FC2ブログ

Tag東直子 1/3

凍空に雲散りぬるを誰か知る

「凍空に雲散りぬるを誰か知る」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight卵子を目指してひたすら突き進む無数の精子の顕微鏡写真・・・ではない。強風が吹き荒れるソラに出現した「巻積雲」の「尾流雲」だと思われる。 上掲は、昨日「中途半端なソラ」なんて散々悪口を書いた中で、けっこう面白いカットだ。風が強いと、ソラにも何かしらのドラマは生まれるものなんだよね。これも他の雲を...

  •  9
  •  0

「トワイライト」ってずばり「逢魔が時」のことだよね

「トワイライトな空間に起こったある事象」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f4, 1/60sec., ISO100, WB:Daylightあくまでも推測で、同定出来てはいないんだけれど、霞ヶ浦か犬吠埼方面の上空に出現した「吊るし雲」と思われる。さらにその上の雲片は「くらげ雲」のようにも見えるが、遠く暗いのではっきりしない。まあ、富士山とか高い山の周辺にお住まいの方には鼻で笑われるかも知れないが、俺は関東平野のど真ん中の住...

  •  10
  •  0

「男は前頭葉で詠むから」とダメ出しされた夜に切々と書いてみる

「瑞雲の瑞兆は瑞雲なり!(その4)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight太陽の下側の光彩は「光環」、その左側のやや暗い光彩は「彩雲」でこのカットでは明瞭に区別できる。それぞれ別の雲に出現していることに注目されたい。太陽の右下の薄いブルーの部分はオーレオールかも知れない。但し、太陽の右上方に出現している2本の緑色の環は、レンズフレアであって大気光学現象では...

  •  7
  •  0

嵐を忘れんとつらつらと書いてみる

「わたしの乗れなかった時間」 Canon EOS 5D Mark II, EF28-70mm F2.8L USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight環水平アーク[下の弧]と22度ハロ(内暈)[上の弧]。是非覚えておいてほしい。これを断じて「ハロ」などと呼んだり書いたりしてはいけない! 「ハロ」って何だよ? 何という「ハロ」だよ? 「22度ハロ」または「内暈」と正しく呼んで書こう! 君は、巨峰とシャインマスカットが並んでいるのを見て"「巨峰」...

  •  12
  •  0

特別企画 ── 秋忘れ「酒の短歌大会」をやってみる

「飲んでいる自分の姿にほろ酔いを」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125sec., ISO100, WB:Daylightタイトル引用:いつもお越しいただいている"がちょーさん"にいただいたコメントより。 夏にやった「納涼『怖い?短歌大会』をやってみる」に続いて「秋忘れ『酒の短歌大会』をやってみる」をやってみることにした(笑)。酒の短歌大会であるからにして、アルコール燃料を補給しながら書いているん...

  •  12
  •  0