FC2ブログ

Tag高積雲 1/12

「ブルーマンデー」+「梅雨入り目前」なので、どんどん愚痴を書いてしまう

「何があったのかはわからないが、魅了されることだけは確かな空 (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今日の関東地方は朝からウジウジ、ウダウダ、降るんだか降らないんだか一向にはっきりしないお天気だった。日中は、かなり気温も高く湿度も上昇して蒸し暑く「日本のシベリア」道東で生まれ育ち、湿気が大の苦手の俺にとってはかなりきつかった。なので、窓を開けた...

  •  10
  •  0

明日から世間並みに連休突入 ── でも、連休前夜が一番楽しい

「何があったのかはわからないが、魅了されることだけは確かな空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO250, WB:Daylight トップ画像は、先日掲載した「波状雲と蜂の巣状雲の微妙な関係」の全体像だ。気がついた時には既にこの状態で、一瞬どうなっているのか、訳がわからなかった(笑)。中央の楕円形の穴は、もしかしたら「穴あき雲」かとも思ったが、どうも様子がおかしい。ちなみに雲自体は高積...

  •  4
  •  0

ある日森の中熊さんに出遭った、きれいな沢の径熊さんに出遭った

「それぞれに忙しく、それなりに妖しい空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight飛行機雲がその影を生じ、雲塊を縫うように上になり下になり進んでいる様子に注目されたい。 山や沢では事故や遭難は絶対に避けなければならないが、こちらがどんなに細心の注意を払っていたとしても避けられないのが野生動物との遭遇だ。俺が、今ではホームになっているR山系の滝探訪を始めた頃の話を...

  •  18
  •  0

積雲が悠々と空を流れ行く一日を、俺はバタバタと地上を走り回るのであった

「同定の楽しみと苦しみ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight トップ画像は、先週撮影した雲なんだが「これは、果たして高積雲(ひつじ雲・まだら雲)か巻積雲(いわし雲・うろこ雲)か?」なんてクイズは以前にもやったよね(笑)。でも、こいつにはちょっと悩んでしまった(笑)。この画像の撮影焦点距離は30mmなので、垂直画角は約45度だ。そこから推察するとこの雲の一粒一粒...

  •  10
  •  0

見ずや夕暮れ、春のうららの空の川

「見ずや夕暮れ、春のうららの空の川」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight「お空の川」なので、ちょいと捩じれたりしているが、そこはご愛嬌(笑)。 最近の休みの日は、すっかり「お布団読書」が恒例行事になってしまったようだ(笑)。しかし、よく考えてみたら、これって本来は「晩冬から春にかけての行事」だったんだよね(笑)。ちょっと後ろめたい気持ちに襲われたりすると...

  •  12
  •  0

The Day of OMOWASEBURI & KATASUKASHI ── ソラの神様に翻弄された一日

「波状雲と蜂の巣状雲の微妙な関係」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight蜂の巣状雲に遷移中の波状高積雲。この日の空では、もっと広範囲に渡って興味深い現象が起こっていた。近日中に詳報として書いてみたい。 今日は恒例のお布団読書三昧を決め込んでいたんだが、早朝から何やら空が妖しい(笑)。シーラスストリークと思われるジェット巻雲がどんどん流れて来るので、本を読...

  •  11
  •  0

うん、いろいろあるよね ── 春だというのに、金曜日だというのに

「The Gentle Colors ── 蜂の巣状雲に出現した光環」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f16, 1/4000sec., ISO100, WB:Daylight光環も出現する雲によって様々な色調や形状を見せてくれる。おそらく、蜂の巣状雲であるが故のこのやさしいトーンの光環は、俺がもっとも気に入っている光環の中の一枚だ。明瞭なオーレオールにも注目してほしい。 まず昨日の記事タイトル「ベッケルはバーボンなんかよりずっと酔える」...

  •  8
  •  0

ベッケルはバーボンなんかよりずっと酔える 第1回

「VHFアンテナのある空景 (その16) ── エビフライと目玉焼きが食べたくなった日」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今宵は、スペインの国民的詩人グスタボ・アドルフォ・ベッケル(Gustavo Adolfo Bécquer, 1836年2月17日 - 1870年12月22日)の作品をご紹介させていただきたいと思う。以前にも何度か、ご紹介したこともあるのでご存じかも知れないが、高校時代の俺はベッ...

  •  14
  •  0

冷たい雨のそぼ降る中、俺は頑張った ── 昼酒飲ってもいいよね

「蜂の巣状雲に出現した光環」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/4000sec., ISO100, WB:Daylight 上掲の画像は、高積雲の蜂の巣状雲に出現した光環だ。蜂の巣状雲とは、高積雲や巻積雲内に発生した下降気流によって、一つ一つの雲片に生じた穴が蜂の巣の様に見えることがその名の由来だ。穴は次第に広がり、この雲は早晩消えゆく運命にある。画像一杯に広がる高積雲が、下から上の方へ向かって、徐々に蜂の巣...

  •  18
  •  0

"Swing"に酔い痴れていたら"Quake"で酔いが覚めた宵

「VHFアンテナのある空景 (その15) ── 同心円を描く波状高積雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 楽しい楽しい土曜の宵、まあ、明日は朝早くから嫌な仕事が待っているんだが、それはそれとして置いておく(笑)。久々に"Swing Jazz"の空前絶後の交歓セッションを収録した不滅の名盤 (といってもレコードでもCDでもない電子化された音源だが)"First Time! T...

  •  12
  •  0