fc2ブログ

Tag穴あき雲 1/2

特別臨時便の乗客は誰なんだろう? ── 盛夏日記 令和五年八月三日(木)

「黄昏発黄泉(こうせん)行 特別便臨時」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO400, WB:Daylight 本日のトップ画像もちょいと面白いヤツだ(笑)。画像中央部を斜めに横切るかすかに朱を帯びた光の条すじは、飛行機雲でもなければ消滅飛行機雲でもない。実はこれを見た時、咄嗟には何が起こっているのか分からなかったんだが、日没直後の地平線下の太陽から伸びて来た一条ひとすじの薄明光線が、高積雲...

  •  8
  •  0

うん、わかる 大好きという意味だよね ── 小暑日記 令和五年七月十五日(土)

「遅い午後の異変」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、ちょいと面白いんだよね。さて、親愛なるフォロワー・読者諸兄姉の皆様方、この画像には雲の暗部と明部がパッチワークのように写っているんだが、その暗部には二種類ある(笑)。一つは巻積雲に生じた「穴あき雲」で、もう一つは太陽光が透過していない「暗雲」だ。つまり後者は紛れもない雲なんだが、前...

  •  2
  •  0

たまにはソラ屋らしい記事を書いてみたりして ── 小暑日記 令和五年七月七日(金)

「尾流雲さん、早くも夏バテか?」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight穴の中央に見える雲塊をよく見ると、刷毛のような細かなすじを垂らしているのがお分かりいただけると思う。つまり、この雲塊は「尾流雲」を生じているということなんだが、穴あき雲の形成時にはよく見られるパターンである。また、雲塊同士にたまたま生じた単なる隙間や空間のことをニックネーム的に「穴あき雲」と...

  •  6
  •  0

封切れば匂い立つブーケ ── 新々・夏待日記 令和五年六月十六日(金)

「黄昏の椿事 ── ソラに穴が空いたという訳ではありませんが」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight穴の周囲や暗部の雲片が尾流雲となっていることに注目されたい。 本日のトップ画像は、最近ボツにしてしまった高積雲(ひつじ雲)に生じた「穴あき雲」の画像なんだが、ちょっと不憫に思ったので急遽引っ張り出してやることにした(笑)。ボツにした理由は、本来主役であるべきの穴あ...

  •  36
  •  0

せめてこのソラの思い出に ── 新・夏待日記 令和五年六月十日(土)

「午後の椿事 ── ソラに穴が空いたという訳ではありませんが (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、高積雲(ひつじ雲)に生じた「二連の穴あき雲」をご紹介させていただきたいと思う。特に左側の方の穴にはもやもやっとした雲塊が見えていると思うんだが、これは尾流雲だ。実は、この尾流雲こそが雲に穴を空けて行く実行犯というか原動力に他ならない...

  •  14
  •  0

僕の危ういレゾンデートル ── 新・夏待日記 令和五年六月七日(水)

「午後の椿事 ── ソラに穴が空いたという訳ではありませんが」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、五月末のある日の午後遅く、高積雲(ひつじ雲)に出現した「穴あき雲」だ。この日は午後から穴あき雲らしきものが出かかっては消えたりしていたんだが、あまりパッとしたものにはならず半ば諦めかけていたんだよね。ところが、午後5時前になって、全く想定外のところに...

  •  11
  •  0

実子も継子もおりますが ── 続々・夏待日記 令和五年五月二十二日(月)

「感激の間隙」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight"間隙"がずっと右方向に伸びていて、24mmでは全体が収まらなかった。 昨日に続いて本日も、未掲載の蔵出し画像から巻積雲(うろこ雲)に生じた「穴あき雲」をご紹介させていただきたいと思う。「感激の間隙かんげき」などとふざけた画像タイトルをつけてしまったんだが、少々距離があったので細長い間隙すきまのようにみ...

  •  10
  •  0

Parce que Je suis un Homme! ── 新々・残暑日記 令和四年十一月十四日(月)

「空きそうで空かない高積雲 (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 我ながら連日しつこいと思うんだが、本日も"あの日"の「残念作(その3)」をご紹介させていただくことにした(笑)。もう決めちゃったから、ここまで読んじゃった不幸なフォロワー・読者諸兄姉の皆様は、何かの因縁だと思って最後までお付き合い願いたい(笑)。実に思わせぶりな弧状の空隙が一...

  •  12
  •  0

ドラマは何時だって突然始まる ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月十四日(木)

「ドラマは何時だって突然始まる #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight空が、いや、雲が突然割れ始めた・・・。「ドラマは何時だって突然始まる #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight高積雲−尾流雲=穴あき雲。 ある日の午後遅く、恒例の空をチェックしていたら西の空に妙に直線状に整った波状高積雲が見えた。撮影していると、波状雲...

  •  8
  •  0

雲がホールパンチされるのは理由がある ── 続々・夏待日記 令和四年二月九日(水)

「穴が空くのには理由がある #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight数箇所に穴あき雲が出現して、そこから尾流雲を生じているのがお分かりいただけるだろうか。もしかしたら、左右に広がる帯状の空間も穴あき雲かも知れない。「穴が空くのには理由がある #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60s, ISO100, WB:Daylightハート型の穴あき雲は、意外とよく見られる...

  •  14
  •  0