fc2ブログ

Category日々の雑感 1/119

ゼリービーンズは意外とホワイトラムに合う ── 新・夏待日記 令和六年五月二十日(月)

「凛として颯爽と行く (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight鉤状巻雲はしばしば尾流雲と誤認されるんだが、雲頭部のもやもやっとした繊維状の構造が特徴だ。 本日のトップ画像は、数日前の黄昏時に見つけた「鈎状巻雲」だ。もう何度も書いているが、図鑑や教科書に巻雲の代表として必ずといっていいほど載っているのがこの鈎状巻雲なんだが、巻雲の毛状雲・鉤状雲・濃密雲・...

  •  10
  •  0

Come as Close as the Air, My Honey ── 新・夏待日記 令和六年五月十八日(土)

「もっとお寄りよ、夕陽がきれいだね・・・って、石投げたろか」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、夕景を撮影中にちょいと目に留まったキジバト夫婦のアツアツ・ベタベタなシーンを望遠ズームで撮ったカットだ(笑)。もし、こんなことを"同族"相手にやったとしたら、盗撮行為そのものだよね。まあ、以前からこのキジバト夫婦はあまりにも仲睦まじくて、寡...

  •  12
  •  0

カミングアウトの方法とは ── 新・夏待日記 令和六年五月十七日(金)

「光芒、天ヲ駆ケ抜ケル (その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/30s, ISO400, WB:Daylight 本日のトップ画像は、一見シーラスストリーク(ジェット巻雲の一種)か何かに見えるかも知れないが、雲ではない。時はまさに日没の頃の東天・・を撮ったカットだ。つまり、西天の地平線付近にある太陽によって出現した薄明光線が、天頂を駆け抜けて180度反対側の西天まで達した現象のことで、これを「反薄明光...

  •  19
  •  0

南大通りにて ── 新・夏待日記 令和六年五月十六日(木)

「黄昏発黄泉(こうせん)行 第45便」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像も、苦しい時の飛行機雲頼みで「黄昏発黄泉こうせん行」シリーズにご登場願った(笑)。まあ、毎日とは言わないまでも、一週間に一度くらいは派手な大気光学現象が出てくれたら言うことはないんだが、ソラの神様にもいろいろ事情があるようで、ここのところすっかりお見限りなんだよね(笑)...

  •  12
  •  0

ソラにはソラの事情がある ── 続々・夏待日記 令和六年五月十五日(水)

「黄昏発黄泉(こうせん)行 第44便」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、タイトルを恒例の「黄昏発黄泉こうせん行」シリーズとするかどうかでちょっと迷った(笑)。何故って、トレイルがぶつぶつ切れているだけならまだしも、それぞれの切れ端が節操なくあっちゃこっちゃ向いているし、上の方のトレイルのなれの果てなどは「肋骨雲」というか「ゲジゲジ雲」だ...

  •  10
  •  0

北帰行、霧の終点未だに見えず ── 続々・夏待日記 令和六年五月十二日(日)

「ある飛翔 (その93)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、先日に続いて大空に"Xエックス"なのか"×バツ"なのか"xペケ"なのかは定かではないんだが、とにかくクロスするようなトレイルを描く二本の飛行機雲のなれの果てだ。交差する付近で手前側のトレイルがクランク状に進路を変えているのは、ニアミスを避けるためだと思われ...

  •  8
  •  0

北海道サマーの宵は深酒の予感 ── 続々・夏待日記 令和六年五月十日(金)

「居待月の月光環」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f5.6, 1/30s, ISO1600, WB:Daylight 本日は蔵出し画像から「月光環」をご紹介してみたいと思う。月光環と言っても、何も特別な現象ではない。これが太陽に出た場合は「日光環」となる(普通は単に「光環」と呼称する)。大気光学現象は、光が氷晶や水滴を通過する際の屈折、回折や反射現象に他ならないので、その光源が太陽であっても月であってもかまわない(「...

  •  10
  •  0

出世坂の初夏 ── 続々・夏待日記 令和六年五月九日(木)

「春は朧の昼下がり (その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF16-35mm F4L IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、そこそこきれいに光彩が分散した「22度ハロ(内暈)」だ。しつこくお断りしておくが、これは「ハロ」ではない。「ハロ、ハロ」と連発して「俺ってカッコいい」と思っているあなた、あなたは「鰻」を食って「これは美味いサカナ・・・だ」などとは決して言わないよね。サカナにもいろいろあるように...

  •  8
  •  0

君と見たいなハルゼミの羽化 ── 続々・夏待日記 令和六年五月八日(水)

「黄昏発黄泉(こうせん)行 第43便」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO200, WB:Daylight 本日のトップ画像は、大楠の向こうに春にしてはめずらしいクリアな黄昏空が広がり、そこへ2本の"黄昏発黄泉こうせん行"がやって来るという願ってもないシーンを撮った一葉をご紹介してみたいと思う。出来ることならもう少し飛行機雲を右寄りの構図で決めたかったんだが、狭い我が家のバルコニーから...

  •  10
  •  0

そういえば、俺ってソラ屋だったんだね ── 続々・夏待日記 令和六年五月六日(月)

「ソラの神様の粋な采配 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60s, ISO100, WB:Daylight「幻日なんて何処に出てるのよ?」などと言うなかれ(笑)。太陽の3時方向、画像の右端に近いところに一際鮮やかな人魂のように見える光彩が幻日だ。「ソラの神様の粋な采配 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight日没間際なので赤味が強いものの光彩がきれいに分散している。...

  •  10
  •  0