FC2ブログ

Tag層積雲 1/4

ROCKからAURORAへ ── 「何の話?」って、もちろん酒の話だよ

「新・擾乱の予感 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 本日の画像3葉は、先日来連載している「忙しい空の一日」に出現した乳房雲と降水雲をご覧いただきたいと思う。トップ画像のなかなかダイナミックなフォルムを見せる乳房雲は、この日の午前突如西の空に出現した。気がついた時は、既に部分的に尾流雲を生じ始めていた。「新・擾乱の予感 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105...

  •  10
  •  0

ある日森の中熊さんに出遭った、きれいな沢の径熊さんに出遭った

「それぞれに忙しく、それなりに妖しい空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight飛行機雲がその影を生じ、雲塊を縫うように上になり下になり進んでいる様子に注目されたい。 山や沢では事故や遭難は絶対に避けなければならないが、こちらがどんなに細心の注意を払っていたとしても避けられないのが野生動物との遭遇だ。俺が、今ではホームになっているR山系の滝探訪を始めた頃の話を...

  •  18
  •  0

続・尾流雲とは何か? ── その雨が「決して地上に届くことはない」というのは真実か?

「限りなく降水雲に近い尾流雲」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight上の白い雲からも、下の黒い雲からも尾流雲を生じているのがお分かりいただけるだろうか?「これが尾流雲だ!」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylightこちらは、紛う事なき巻積雲の尾流雲だ。 まずは、トップ画像にご注目あれ。下の黒い雲は乱層雲だが、幾筋...

  •  12
  •  0

【改訂版】 「君でいい」と 「君がいい」の間はとてつもなく離れている!

「さりげなくマルチレイヤーな雲たち」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight二層に重なる層積雲。はるか上空には巻雲。そして地平付近に広がるのは巻層雲だ。で、これが結論! 「俺はしーちゃん"が"いい!」。 本稿は、令和元年/2019年8月19日に掲載した記事に加筆修正したものであることをお断りしておきたい。「助詞ひとつ」小山肇美「冷奴でいい」と言う人よ「冷奴が...

  •  12
  •  0

Another Spring / また来る春 ── クリスティーナ・ロセッティの詩を読んでみる 第8回

「やさしい光、やわらかい雲 #1」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylightロールパンかコロネか、はたまたクロワッサンか・・・。俗人なので食い物にしか見えないのです。「やさしい光、やわらかい雲 #2」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylightこのやわらかい光を演出しているのは、全天に広がったディフューザーの役目をしている巻層雲...

  •  10
  •  0

春寒蟄雷の土曜日をうだうだと過ごしてみる

「ショボくてもいいから瑞兆であってほしい」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今日はせっかくの土曜日だというのに、朝から雨模様で肌寒い。目が覚めてから少しの間「お布団読書」をしていたんだが、二週続けて昼までダラダラしてもいられないので9時前には起床する(笑)。雨が降っているので、花粉症の症状はかなり楽なんだが少し頭が痛い(ような気がする)。おそらく一昨...

  •  12
  •  0

滝を撮って滝を観ず、空を撮って空を観ず

「薄明光線に擬態する巻層雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight 俺が滝屋さん、つまり滝写真専門にやっていた頃の話だが「滝を撮って滝を観ていないな」と感じることがあった。観ているのはファインダーの中の滝であって、実物の滝ではない。だから、周辺はどうなっていたか、どんな木が生えていたか、山の稜線はどんなフォルムを描いていたか、フレームに入れなかった光景につ...

  •  12
  •  0

寒かろうが凍えようが、ベランダで一杯飲ってみたいと思った宵に

「風起雲湧ノ図 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylightこのカットの光環は脇役に過ぎない。主役はもちろん妖しげにたなびく層積雲だ。「風起雲湧ノ図 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylightあまり邪険にして光環に拗ねられても困るので、心優しい俺はちゃんとこのカットも用意しておいた。 本日は、この二葉の画像を主役とし...

  •  16
  •  0

晦日節をそっと独りで祝う ── さあ、立春だ! 春だ! 夏だ!

「さあ、立春だ! 春だ! 夏だ!」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight層積雲が端から高積雲に遷移して、そこに彩雲が生じている。薄明光線も見えたりしてなかなか賑やかな空なんだが、コントラストが高過ぎてどれもパッとしない。 本日は移動性高気圧に覆われて、全国的に晴れ間が広がったようだ。移動性高気圧は春の象徴だ。少しづつ、ほんの少しづつだが、春が冬を押し戻してい...

  •  14
  •  0

【緊急再掲】 真っ赤な嘘ほど真実っぽい顔を装っている ── 言葉のトリックとレトリック

「この雲は画像のレトリック(=レタッチ)を一切用いておりません」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylightモノクロでもモノカラーでもなく、レタッチもしていない。こういう色に染まった層積雲が、西の空を覆う夕方だったというだけのことだ。絵柄的には面白くないけれど、たまにはこういうのもいいんじゃないだろうか。 昨日の記事「嗚呼、蒼穹の飛行隊 / The Squadron in the Blu...

  •  10
  •  0