FC2ブログ

Tag尾流雲/降水条 1/3

「儚い」と「美しい」は限りなくイコールだ ── 尾流雲の美学

画像左:「"儚い"と"美しい"は限りなくイコールだ(その1)」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight画像右:「"儚い"と"美しい"は限りなくイコールだ(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight 左の画像を見た時、束となった幾筋もの水滴系の「降水条」(尾流雲の別称)強い気流に煽られて...

  •  14
  •  0

望郷の念に駆られるとラーメンの湯気の向こうに故郷が見える

「炸裂する巻雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight 上掲の画像は「炸裂する巻雲」などというタイトルをつけたが、実際は「炸裂」ではない。気流の向きが急激に上昇に転じたため、氷晶が発達して尾流雲に移行しつつある段階だと推察する(あくまでも推察だからね)。こういう場合は雲形の同定がかなり難しい。元は巻雲で間違いないのだが、氷晶が発達、増大して粒状の雲塊となっ...

  •  14
  •  0

「散々な日」でも最後にいいことがあれば、それは「素晴らしい日」だ!

「昇龍衝天 ── バーチカルかホリゾンタルか? それが問題だ!」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight茜色と青色に染め分けられた黄昏の尾流雲。 今日は朝から散々だった。昨日からどうもメインのPCの挙動がおかしい。ちょっと雲を撮りに行って戻って来ると、PCが勝手に再起動していた。俺は、一般のアプリケーション類は自動バージョンアップさせないような設定にしているから、これ...

  •  16
  •  0

凍空に雲散りぬるを誰か知る

「凍空に雲散りぬるを誰か知る」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight卵子を目指してひたすら突き進む無数の精子の顕微鏡写真・・・ではない。強風が吹き荒れるソラに出現した「巻積雲」の「尾流雲」だと思われる。 上掲は、昨日「中途半端なソラ」なんて散々悪口を書いた中で、けっこう面白いカットだ。風が強いと、ソラにも何かしらのドラマは生まれるものなんだよね。これも他の雲を...

  •  9
  •  0

暮れも押し詰まって来たことよりも、鼻が詰まって来たことの方が問題なんだよ

「地上に届かない雨があるって知ってる?(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f8, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight典型的で図鑑的な「尾流雲(降水条)」(参照:「高きに雨ぞ降りしきる ── 尾流雲とは何か?」。くらげの触手のように垂れ下がるのは、雲を構成する水滴が氷晶となって落下する様子だ。左方向へもやーっとなびいた氷晶は、再び水滴となることはあってもやがて消散してしまい、決して雨となって地上...

  •  18
  •  0