FC2ブログ

Tag上部タンジェントアーク 1/2

再びブログらしくつらつらと書いてみる

「環水平アークじゃなくても水平なアークはあるんだよ」 Canon EOS 5D Mark II, EF 28-70mm F2.8L USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight太陽高度が30度前後の上部タンジェントアーク。22度ハロ(内暈)も微かに確認できる。30度というのは、ちょうど外接ハロが上部と下部のタンジェントアークに分離する頃の太陽高度だ。条件がよければ、緩やかな波形というか平べったくひしゃげたM字形の全体像が見えるはずだが、この時は中...

  •  8
  •  0

ストローで酒飲むと・・・絶望的にクソまずいって知ってた?

「微妙すぎるアークたち」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight接合部が微妙な上部タンジェントアークと22度ハロに微妙すぎる(ほとんど存在が怪しい)パリーアーク。本来なら緩いV字形の上部タンジェントアークが見えるはずなんだが市街地ではなかなか難しい。ストローの袋にそっと水を置く君と二人のエリートの午後 昨日の短歌を性懲りもなくまた載せている(笑)。この遊びを初...

  •  6
  •  0

「足るを知る」四つ葉のクローバー

「環天頂アークと上部タンジェントアークを貫く飛行機雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 「四つ葉のクローバーを探したことのある人!」なんて声をかけたら、よほどのひねくれ者かめんどくさがり屋でない限り手を挙げてくれると思う。あれは楽しいよね。大人も子供も夢中になって、時間の経つのも忘れて探してしまう。自慢ではないが、俺は小学生時代から「四つ葉のクローバ...

  •  6
  •  0

人生の過程で増減する事象についての一考察

「こんなことってあるの?」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight上部タンジェントアークと飛行機雲。もしこの飛行機雲を見て「あれ?」と感じたら、あなたは立派な「ソラの情報連絡員」の資格があります(笑)。「人生の過程で増減する事象についての一考察」歳を重ねると減ってくるものは沢山ある。あり過ぎるし、怖ろし過ぎて書けない(書くけど)。だけどね、増えてくるものだっ...

  •  6
  •  0

ざっくり言うと「ハロ」と「アーク」があるんだよ ── 楽しい?大気光学現象入門 第1回

「果報か吉兆か偶然か必然か」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight一度に複数のハロやアークが出現することを「マルチディスプレイ・ハロ」という。運と条件さえよければ、それこそ7種類も8種類ものハロやアークが天空を彩ることもあるそうだが、一度でいいからそんなソラに巡り合ってみたいものだ。これは「マルチディスプレイ・ハロ」と呼ぶにはいささかショボい感じは否めない...

  •  9
  •  0