FC2ブログ

Tag光環 1/6

立ちどまらなければ見えないものってたくさんある ── よい人生かどうかって、そういうものをどれだけ見たかってことじゃないんだろうか

「立ちどまらなければ見えない光」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight トップ画像は、波状巻積雲に出現した光環だ。光彩が美しく分散しているにもかかわらず、揺らいでいるような歪なフォルムが興味深い。また光環全体が、尾を引いて流れているようにも見えるが、もちろんこれは錯覚で、流れているのは巻積雲の方だ(笑)。 昨日の記事でチャーシューメン談義を呼びかけさせて...

  •  14
  •  0

たのしむとは沈黙に聴きいること ── 酒が美味いとはとりあえず幸せだということ

「ある飛翔(その21)──陽の周りの午後の喧噪」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight バタバタとしていた今週だが、何とか土曜日を休むことが出来た。まあ、体調的にはイマイチなんだけれど、あの寝落ちが響いているであろうことは、認めたくないが間違いないところだろう(笑)。でも、昼酒はすごく美味いんだよね。俺の経験則からすると、酒が美味い間はまず大丈夫だってことだ。一...

  •  22
  •  0

冬至を待つ ── 初冬の宵の空のさやけさ

「私、上端接弧と申します #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight「私、上端接弧と申します #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 今日は祝日だったんだね。「勤労感謝の日」・・・。俺も一応勤労しているんだけど、昼前まで普通に仕事をしていて全然気がつかなかったりして(笑)。もちろん、即刻仕事を止めて昼酒モードに入...

  •  16
  •  0

皆老いて遠きに、何ぞ寄る童ごころ

「皆老いて遠きに、何ぞ寄る童ごころ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight大楠の上に光環が出た。「帰去来」北原白秋山門やまとは我わが産土うぶすな雲騰あがる南風はえのまほら飛ばまし 今一度いまひとたび筑紫つくしよ かく呼ばへば戀こほしよ潮の落差火照ほでり沁む夕日の潟盲しふるに 早やもこの眼見ざらむ また葦かび籠飼ろうげや水かげろふ帰らなむ いざ鵲かささぎか...

  •  12
  •  0

釧路市レストラン「泉屋」のスパカツ ── こんな日は、故郷のソウルフードを再現してみるのもいい

「光環サマ、お懐かしゅうございます」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight もう何度も書いているんだけど、ここ半月ほど関東地方の天気がめちゃくちゃだ。シトシト、ジトジト雨は降るし、時折陽が射すこともあるが、あっという間に翳って来る。とにかく一日中晴れているなんてことがないんだよね。どんよりしているから、当然のことながら寒い・・・。何の因果かと思うよ(笑)。今...

  •  22
  •  0

【再掲】 なにしやがんでぃ! ── 私怒ってます!

「『光環』か『彩雲』かそれが問題だ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight「光環」や「彩雲」は太陽のすぐ周辺に出現するので発見し難そうに思えるが、一度コツを覚えると見つけるのは意外と簡単だ。ただ強い太陽光を眼に入れないように注意が必要なことは言うまでもない。このカットは間違いなく「彩雲」だと思ったのだが、よくよく見ると光彩が同心円を描いているので「光環」...

  •  14
  •  0

秋冷憂愁幾百里望郷 ── ピュアホワイトをコーンウイスキーで飲ってみる

「光彩眼に染みて #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight「光彩眼に染みて #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight 台風12号が通過した後には一気に秋が深まるかと鬱々としていたんだが、そんなこととは関係なく、日々秋冷は確実に忍び寄って来ている。さすがのアオゴキブリ(アオマツムシ)たちの鳴き声も弱々しい(笑)。 ...

  •  18
  •  0

【再掲】 君もおそらく感染者だ!── フォトグラファーに蔓延する厄介なビョーキ

「銀河の写真じゃありません ― 消散寸前の巻積雲からの贈り物」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight波状巻積雲が次第に散り散りとなり、太陽にかかって消散寸前というところで光環が現れた。見えていたのはわずか1分程度で数カット撮るのがやっとだった。 長い間写真をやっていると、いろいろなビョーキに感染する。たいていのフォトグラファーは、この災いからは逃げられない。...

  •  12
  •  0

本当に大切なものはさりげなく存在している

「そうか、今日は君らだけか ― 22度ハロとオーレオールが見える光環」 Canon EOS 5Ds R, EF 24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight「そうか、今日は君だけか」と何気なく撮った22度ハロ(内暈、うちがさ)のカットにその時は全く気がつかなかった光環がはっきりとに写っていた。よく見ると太陽を薄い毛状巻層雲が覆っていて、花粉光環でもないのにオーレオール(aureole, 光環の一番内側の青白い環)がは...

  •  12
  •  0

天も朧、地も朧、人も朧 ── 今宵も飲むしかないのか

「天も朧、地も朧」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight トップの画像は、数日前の梅雨の合間にちらっと見えた、ショボいがそれなりに明るく鮮やかな光環だ。その外側にも微かに環が生じているようにも見えるんだが微妙だな。そっちは一応彩雲ということにしておくよ(笑)。誰か光環と彩雲をまとめて表現するいい言葉を考えてくれないかなあ・・・。こういう場合、本当に不便なんだ...

  •  12
  •  0