FC2ブログ

Tag二重雲 1/1

日々の雑感 ── 我ながら便利なカテゴリーをこさえたと思う

「交差する毛状巻層雲」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 今日の日没間際、何と幻日が出現した(笑)。それもけっこう鮮やかな左幻日だった。何というか、完全にノーマークだったよ。うーん、わかっちゃいるんだけど、思い込みはよくないよね(笑)。今日だって「何も出る訳ないさ」って、端から決めつけていたらこのザマだ(笑)。わずか3カットほどを撮るうちに、幻日はそ...

  •  10
  •  0

雑感とは便利な言葉なり ── 今宵もハイボールちょっと濃いめで

「ある飛翔(その30) ── 親和性のあるパターンとライン」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO400, WB:Daylightここに写っている雲は、巻雲の二重雲を含めて、すべて飛行機雲由来だ。 昨日は西日本を中心としてけっこうな春の嵐が吹き荒れたらしい。関東地方でも、夕方あたりからかなり強い風が夜半過ぎまで吹いていた。近畿地方は「春一番」になったらしいが、何と春一番が観測されたのは3年振り...

  •  20
  •  0

「冬」さん、頑張る ── 春のような陽気も今日まで

「大楠の上の二重雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight画像の左右方向と上下方向に重なる波状高積雲。 トップ画像は、波状高積雲の「二重雲」で、十種雲形の変種だ。単に高さの異なる雲が二重になっているのではなく「同じ雲種の雲が二重」になっている場合にのみ「二重雲」と呼称される。キャプションでも触れているが、画像の左右方向と上下方向の波状高積雲が重なっているの...

  •  6
  •  0

9月は早足、10月は俊足、11月は韋駄天のごとく過ぎて行く ── 霜月晦日の宵をチャーシューメンの謎について熱く語ろうじゃないか

「雅びなり、波状巻積雲 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylightビロードのようになめらかな帯が並んだ美形の波状巻積雲。「雅びなり、波状巻積雲 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight微妙に交差し重なり合っている構造がお分かりいただけるだろうか。「雅びなり、波状巻積雲 #3」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM...

  •  16
  •  0

二重雲とは何か? ── 久しぶりにソラ屋らしい記事を書いてみる

「二重雲とは何か? #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight水平方向及び左下~右上方向の波状高積雲の二重雲。右下~左上方向にもかすかに見えるので、もしかしたら三重雲かも知れない。「二重雲とは何か? #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight#1から数分後。雲塊が左右に別れて広がった。やはり、三重雲だった可能性が高い。...

  •  14
  •  0