FC2ブログ

Category本と読書 1/2

続・帯って本の一部なんだよ!── なんてしょーもない話を書いてみる

「一見ただの雲に見えますが・・・」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight実は尾流雲(降水条)のオンパレードなんだよね。上部の下へ垂れ下がる白い筋、中央に微かに見えるシルエットの黒い筋は、雲から地上には届かない雨が降っている証なんだね。 先日「帯って本の一部なんだよ!」なんてヨタ記事を書いたら、心優しき読者のみなさまから「うん、そのとおり」とか「わかるよ。私...

  •  10
  •  0

帯って本の一部なんだよ!── なんて与太話を書いてみる

「"Rib Bone"な巻雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylightちょっとはっきりしないが「肋骨雲」という巻雲の変種だ。この雲の名称に限ったことじゃないけれど、理科系のエラい先生ってどうしてこうネーミングのセンスが欠如しているんだろう。 気になっていた歌集を購入した。もちろんビンボー人なので古書でだよ。届いてガックリ、帯が付いていねえ・・・。これがネットで...

  •  12
  •  0

アースキン・コールドウェルの『苺の季節』を訳してみる [Part 2]

画像出典:涼風 氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。 先日の記事「君の胸で野いちごをつぶしてみたかった ── 北海道のワイルド・ストロベリー」で少し触れていた、アースキン・コールドウェルの短編小説『苺の季節』の自主翻訳の第2回(完結編)である。短篇小説というより、紙面にして2~3ページのショートショートとか掌編(しょうへん)小説とでもいうべき小品なので、お時間のある方はご一読いただければう...

  •  6
  •  0

アースキン・コールドウェルの『苺の季節』を訳してみる [Part 1]

画像出典:涼風 氏撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。 先日の記事「君の胸で野いちごをつぶしてみたかった ── 北海道のワイルド・ストロベリー」で少し触れたアースキン・コールドウェルの短編小説『苺の季節』を2回に分けてご紹介してみたいと思う。既にある翻訳を全部転載すれば、それはもはや引用ではなくなるし、何かと面倒なことになりそうなので、無謀の誹りは承知の上で自分で翻訳してみることにした。短...

  •  4
  •  0

「人生を変えた一冊」について語ってみたいけど、人生変えるのが面倒くさい・・・!

「バーナード嬢 こと 町田さわ子嬢」画像出典・記事タイトル引用:『バーナード嬢曰く。』第3巻(施川ユウキ著/一迅社/2016年刊)ご存じでない方のために少し説明すると施川ユウキ氏作『バーナード嬢曰く。』は、ヒロイン町田さわ子と三人の友人が図書室に集い、様々な名著や作家あるいは読書スタイルやエピソードなどについて時には熱く時にはクールに語り合う書評・読書ウンチク・コミックの大傑作である。私が贔屓にしている神...

  •  6
  •  0