fc2ブログ

Tag幻日 1/11

蚤の心臓、いざ行かん ── また・夏恋日記 令和六年三月三十日(土)

「VHFアンテナのある空景 (その76)」 Canon EOS 5Ds R, EF16-35mm F4L IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は「22度ハロ(内暈)」をかすめるように通過した飛行機雲のなれのはてだ。双発のエンジンから出来た飛行機雲が一体化せずに微妙に捩れるように分離しているのが面白い・・・なんてことを思っているのは重度のソラ屋病感染者だけだろうが・・・(笑)。22度ハロの12時付近にうっすらと「上部タンジェ...

  •  4
  •  0

春愁の実感 ── また・夏恋日記 令和六年三月二十五日(月)

「一寸失礼」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、大楠の肩越しにちょいと顔を覗かせた「右幻日」だ。一見したところ、幻日が上下に二つ見えているように思えるんだが、そったらことは天地がひっくり返ったとしても起こり得ない(笑)。これは幻日を出現させている氷晶(氷の微細な結晶。この画像の場合は巻層雲)によって構成される雲が、たまたま上下二つに分...

  •  12
  •  0

泡沫(うたかた)の夢、時空(とき)を行き交う ── また・夏恋日記 令和六年三月二十日(水)

「私、ここにいます」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、ちょっと目を凝らしてご覧いただきたい。これは太陽の周辺にもやもやとかかる巻雲(すじ雲)を撮ったカットなんだが、右端付近にうっすらと右幻日が写っているのがお分かりいただけるだろうか。正直言うと、この日はけっこう強い風が吹いていたこともあって巻雲もちょいと捩れたりしているんだが、幻日...

  •  10
  •  0

「飛行機雲の影」コレクション展をやってみる ── 新々・夏恋日記 令和六年三月十三日(水)

「錯覚の楽しみ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 本日は急に思い立って「飛行機雲の影」コレクション展をやってみることにした。この画像は、太陽が飛行機雲の底を照らし、その影が上にある巻層雲(うす雲)に投影されているように見えるんだが、ちょっと図を描いてもらえればお分かりいただけるように、それは起こり得ないことであって錯覚なんだよね。ただ、日出・日没前後...

  •  8
  •  0

あれから13年 ── 膝に置かれし固き拳よ

「表裏一体の光と影」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight あれからもう13年・・・。今日に至るまで日本列島は絶え間なく震災に苛まれ続けてきている。中でも今年の元日に能登半島を襲ったM7.6の大地震は記憶に生々しく残っている。その間、世の中には多くの事件や動静があり、俺自身にも様々な出来事や変化があった。しかし、何年経とうとも、当時勤務していたオフィスの17階で体験した...

  •  8
  •  0

連綿と君へ繋る風よ大気よ ── 新々・夏恋日記 令和六年三月二日(土)

「幻日は神出鬼没である」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、日没間近な西天の巻積雲(うろこ雲)に出現した鮮やかな左幻日だ。この時は、飛行機雲のなれの果てから巻雲(すじ雲)と巻積雲がそれぞれ逆方向に派生しているように見えたので、その妖しげな夕空をフレーミングするのに夢中になっていて幻日は全くノーマークだったんだよね。実際、撮り始めた時には幻...

  •  8
  •  0

フィナーレはドライカレーで ── 新・夏恋日記 令和六年二月二十八日(水)

「黄昏発黄泉(こうせん)行 第31便 ── 幻の日の彼方に #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125s, ISO100, WB:Daylight「黄昏発黄泉(こうせん)行 第31便 ── 幻の日の彼方に #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、久々に晴れ上がった先週の土曜日の午後、日没近くなって出現した右幻日だ。最初はいつものような"朧な"幻日だったん...

  •  12
  •  0

「カロリー積み立て」満期通知が届きました ── 新・夏恋日記 令和六年二月二十四日(土)

「たまには小粋に行ってみる (その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 先週撮影した「朧な幻日」シリーズから一葉をご紹介させていただきたいと思う。共演はナメクジのような雲とその雲の影だ。この雲の影も「飛行機雲の影」と同じ原理で、実際には巻層雲(うす雲)の上にある"ナメクジ雲"の影が下にある巻層雲に投影されているんだよね。もしかしたら、このナメク...

  •  12
  •  0

南南東 ── 木坂涼さんの詩を読んでみる 第1回

「VHFアンテナのある空景 (その74)」 Canon EOS 5Ds R, EF16-35mm F4L IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、数日前の午後一瞬見えた朧な左幻日。22度ハロ(内暈)も上部タンジェントアークも出てはいるんだが、見事に朧だ。この朧の根源は巻層雲(うす雲)なんだが、画像上部を横切る飛行機雲のなれの果てまでも、巻層雲に同化しようと朧になっている。真冬の間にはあまり見かけることのなかった空景だ。...

  •  8
  •  0

「インカのめざめ」にめざめよ! ── 続々・夏恋日記 令和六年二月九日(金)

「たまには小粋に行ってみる」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 本日の午後遅く、巻層雲(うす雲)が広がった南天に幻日が出ていたので、大楠の肩越しにちょっと気取ったフレーミングで撮ってみた。残念ながら右幻日だけの出現だったが、出たり消えたりしながら小半時ほど見えていた。「22度ハロ(内暈)」に「幻日環」もうっすらと確認できる。俺の経験からすると、大気光学現象...

  •  10
  •  0