FC2ブログ

Category短歌 1/6

たまには苦手な心象風景っぽい写真を撮ってみる

「ある飛翔(その20) / Like a Psychological Landscape Picture」 Sony Xperia XZ1, f8, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 昨日の記事で、永塚貞さんの「草原に五歳の君をよびだして遊ぼう大人の君に内緒で」という一首について、皆様の率直な解釈や感想をお願いしたところ、多くの真摯なコメントを頂戴した。同じ見解に意を強くしたり、ユニークな発想にはっとさせられたり、楽しく拝読させていただいた。読んだ瞬間、その一首...

  •  18
  •  0

短歌を読んだ瞬間、解釈は「詠み手」から「読み手」のものになる

「朝開暮落の人生だっていいじゃないか」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight トップ画像は先月の夕刻少し前、西の空に出ていた何やら妖しげな雲だ。下層に見えるのは明らかに波状高積雲だが、背景になっているダークな領域は空ではなく雲だ。おそらく高層雲だと思うが、あまり見かけない光景だ。先日の産経新聞に「没後10年・~家族を歌う~第9回河野裕子短歌賞」の入賞作品が掲載...

  •  17
  •  0

【再掲】 君に架ける橋 ── とりとめもなく橋の話を書いてみる

「君に架ける橋」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/250sec., ISO100, WB:Daylightここ数年で見た一番鮮やかな「空とつちとにかかる橋」。期待できそうな状況だったが、結局右半分だけの出現に終わった。 いつもお邪魔している我が故郷釧路在住の写真家さゆうさんのサイトで、霧に煙る久寿里くすり橋とカモメの向こうから朝陽が昇る写真を見た。懐かしさがこみ上げて来て、強い望郷の念に駆られた。久寿里橋と...

  •  16
  •  0

しーちゃんのまなざし ── いつものクール ひたすらやさし

「クールでやさしい空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight「しーちゃんのまなざし ── いつものクール ひたすらやさし」どうだった? 僕の目を射るまなざしはいつものクールひたすらやさし「新のつく」駅 ~「つかない」駅へ 一駅ひとえきの永遠に着くなと願った旅路その声を 「予定は未定・・・」 聞きたくて 話をしつこく振ってみる僕匂い立つ麦藁帽子一つ手に熱の子のごとバザ...

  •  8
  •  0

横にTwistする雲たち ── 縦にTwistするとヤバいんだけど

「横にTwistする雲たち」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO400, WB:Daylight 昨日は終日快晴だったので、ソラ屋的には骨休め出来た一日だった。で、今日は朝から妖しげな帯状の雲が湧いては消え、湧いては消えしていた。何だろう? トランスバースラインだろうか・・・。午前中は無視して、仕事に専念していたんだけど、午後になるとさすがに気になってベランダへ出てみた(笑)。まあ、特筆すべき...

  •  10
  •  0

花野には葛ばかり、俺の人生はクズばかり

「花野には葛ばかり、俺の人生はクズばかり」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight 仕事が終わって一杯飲っている時に、無性にラーメンが食いたくなることがある。俺は無類のラーメン好きなんで当然といえば当然なんだけれど、そういう時はどうするか? もう飲んでいるから車は出せないし、歩いて行けるようなところには贔屓のラーメン屋なんてないからさ。まあ、こういうご時世でも...

  •  16
  •  0

【再掲】 「ロウ・アンド・ロウ、ロウ・アンド・ロウ」よりも「キャッチ・ロウ、キャッチ・ロウ」の方がいいんじゃないのかなあ ── まあ、とにかく頑張ろうぜ!

「ヨレヨレのハートを貫き損ねたヘロヘロの矢」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f5.6, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight 〽たとえば男は阿呆鳥 たとえば女はわすれ貝 真っ赤な潮うしおが満ちる時 失くしたものを想い出す・・・。歌の文句じゃないけれど、この世にゃ男と女だけ。歌人あり、文筆業なれど畑違いの人あり、素人ありの玉石混淆のミニミニ・アンソロジーなんだけれど、男と女に纏わる俺のお気に入りの...

  •  34
  •  0

ますます濃いめに ── 限りなくロックに近いハイボールを飲ってみる

「濃いめの黄昏には濃いめのハイボールで」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight 朝からしとしと雨模様。台風の上陸の可能性はほぼないようだが、こういう鬱陶しい雨を御見舞いしてくれるとは、往生尾際悪いじゃないか、14号さんよ(笑)。 今日は土曜日なんだけれど、午前中は仕事をして、午後からはいろいろとプライベートな懸案を片付けた。何だかゆるゆると過ごす気分じゃなく...

  •  18
  •  0

憂いの淵の彼岸にて

「憂いの淵の彼岸にて」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight寝そけた明け方の東のソラ「憂いの淵の此岸にて」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight寝そけた明け方の西のソラ 昨日に続いて「寝そけた明け方」シリーズの画像から二葉ご紹介させていただきたいと思う。黎明の同じ時刻の東と西のソラの光景だ。どちらも波状というか帯状...

  •  10
  •  0

長月の枇杷色の望月を待ちながら ── 結局しこたま飲むんだけど

「長月の望月を待ちながら #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/125sec., ISO400, WB:Daylightこれは何だ? と思われるかも知れないが薄明光線だ。「長月の望月を待ちながら #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight 今日の関東地方も涼しかった。俺のところでは、最高気温が27度を下回っていた。おまけに午後からは雨が降ったり止んだりの天気で、時折遠雷も聞...

  •  12
  •  0