FC2ブログ

Tag上部タンジェントアーク 1/3

春だ、春だと浮かれるにはちと早いけれど、祝日なのでしたたかに飲りながらうきうきと書いてみる

「おたくのおたくによるおたくのためのソラ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 上掲の写真は、毛状巻層雲に微かな光環(オーレオール)と微かな上部タンジェントアークが出ているカットだ。「見えないよ!」「一体何処に出ているのよ?」などと思われたあなた、あなたは正しい(笑)。えーとですね、どうでもいいことを、さもすごいことのように書くのはソラおたくの常套手段だ...

  •  8
  •  0

「ハロ」なんて名前の現象なんかないんだよ! ちゃんと「22度ハロ」または「内暈(うちがさ)」と呼ぼうよ!

「歪んだ虹ではありません」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight太陽高度が30度前後の時の「上部タンジェントアーク」の右半分。左半分は出現していない。フレーム下辺左側の明るい部分が太陽の位置。そろそろ「外接ハロ」へと移行する頃合いだ。 昨日は、ソラの神様に翻弄されたなどという話を書いた。晴れたり曇ったりを繰り返しているので、その度にソラのチェックをしていたら...

  •  10
  •  0

不審者なんかじゃありません。ただの「ソラの写真屋」です! ── だから、それが怪しいんだよ!

「冬至の朝の賜物」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight昨年の冬至の日の出直後、何気なく目をやった東の低い空に出現していた「上部タンジェントアーク」。かすかに「22度ハロ(内暈)」と「パリーアーク」らしき淡い光彩も確認出来る。太陽が春へと回帰し始める日に相応しい賜物であると勝手に解釈することにした。 以前にも触れたことがあると思うが、ソラの写真を撮っている人...

  •  18
  •  0

【再掲】人生の過程で増減する事象についての一考察

「こんなことってあるの?」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight上部タンジェントアークと飛行機雲と飛行機雲の影。この飛行機雲を見て「あれ?」と感じないだろうか。「ただの飛行機雲じゃないか? 一体何がおかしいんだ?」なんて思った人、あなたはちょっと注意力散漫です(笑)。もう一度よく見てくださいよ。おかしいでしょう? どうしても分からない人はコメント欄で聞いてみ...

  •  20
  •  0

再びブログらしくつらつらと書いてみる

「環水平アークじゃなくても水平なアークはあるんだよ」 Canon EOS 5D Mark II, EF 28-70mm F2.8L USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight太陽高度が30度前後の上部タンジェントアーク。22度ハロ(内暈)も微かに確認できる。30度というのは、ちょうど外接ハロが上部と下部のタンジェントアークに分離する頃の太陽高度だ。条件がよければ、緩やかな波形というか平べったくひしゃげたM字形の全体像が見えるはずだが、この時は中...

  •  8
  •  0