FC2ブログ

Tag22度ハロ/内暈 1/4

人の本を濡らすんじゃない! ── 濡れてよいのは「春雨に月形半平太」だけだよ

「VHFアンテナのある空景 (その19) ── 気は心の大気光学現象」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 昨日の記事で「本が水濡れすることほど嫌いなことはない」ということを書いたら、イオママさんから、友人に貸した大切にしていた「カクテルの本」が、水濡れでぶわぶわに波打った状態で返されたという悲しいコメントが投稿されていた。俺も過去記事で何度か採り上げているんだ...

  •  14
  •  0

あんたからソラを取ったら「ソラっぽ」・・・いや「空っぽ」人間になってしまうでしょ?

「飛行機雲は千変万化である」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f16, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight トップ画像にちょっとご注目いただきたい。実はここに写っている雲は、全て飛行機雲由来の雲なんだよね。ざっと数えただけで、少なくとも8本の飛行機雲もしくはそのなれの果てが写っている。この状態は、まだ空の一部を占めているだけだが、それぞれの雲がどんどん広がって空の大部分を占めることもある。巻雲...

  •  10
  •  0

寝落ちしちまった悲しみに、飲んだくれて夜が更ける

「VHFアンテナのある空景 (その11) ── 外接ハロ曰く。そろそろ『上部タンジェントアーク』と呼んでください!」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylightこの時の太陽高度は32~33度。限りなく「上部タンジェントアーク」に近い「外接ハロ」だ。微かに「22度ハロ」も確認できる。「VHFアンテナのない空景 ── 飛行機雲曰く。VHFアンテナや雀に負けてたまるか!」 Canon EOS 5Ds R, EF...

  •  10
  •  0

ゾロ目の野暮と野望 ── 単なる数字の組合せに、何故ここまで魅了されるのか

「VHFアンテナのある空景(その7)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight「毛状巻層雲とオーレオールのような22度ハロ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今日の埼玉県北部地方は、最高気温が17度まで上がって、本当に春のような陽気だった。もちろん、これからも一進一退はあるだろうが、冬と春のせめぎ合いが始まっている、そ...

  •  8
  •  0

ちょべっとだけ北海道弁の「ちょべっとだけ」について語ってみるべさ

「青天の光と影 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight飛行機雲が巻雲に転生して、そこに「飛行機雲の影」を生じた。そして「くの字」形に曲がったところを境に、影の出現位置が上下に入れ替わっている。おまけに22度ハロと波状巻層雲が交差するなんて、ソラ屋だけが勝手に興奮する世界が展開されていた(笑)。「青天の光と影 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM,...

  •  10
  •  0

祝! 令和3年初幻日祭

「祝! 令和3年初幻日祭 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylightまずはこんな感じで現れて・・・。「祝! 令和3年初幻日祭 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight幻日環が最も伸びた時のカット。「祝! 令和3年初幻日祭 #3」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight光彩が最も鮮やかな時のカ...

  •  14
  •  0

昼飯に、おそらく今年最後になるであろう「チャーシューメン大盛り+ライス」を食して来た ── そこで、晩飯は「かしわ抜き」をこさえることにした

「VHFアンテナのある空景 (その6)── おそらく令和2年最後の22度ハロ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 世間並みにせめて明日くらいから休みたいと思っているんだが、貧乏暇無しでどうも難しそうな情勢だ・・・なんて、自業自得なんだけれどね(笑)。今日は、所用で外出したついでに、贔屓のラーメン屋でおそらく本年最後になるであろうチャーシューメン大盛り+ライスを食して...

  •  14
  •  0

冬至を待つ ── 初冬の宵の空のさやけさ

「私、上端接弧と申します #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight「私、上端接弧と申します #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今日は祝日だったんだね。「勤労感謝の日」・・・。俺も一応勤労しているんだけど、昼前まで普通に仕事をしていて全然気がつかなかったりして(笑)。もちろん、即刻仕事を止めて昼酒モードに入...

  •  16
  •  0

短日の外接ハロはぼうっとしていた ── それを撮る俺はもっとぼうっとしていた

「上部タンジェントアークへ移行中の外接ハロ #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight「上部タンジェントアークへ移行中の外接ハロ #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 昨日の続きで、昼過ぎに出現した外接ハロの上部の画像を二葉ご紹介させていただきたいと思う。この時点の太陽高度は約35度なので、そろそろ外接ハロが上部...

  •  12
  •  0

本当に大切なものはさりげなく存在している

「そうか、今日は君らだけか ― 22度ハロとオーレオールが見える光環」 Canon EOS 5Ds R, EF 24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight「そうか、今日は君だけか」と何気なく撮った22度ハロ(内暈、うちがさ)のカットにその時は全く気がつかなかった光環がはっきりとに写っていた。よく見ると太陽を薄い毛状巻層雲が覆っていて、花粉光環でもないのにオーレオール(aureole, 光環の一番内側の青白い環)がは...

  •  12
  •  0