FC2ブログ

Tagまるひら銀水 1/2

憂いの淵の彼岸にて

「憂いの淵の彼岸にて」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight寝そけた明け方の東のソラ「憂いの淵の此岸にて」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight寝そけた明け方の西のソラ 昨日に続いて「寝そけた明け方」シリーズの画像から二葉ご紹介させていただきたいと思う。黎明の同じ時刻の東と西のソラの光景だ。どちらも波状というか帯状...

  •  10
  •  0

夜は深々と更け、頭はじんじんと痛む

「深々夜はと更け、じんじんと頭は痛む」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight 今日の埼玉県北部地方は曇りがちで、最高気温も34度台止まりだった。すごく涼しいと感じる。人間の順応性ってすごいなと思う(笑)。昨夜などはミツカドコオロギに混じって、ツヅレサセコオロギも鳴いているのが聞こえた。ツヅレサセコオロギの鳴き声は侘しいんだよね・・・。あと10日も経たないうちに9月...

  •  10
  •  0

お暑うございます ── 不断の営為(いとなみ)

「不断の営為(いとなみ)」 Canon EOS-1N, EF28-80mm F2.8-4.0L USM, f8, 2sec., Ektachrome E100VS 俺が専ら滝屋サンをやっていた時代、訪れるのは無名の沢の無名の小滝が圧倒的に多かったが、それでも各地の名瀑・大瀑・高爆を訪れることも少なくなかった。しかし、今でも心に残っている滝は、そういう滝の中にはほとんどない。ある年の夏、俺はR山系の沢を毎週のように訪れては、片っ端から探索行をやっていた。その日の遡っ...

  •  14
  •  0

人生は最低でも3回欲しい ── 今度生まれたら、かわい女子(おなご)と寝て暮らそ

「最近で一番鬱な画像を引っ張り出して来た」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight 今日の埼玉県北部地方は最高気温が39度まで上がった。隣県の桐生や伊勢崎では40度超を記録したらしいので、本当にもうちょっとだったんだよね。惜しい(笑)。で、今夜は熱帯夜必須だ。いいじゃないか。夏さん、頑張っている(笑)。 さて、本稿は、昨年6月に掲載した記事を改題し、画像を入れ替え...

  •  10
  •  0

ハイボール濃いめで ── いくら暦の上の話だとしても落ち込むじゃないか

「ハイボール濃いめで」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/250sec., ISO400, WB:Daylight 今日は立秋なんだってね・・・。昨日の暑中見舞いの記事は、ぎりぎりセーフだったということか(笑)。やっぱり、今夏はどう考えても半分くらい損した気分なんだよね。いくら「暦の上では・・・」なんて注釈を付けられたとしても、あちこちで「秋」なんて字面を見るだけで気分が落ちこむじゃないか(笑)。 コーンウイスキー...

  •  14
  •  0

ニイニイゼミ初鳴きの日に寄す

「天(あめ)の海に雲の波立つ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO100, WB:Daylight 毎日毎日ソラの恨み言を書くのは、いい加減自分でも嫌気がさしている(笑)。今日も朝からシトシト・ジメジメだからね。ここまで来ると敵も天晴れとしか言い様がないんじゃないのかな(笑)。 作日の記事で、「あのハグロトンボはあの後どうしたんだろう? 出そびれたニイニイゼミはどうなるんだろう? なんて...

  •  16
  •  0

根拠なき琴線上の永遠 ── Modern Methods #1 まるひら銀水歌集

根拠なき琴線上の永遠(その3) Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight根拠なき琴線上の永遠 ── Modern Methods #1 まるひら銀水歌集根拠なき琴線上の永遠は風に吹かれて干物となりぬ「好きだけど馴れ合いは嫌」さんざめく制御下にある泥酔の波 「待ってたさ」は北海道弁。「私あんたのこと待ってたさ」は「私あなたのこと待っていたんだよ」という意味と同時に「つらかったんだから...

  •  12
  •  0

明けぬれば寝そけるものと知りながら ── 北海道サマーが薄れつつある宵に

「そこそこの彩雲とまあまあの光環(その1)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000sec., ISO100, WB:Daylight「そこそこの彩雲とまあまあの光環(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight 今日も一応「北海道サマー」の宵を迎えた。一応というのは、宵になっても吹く風もどことなく生ぬるく、気温もそれほど下がらないからだ。湿度もまだ50%未満だが...

  •  8
  •  0

酩酊レベル上昇中 ── 飲みたいんじゃなくて酔いたい時だってある

「石楠花色に黄昏れる(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f5.6, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight 上掲は、数日前の夕景だ。夕暮れのソラは、シャンパンゴールドからブラッドカラーまで様々な色合いを見せてくれるが、一番好きなのが歌にもあるこの石楠花色のソラだ。こういう宵は、ついついベランダでグラスを重ねてしまうんだよね(笑)。しょーもないヤツだ(笑)。 将棋の藤井聡太七段がついにやった。...

  •  16
  •  0

今日から水無月 ── かっ飛び過ぎのジャネーさん、お手柔らかに

「雲は慌ただしく生きている(その1)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11 1/250sec., ISO100, WB:Daylight「雲は慌ただしく生きている(その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 今日から水無月に突入。もう一月もすれば一年の折り返し点じゃないか・・・。武漢肺炎騒動の影響もあるのかも知れないが、時の流れがますます加速度を増して来ているように感じてし...

  •  12
  •  0