FC2ブログ

Category詩 1/8

【改訂版】 Advice to a Girl / 女の子へのアドバイス [覚えておいてね、この真理を ── サラ・ティーズデールの詩を訳してみる 第6回]

"Windy Has Stormy Eyes" Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight擾乱を予感させる午後遅い空。フレーム中央やや下の明るい帯は、逆光を受けて輝くかなとこ雲の雲頂部だ。もやもやと「かなとこ巻雲」が沸き立つように分離して行く。いつ見ても心躍る光景だ。 先程から防災放送が、繰り返し「外出したまま家に戻らない老人」の特徴と服装、そして情報提供を呼びかけている。早...

  •  12
  •  0

【ブログ開設二周年記念祭・改訂版】 There Will Come Soft Rains / 優しく雨ぞ降りしきる [暁にめざめし春の女神すら我らが去りしことをばそれと心づかざらん ── サラ・ティーズデールを訳してみる 第1回]

「人のうからのなべて絶え果つるとも、 小鳥も草木も空も雲も、これに心掛くることあるまじ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 最初にお断りさせていただきますが、本記事はダラダラと長ったらしく、また再掲・改訂版ということでもありますので、適当に読み飛ばすか拾い読みしてください。ただ、森優氏の訳詩『優しく雨ぞ降りしきる』が、もし未読ということでしたら是非とも...

  •  14
  •  0

男の子と女の子って何でできてる? ── マザーグースから一篇を読んでみる

「ナノスケールの擾乱が起こっている空 (その2)」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f16, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight 本日、山口県でほぼ全周に近い外接ハロが出現したらしい(参照:「全周外接ハロ」)。うらやましい限りだ。俺のところでも、午後巻層雲が広がって来たので少し期待したが、ごく淡い外接ハロの上部が出現しただけに終わった。 トップ画像は、昨日の「ナノスケールの擾乱が起こっている空」...

  •  8
  •  0

【改訂版】 オスはだいぶ無理をしているのか?

「"薄明光線"のネガみたいなので"濃暗影線"と呼んでみる」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylightもちろんその正体は「雲の影」なんだけれどね。「カッコつける」山崎恵美子ムンクイトマキエイは海面から宙に高くジャンプするなぜかってメスにアピールするためにカッコつけちゃって自然界の理ことわり時としてオスはだいぶ無理をする出典:『朝の詩(うた)』 ...

  •  14
  •  0

ベッケルはバーボンなんかよりずっと酔える 第1回

「VHFアンテナのある空景 (その16) ── エビフライと目玉焼きが食べたくなった日」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今宵は、スペインの国民的詩人グスタボ・アドルフォ・ベッケル(Gustavo Adolfo Bécquer, 1836年2月17日 - 1870年12月22日)の作品をご紹介させていただきたいと思う。以前にも何度か、ご紹介したこともあるのでご存じかも知れないが、高校時代の俺はベッ...

  •  14
  •  0

【改訂版】 「君でいい」と 「君がいい」の間はとてつもなく離れている!

「さりげなくマルチレイヤーな雲たち」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight二層に重なる層積雲。はるか上空には巻雲。そして地平付近に広がるのは巻層雲だ。で、これが結論! 「俺はしーちゃん"が"いい!」。 本稿は、令和元年/2019年8月19日に掲載した記事に加筆修正したものであることをお断りしておきたい。「助詞ひとつ」小山肇美「冷奴でいい」と言う人よ「冷奴が...

  •  12
  •  0

Another Spring / また来る春 ── クリスティーナ・ロセッティの詩を読んでみる 第8回

「やさしい光、やわらかい雲 #1」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylightロールパンかコロネか、はたまたクロワッサンか・・・。俗人なので食い物にしか見えないのです。「やさしい光、やわらかい雲 #2」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylightこのやわらかい光を演出しているのは、全天に広がったディフューザーの役目をしている巻層雲...

  •  10
  •  0

名前・手紙・物干し場 ── 『一冊の小瓶/朝の詩』から磯貝裕美さんの詩を読んでみる 第12回

「VHFアンテナのある空景 (その14) ── 一斉に翻る巻積雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight[追記:令和3年/2021年3月18日] 昨日、磯貝裕美さんご自身から頂戴したコメントで「名前」という作品について触れておられました。私は「手紙」と「物干し場」を並べてご紹介したい、そればかり考えていて、この大切な作品のことを失念していました。詩人磯貝裕美の熱烈なファンを...

  •  22
  •  0

それは俺にとって「ハイボール」に違いないと気づいて、二杯めのハイボールを飲んだ

「尾流雲──それぞれのドラマ #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight気流に煽られ、足早に頭上を通過する巻積雲の尾流雲群。「尾流雲──それぞれのドラマ #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight消散間近な巻積雲の尾流雲。 昨夜は午前1時という異常に早い時間に寝てしまったので、朝7時過ぎにはもう目が覚めてしまった。別に無理...

  •  34
  •  0

Boats Sail on the Rivers / If All Were Rain and Never Sun ── クリスティーナ・ロセッティの詩を読んでみる 第7回

「天空からのエール (その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF16-35mm F4L IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight主虹・副虹・過剰虹が勢揃いした大アーチ。惜しむらくは、副虹がもう少し鮮やかだったらというところだが、そこまで望むのは贅沢と言うものだろう。「天空からのエール (その4)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight「副虹」が一番鮮やかな時のカット。「主虹」(右下...

  •  12
  •  0