゴーレって何かなあと思ってたんです。

マニアの間では人気のあるシーンですね。私も最初に「フォルゴーレ」と聞いた時は「MC.202 フォルゴーレ」のエンジン(ドイツのダイムラー・ベンツ製DB.601かそれをライセンス生産したアルファロメオR.A.1000 RC.41)のことかなと思いましたが、この物語の時代設定が大恐慌時代(1930年前後)ですので、それではちょっと年代が一致しません。どうやらヒコーキおたくである宮崎駿監督が考えた、それらしい雰囲気を感じさせる架空のエンジンという設定らしいですよ。もちろん念頭にはこのヒコーキがあったであろうことは想像に難くありません。ピッコロ親父とのやりとりも、ヒコーキおたくならニヤリとするような、おたくではなくても「何かいわくありげなエンジンなんだな」と感じさせるような心憎い脚本だと思います。

> 私は「夢」と「dream」が同じふたつの意味を持ってるのが不思議だったんですが、これは日本語の方が英語に影響を受けたとどこかで読んだことがあります。
> 偶然だったら素敵なのに……。

そうですね。おそらく英語の翻訳から始まって日本語の意味にも拡大適用されて行ったものと思われます。このあたりも、突っ込んで調べてみたらすごく面白そうです。

2019/08/18 (Sun) 13:05 | EDIT | REPLY |   
さえき奎
さえき奎  
Re: 神話もそうでしょうネ。

オグリン♪さん、こんにちは。

> 日本のような、いわゆる山岳信仰としての明確な表現は無いにしろ、太陽、月、星、山、岩、大自然の畏敬の念ちゅーヤツでしょうかね。

そうですね。ですから、自然崇拝、多神教であることを以て「原始的宗教」と片付けようとする、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教に連なる一神教を信じる連中の解釈は、とんでもない思い上がりであると考えます。考えてみれば、この世の厄災や諸悪って彼らによってもたらされたものばっかりじゃないですか(笑)。

> いやぁ~、しかし、実に、爽やかで涼しげデスね~、かき氷でも食べましょうかね(笑)

あの山々にある雪に直接シロップかけて食べてみたいです(笑)。

2019/08/18 (Sun) 12:48 | EDIT | REPLY |   
さえき奎
さえき奎  
Re: こんばんわ!

ねこニャン’19さん、こんにちは。

> 昔に何かのCMだったかで聞いた?見た?『人類みな兄弟』って言葉を思い出しました~
> みんな同じようなことを感じてるんですよね・・

そうなんです。ふとしたことから気がついたことなんですが、感動しましたねえ。普段から感激屋サンなんですけど(笑)。

> でも、日本の中だけでなく、規模が世界ってのがスゴイなぁ~って(*'ω'*)

探せばもっといろんな例があるかも知れないですね。今後の課題とします(笑)。

2019/08/18 (Sun) 12:45 | EDIT | REPLY |   
がちょー  
白山という名前の山

お写真も壮大な白山ですね!
いい眺めで行った心地しましたよ^^

白山て名前の山は全国各地に存在しておりました
こちら新潟にも白山って名前の山は何か所かありましたよ。
白山って名前はメジャーでもありましたね(*^-^*)

2019/08/18 (Sun) 10:49 | EDIT | REPLY |   
黒ゆとり  

「紅の豚」にフォルゴーレっていう言葉がでてきますよね!
飛空艇屋さんで新しいエンジンを見せられたとき
「こいつぁフォルゴーレじゃねぇか」
「出所は訊くな」
ってやりとりがあるんで、フォルゴーレって何かなあと思ってたんです。

私は「夢」と「dream」が同じふたつの意味を持ってるのが不思議だったんですが、これは日本語の方が英語に影響を受けたとどこかで読んだことがあります。
偶然だったら素敵なのに……。

2019/08/18 (Sun) 01:13 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  
神話もそうでしょうネ。

日本のような、いわゆる山岳信仰としての明確な表現は無いにしろ、太陽、月、星、山、岩、大自然の畏敬の念ちゅーヤツでしょうかね。

いやぁ~、しかし、実に、爽やかで涼しげデスね~、かき氷でも食べましょうかね(笑)

2019/08/18 (Sun) 01:13 | EDIT | REPLY |   
ねこニャン’19  
こんばんわ!

昔に何かのCMだったかで聞いた?見た?『人類みな兄弟』って言葉を思い出しました~
みんな同じようなことを感じてるんですよね・・
でも、日本の中だけでなく、規模が世界ってのがスゴイなぁ~って(*'ω'*)

2019/08/17 (Sat) 23:11 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ / Leave a reply