fc2ブログ

Tag積雲 1/9

雪の用意に種々の造作をなす事筆舌に尽くしがたし ── 続々・夏恋日記 令和六年二月七日(水)

「青少年の妄想を喚起するかも知れないベール雲と積雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、積雲に出現した「ベール雲」もしくは「頭巾雲」なんだが、正直言ってちょっとショボい。二つの積雲が前後に重なっていて、それぞれのあちこちの雲頂にベール雲やら頭巾雲を生じているため、微妙に重なり合ってかえって目立たないんだよね。ただ、フォルム的には面白い...

  •  10
  •  0

ぼうっとしてる僕の慕情よ ── 夏恋日記 令和六年一月七日(日)

「大楠の彼方、春仄かに見えて (その4)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 大楠の向こうに見えるのは、ぼうっとした空に浮かぶ積雲と飛行機雲のなれの果ての「逆さだるま」。日射しは弱いがそこはかとなく春を感じさせるそんな空景だ。どうってことのない空なんだが、淋しい夕景よりはこんなのがいいよね。 ニュースサイトを見ていたら、能登半島地震の猛烈な揺れを記録したあ...

  •  8
  •  0

Sweet Saturday Comin' Down ── 残暑日記 令和五年九月二日(土)

「黄昏発黄泉(こうせん)行 第19便」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像、黄昏発黄泉こうせん行シリーズとしてはかなり明るいし、実際問題として日没まではまだ小半時以上あるんだよね(笑)。まあ、四捨五入すれば「黄昏時」と言えないこともないので、生温かく見守ってやってほしいと思う(笑)。それよりも、この妖しげな雲たちにも是非注目してほしい(と、誤...

  •  4
  •  0

花金は杏露酒サワーで行ってみる ── 残暑日記 令和五年九月一日(金)

"Nightmarish Twin Cloud Peaks" Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/60s, ISO200, WB:Daylight ある日の日没も間近な頃、西上州方面にある雄大積雲の雲頂にちょいと面白いフォルムが見えたので望遠で撮ってみた。どうだろう。鬼か魔物の角のようにも、魔境の山の頂のようにも見えると思わないか(笑)。その手前側には、怪しげなドラゴンが周囲を警戒するように首をもたげるシルエットも見えるんだよね(...

  •  40
  •  0

情け深いソラ屋さん、今日も撮ります ── 続・盛夏日記 令和五年八月二十九日(火)

「夏のチカラ (その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 8月初旬日没間近な西天に、シルエットになった雄大積雲がむくむくと湧き上がってきた。夏の夕刻は、我が家のバルコニーから西上州方面にかなとこ雲を遠望するというのが定番なんだが、この日の雄大積雲は秩父方面へのお出ましとなった。ただ、この時刻からでは、この雄大積雲が積乱雲にまで発達したり、さらには雲頂にか...

  •  8
  •  0

Lazy Saturday for Me ── 続・盛夏日記 令和五年八月二十六日(土)

「月姫様、御成りにございます」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO800, WB:Daylight 本日も、黄昏の西上州方面の空にフォトジェニックで巨大なシルエットになったかなとこ雲が出た。バルコニーに出て50カットほど撮影して部屋に引き上げようとしたら、積雲(わた雲)の雲頂に鎮座するような「十日余りの月」が見えた。せっかく月姫様が御成りになられているので、謹んで撮影させてもらうことにした。...

  •  8
  •  0

ワーカーズハイの夜は更けて ── 盛夏日記 令和五年八月十二日(土)

「光芒、あるいは酔いどれ天使専用階段」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight ここ数日、大気光学現象はおろかこれといった雲も出ていない。今日も午前中に積雲(わた雲)が、それも扁平雲かせいぜいが並雲レベルのやつがあちこちに見えたくらいだ(筆者注:積雲は発達段階によって、扁平雲⇒並雲⇒雄大雲と呼称される)。俺は積雲が見えた時は、まず雲頂部に「頭巾雲」や「ベール雲」...

  •  8
  •  0

アイスたっぷりのソーダレス・ハイボールを愛す ── 大暑日記 令和五年七月二十五日(火)

「主張する夏」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight「俺が俺が、いや俺が・・・」などというざわめきが聞こえてくるようだ。 本日のトップ画像は、数日前の午後に撮影した聳え立つ「雄大積雲」の雲列だ。この雄大積雲は、この後「積乱雲」へと転成して行くんだが、この段階でもやる気満々の様子が伺えると思わないか。もう一点、シャドウになっていてあまり目立たないんだが、画像右下か...

  •  6
  •  0

Lone Worrier 今日もとぼとぼと行く ── 大暑日記 令和五年七月十九日(水)

"From Day to Night #12" Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO400, WB:Daylightカルト方面の皆様へ:雄大積雲列の上に見えるのは単なるちぎれ雲です。断じてUFOなどではありませんので、そこんところよろしゅうに。 38度の猛暑となった日曜日の日没の頃、上州方面に連なる雄大積雲の雲の端はが残照に映えているところを撮ってみた。そして、これはまあ「薄明光線」ということでいいんだろうが...

  •  22
  •  0

猛暑日を午睡でやり過ごす ── 大暑日記 令和五年七月十六日(日)

「梅雨明けだ! ── 物見塔から狼煙上がる」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight ある日、ソラの神様が構築した物見塔(某カルト教団の機関誌のことではない)に光芒が射し、狼煙が上がった。「おお、ついに梅雨明けだ! ソラの神様、万歳!」とやったところで目が覚めた・・・という夢を見たような、見なかったような気がする(笑)。 ということで、只今より夢想モードから正常モード...

  •  4
  •  0