FC2ブログ

Tag波状雲 1/5

「ブルーマンデー」+「梅雨入り目前」なので、どんどん愚痴を書いてしまう

「何があったのかはわからないが、魅了されることだけは確かな空 (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今日の関東地方は朝からウジウジ、ウダウダ、降るんだか降らないんだか一向にはっきりしないお天気だった。日中は、かなり気温も高く湿度も上昇して蒸し暑く「日本のシベリア」道東で生まれ育ち、湿気が大の苦手の俺にとってはかなりきつかった。なので、窓を開けた...

  •  10
  •  0

九州南部に続き、今年は5月中に続々と梅雨入り? ── 勘弁してくれよ!

「空が忙しいとソラ屋も忙しくなる #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight波状巻積雲が房状雲に遷移することなく、ダイレクトに蜂の巣状雲に転生する姿はあまり見かけた記憶がない。波状巻積雲は、一本一本がロール雲のような円柱状の構造だと思い込んでいたが、一気に蜂の巣状雲に転生しているところを見ると、どうやら違っていたようだ。ということは、もっと薄くて扁平な構造...

  •  18
  •  0

すべての人間は二種類に分けられる ── 「空を見上げる者」と「見上げない者」だ

「せめて空には彩りを (その3) ── 二重雲に出た光環」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight光環が歪んでいるのは、上下で異層の雲に出ているせいかも知れない。「せめて空には彩りを (その4) ── 二重雲に出た光環」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight上下で異層というだけではなく、幅が極端に異なる波状巻積雲の二重雲に出現...

  •  18
  •  0

空には五重になった波状巻積雲の「二重雲」 ── 食卓には四重にのっけて炊いた「舞茸ご飯」

「幾重であろうが二重雲は二重雲 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight様々な方向に多層化した波状巻積雲。一体幾重になっているのか、ちょっと数えてみてください。私は「五重」まで数えてやめました(笑)。「幾重であろうが二重雲は二重雲 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylightほとんど波状巻層雲に近い波状巻積雲の二重雲...

  •  14
  •  0

こんなご時世ですからね ── せめて空には彩りを、いつも俺にはハイボールを

「せめて空には彩りを(その1)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight「せめて空には彩りを(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight 上掲2葉の画像は、先日の目まぐるしく雲が離合集散した日に撮影した、波状巻積雲に出現した彩雲のカットだ。珍しいことに、光環ではなく明瞭な彩雲だった。この日のソラ屋サンはあまりに...

  •  14
  •  0

明日から世間並みに連休突入 ── でも、連休前夜が一番楽しい

「何があったのかはわからないが、魅了されることだけは確かな空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO250, WB:Daylight トップ画像は、先日掲載した「波状雲と蜂の巣状雲の微妙な関係」の全体像だ。気がついた時には既にこの状態で、一瞬どうなっているのか、訳がわからなかった(笑)。中央の楕円形の穴は、もしかしたら「穴あき雲」かとも思ったが、どうも様子がおかしい。ちなみに雲自体は高積...

  •  4
  •  0

The Day of OMOWASEBURI & KATASUKASHI ── ソラの神様に翻弄された一日

「波状雲と蜂の巣状雲の微妙な関係」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight蜂の巣状雲に遷移中の波状高積雲。この日の空では、もっと広範囲に渡って興味深い現象が起こっていた。近日中に詳報として書いてみたい。 今日は恒例のお布団読書三昧を決め込んでいたんだが、早朝から何やら空が妖しい(笑)。シーラスストリークと思われるジェット巻雲がどんどん流れて来るので、本を読...

  •  11
  •  0

"Swing"に酔い痴れていたら"Quake"で酔いが覚めた宵

「VHFアンテナのある空景 (その15) ── 同心円を描く波状高積雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 楽しい楽しい土曜の宵、まあ、明日は朝早くから嫌な仕事が待っているんだが、それはそれとして置いておく(笑)。久々に"Swing Jazz"の空前絶後の交歓セッションを収録した不滅の名盤 (といってもレコードでもCDでもない電子化された音源だが)"First Time! T...

  •  12
  •  0

「冬」さん、頑張る ── 春のような陽気も今日まで

「大楠の上の二重雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight画像の左右方向と上下方向に重なる波状高積雲。 トップ画像は、波状高積雲の「二重雲」で、十種雲形の変種だ。単に高さの異なる雲が二重になっているのではなく「同じ雲種の雲が二重」になっている場合にのみ「二重雲」と呼称される。キャプションでも触れているが、画像の左右方向と上下方向の波状高積雲が重なっているの...

  •  6
  •  0

ゾロ目の野暮と野望 ── 単なる数字の組合せに、何故ここまで魅了されるのか

「VHFアンテナのある空景(その7)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight「毛状巻層雲とオーレオールのような22度ハロ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今日の埼玉県北部地方は、最高気温が17度まで上がって、本当に春のような陽気だった。もちろん、これからも一進一退はあるだろうが、冬と春のせめぎ合いが始まっている、そ...

  •  8
  •  0