FC2ブログ

Category言葉遊び・気になる言葉 1/3

【改訂版】 将棋を「打つ」なんていわれると「鬱」な気分になるんだよ!

「ご無沙汰しています #4」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight昨日の幻日の画像から新たに一葉ご紹介させていただきたい。昨日掲載画像と順序は逆になるが、まずはこんな感じで現れた。 いつも「酒とソラの日々」へご来訪いただきましてありがとうございます。プライベートな事情がありまして、数日の間皆様のところへご訪問出来なくなるかも知れません。何とぞご容赦の程お願い...

  •  10
  •  0

ちょべっとだけ北海道弁の「ちょべっとだけ」について語ってみるべさ

「青天の光と影 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight飛行機雲が巻雲に転生して、そこに「飛行機雲の影」を生じた。そして「くの字」形に曲がったところを境に、影の出現位置が上下に入れ替わっている。おまけに22度ハロと波状巻層雲が交差するなんて、ソラ屋だけが勝手に興奮する世界が展開されていた(笑)。「青天の光と影 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM,...

  •  10
  •  0

【緊急再掲】 真っ赤な嘘ほど真実っぽい顔を装っている ── 言葉のトリックとレトリック

「この雲は画像のレトリック(=レタッチ)を一切用いておりません」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylightモノクロでもモノカラーでもなく、レタッチもしていない。こういう色に染まった層積雲が、西の空を覆う夕方だったというだけのことだ。絵柄的には面白くないけれど、たまにはこういうのもいいんじゃないだろうか。 昨日の記事「嗚呼、蒼穹の飛行隊 / The Squadron in the Blu...

  •  10
  •  0

【再掲】 「白山」って世界中にあるんだよ ── 人間の発想って結局同じなんだなって話を書いてみる

白山(日本・石川県/岐阜県・標高2,702m)画像出典:焼きサバ定食 氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。アルプスの白山「モンブラン」 "Mont Blanc"(フランス - イタリア・標高4,810.9m)画像出典:「モンブラン」(2019年7月24日 (水) 01:20 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 Ximonic, Simo Räsänen氏を著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下...

  •  12
  •  0

【再掲】 なにしやがんでぃ! ── 私怒ってます!

「『光環』か『彩雲』かそれが問題だ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight「光環」や「彩雲」は太陽のすぐ周辺に出現するので発見し難そうに思えるが、一度コツを覚えると見つけるのは意外と簡単だ。ただ強い太陽光を眼に入れないように注意が必要なことは言うまでもない。このカットは間違いなく「彩雲」だと思ったのだが、よくよく見ると光彩が同心円を描いているので「光環」...

  •  14
  •  0

【再掲】 「言わざる、おえない」に対して「言わざるを、えない」のだ!

"Bloody Red Clouds" Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f5.6, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight トップ画像は、"Bloody Red"に染まった夕焼け雲だ。たまに夕焼け雲がこういう色合いになることがある。「茜色」とかなら字面的にも趣があるし、何の問題もないのだが「血の色」とはちょっと書き難い(笑)。しかし、これはどう見ても「血の色」だし「血」という言葉にはこだわりたい・・・。こういう場合...

  •  18
  •  0

【再掲】 表とか裏とか言うけどさ、一体何が表で何が裏なんだ?

「渓流の星ヒメレンゲ」 Canon EOS 620, EF28-80mm F2.8-4.0L USM, f16, 1/2sec., Ektachrome E100SW 本稿は、昨年5月に掲載した記事に加筆修正を加えたものであることをお断りしておく。 上掲の画像はヒメレンゲという花だ。水飛沫が絶えず降りかかるような岩場にへばりつくようにして咲いている姿は可憐そのものだ。ヒメレンゲは、その名の示すとおり一つ一つは小さな花なのだが、群生して咲くので遠目には黄色い塊のようにも...

  •  12
  •  0

【再掲】 とりなうたはうつくしい・はなしうたうとりはいくつ ── アナグラムの傑作を紹介してみる

「異形のものたちが見せる空の奥行き」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11 1/250sec., ISO100, WB:Daylight積雲の向こうに巻雲というちょっと珍しいコンビネーション。太陽もPL効果が最大限に効く位置だったので空の奥行きと立体感のあるカットとなった。「アンチPL病」の感染者の眼には何ともおぞましい絵に映っていることだろう(笑)。 今日は忙しい日だった。本当は出かけたくなんかないんだけれど、仕事絡み...

  •  13
  •  0

「天使が通る」 ── 俺の好きなフレーズ

「黄昏れても、自分が黄昏れないために俺は飲む #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight「黄昏れても、自分が黄昏れないために俺は飲む #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight 昨夜はちょっと祝杯と称して飲り過ぎてしまったかも知れない。今朝起きた時「今日はちょっと控えとこうかな」なんてことを思ったからさ(笑)。それでい...

  •  8
  •  0

【再掲】 「マロニエ」は素敵だけど「トチノキ」はダサいですか?

「月姫様薄化粧」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM + EXTENDER EF2×, f11, 1/125sec., ISO800, WB:Daylight 今日は暑かった。俺の住んでいる埼玉県北部では最高気温が34度まで上がった。このまま梅雨をパスして、一気に夏になってほしいと切に願ったよ(笑)。一年で一番日の長い時が雨の季節だなんて、日本の気候の最悪から二番目に悪いシーズンの始まりだ。え、最悪は何かって? それは秋に決まってるよ(笑)。 この...

  •  12
  •  0