FC2ブログ

Category自然 1/1

[三訂版] 「ウスユキソウ」が「日本のエーデルワイス」ではなく「エーデルワイス」が「西洋ウスユキソウ」である理由(わけ)

ハヤチネウスユキソウ (上左) ・ セイヨウウスユキソウ (エーデルワイス) (上右)オオヒラウスユキソウ (下)出典(写真左):「ハヤチネウスユキソウ」(2017年9月16日 (土) 12:37 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 Qwert1234氏を著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスのもとに利用を許諾されています。出典(写真右): 「セイヨウウスユキソウ」(2019年5月18日 (土) 0...

  •  18
  •  0

春愁はもう落としたはずだから、今はちょっと黄昏れているだけなんだよ

「ある飛翔(その9)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125sec., ISO400, WB:Daylightこのカットは、乳房雲、環水平アーク、尾流雲が出現した「お祭り日」の日没直後の「真性な」黄昏の光景だ。ベランダで飲るモヒートもどきスペシャルが殊の外美味かった。 昨日までの夏のような天気が一変、今日は気温が22度までしか上がらず肌寒さを感じる一日だった。5月上旬の22度といえば平年並の気温なんだけど、これ...

  •  16
  •  0

これもエレクチオンの一種なんだろうか?

「光は回り込む ── 前へ行きたいんだよ、光だって」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight美しい巻積雲には美しい光環が出現する。当たり前のことだけど。 昨日みたいな記事を書くと、女性のみなさんがサーッと引いて行くのを感じて少し寂しかった(笑)。俺はただ、歌集の変わった装丁のことを書きたかっただけなんだよね。ごめんね。ぜんぜん懲りてないけど(笑)。 先日、いつ...

  •  8
  •  0

生き残るって大変なんだよ ── 神様に"Selection"の対象にされないようにね

「倒木更新 ── 親を糧に親を乗り越えて」画像出典:"Nurse Log"(2019年5月29日(水)16:37 UTCの版)『ウィキペディア英語版』 TJ Watt 氏を著作権者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。 英語の"Selection"という単語の意味はご存じだと思う。そう「選択」「選抜」とか「精選」という意味だ。そこから転じて「えり抜きの品々」や「選集」...

  •  2
  •  0

行合の空に想う ── セミの一生ってそんなに悪くはないんじゃないかな

「行合の空に想う」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight巻雲(奥側)と積雲(手前側)のコンビネーション。春夏秋冬いつでも現れるありふれた空の光景だが、晩夏に見られる時だけ「行合の空」なんて呼んだりする。雲たちは別に行き合ったりしていないんだよね・・・なんて、どうしても憎まれ口を叩きたくなってしまう。俺の大好きな巻雲ってお前のことじゃない、この秋め!「蝉の脱皮...

  •  7
  •  0

これが正解です!── 最高記録更新!さて、スズメさんたちは何羽?

これが問題図ですこちらが解答図です エントリーいただいた皆様、エントリーはしていないが秘かに解答を胸に秘めている皆様、大変お待たせしました(笑)。いよいよ正解の発表です。正解は23羽でした!8番、14番、18番あたりが難しかったと思います。この記事以前にも機会あるごとに約50名くらいの方に出題しているのですが、正解者は6名だけでした。やはり圧倒的に多かったのは18番を見逃して22羽とする解答でした。ということで...

  •  4
  •  0

【再掲】 最高記録更新!さて、スズメさんたちは何羽?

「みんな、今日何して遊ぶ?」「おい坊主、遊んでなんかいられねーんだよ!」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f8, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight以前から隣家のアンテナにスズメが何羽止まっているか、まあ「気がついたら」というレベルだが、記録を取っている。この日は見事過去の数字を大幅に更新する新記録となった。そっと窓を開けたのに意地の悪いのが二羽逃げてしまったので、本来なら「正解+2」が正し...

  •  6
  •  0

[二訂版] ウスユキソウは「日本のエーデルワイス」なのか?

ハヤチネウスユキソウ (上左) ・ セイヨウウスユキソウ (エーデルワイス) (上右)オオヒラウスユキソウ (下)出典(写真左):「ハヤチネウスユキソウ」(2017年9月16日 (土) 12:37 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 Qwert1234氏を著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスのもとに利用を許諾されています。出典(写真右): 「セイヨウウスユキソウ」(2019年5月18日 (土) 0...

  •  6
  •  0

最高記録更新!さて、スズメさんたちは何羽?

「みんな、今日何して遊ぶ?」「おい坊主、遊んでなんかいられねーんだよ!」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f8, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight以前から隣家のアンテナにスズメが何羽止まっているか、まあ「気がついたら」というレベルだが、記録を取っている。この日は見事過去の数字を大幅に更新する新記録となった。そっと窓を開けたのに意地の悪いのが二羽逃げてしまったので、本来なら「正解+2」が正し...

  •  8
  •  0

「渓流の妖精」カワネズミくんとの素晴らしい遭遇

「渓流の妖精『カワネズミ』」 このようにゆったりと泳ぐ姿が撮影されることは大変珍しく貴重な写真である。画面左側の細長い茶色のものは一見小枝のように見えるがカワネズミの尻尾で、おそらく泳ぐ時のバランスを取ったり舵の役目をしているのではないかと想像する。出典:「信州(長野県)中央の自然(野鳥、山野草、風景)」に掲載されているこの作品は著作者である「アルプスの風花」氏の許諾を得て転載しています。 カワネ...

  •  2
  •  0